メーカー

ダイフクの転職難易度は?求める人物像や働く環境について解説

▼下記は、ダイフクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからダイフクに転職してくるのか
・転職先:ダイフクからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ダイフクの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

職歴

プロパー社員が多いが、鹿島建設などのゼネコン、三菱重工などの重工系からの転職事例があげられる。

退職後の主な転職先

本田技研、シーメンス、ダイキン工業三菱自動車などの大手製造メーカーへの転職事例があげられる。

立体式自動倉庫の生産や、物流システム、自動車生産ラインなどを手掛けているダイフク。社内のオートメーション化をメインに、ベルトコンベヤシステムや洗車機、電子機器用部品の生産なども行う大阪の大手メーカーです。その技術力の高さは世界でも目を引くものがあり、近年は海外との取引も増えています。
そんなダイフクは現在、事業規模の急拡大に伴ってシステムエンジニア、アフターサービス担当など幅広い職種で中途採用を募集中。公式サイトによればキャリア社員の比率は43%を超えるなど、非常に積極的な中途採用を行っていることが伺えます。この記事で面接の傾向や社員の口コミなどを徹底的におさらいし、ダイフクへの転職活動を有利に進めていきましょう。

ダイフクへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・ダイフクの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • ダイフクの企業概要
  • ダイフクの転職ポイント
  • ダイフクの社風や企業文化

ダイフクに転職するポイント

ダイフクの特徴

POINT

  • ・近年急成長を遂げている日本の大手自動倉庫メーカー
  • ・自動化のコンサルティングや物流システムなど、扱う事業は多彩
  • ・ワークライフバランスが保ちやすく、ホワイト企業との声多数

ダイフクへ転職するポイント

POINT

  • ・システムエンジニアからアフターサービスまで幅広い求人あり
  • ・事業規模が拡大している今が転職のチャンス
  • ・グローバルな部署も多いため、英語力があるとかなり有利

ダイフクの企業概要

会社名 株式会社ダイフク
本社所在地 大阪府大阪市西淀川区御幣島3-2-11
社長 下代博
設立 1937年
株式 東証1部
株主構成 日本トラスティ・サービス信託銀行 9.5%
日本マスタートラスト信託銀行 6.7%
みずほ銀行 4.4%
三井住友銀行 3.2%

ダイフクの売上

ダイフクの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上収益 459,486百万円 443,694百万円 473,902百万円
経常利益 55,842百万円 40,976百万円 45,846百万円

ダイフクの最新ニュース

ダイフクの事業内容

生産工程のオートメーション化を中心に、幅広い事業を展開しているダイフク。その事業内容は、一般製造業や流通業向けの搬送システムなどを提供する「イントラロジスティクス」、自動車生産ライン向けに特化した自動化システムを提供する「オートモーティブ」、さらに空港向け搬送システムや電子機器部品の生産、クリーンルームの製造を行うその他の事業の3つに大別されます。それぞれの事業の概要について、以下で詳しく紹介します。

イントラロジスティクス事業

イントラロジスティクス事業では、主に小売業者や卸売業者向け、運輸や倉庫などの流通分野と、食品や薬品、化学などの製造分野の2分野へ事業展開を行っています。

機械の生産はもちろん、アフターサービスやコンサルティングなどまで包括的に引き受けることがダイフクの強みです。

今後は社内のオートメーション化の流れが強まり、ますます市場規模が拡大することが見込まれています。海外も含めた様々な取引先と連携を進め、事業展開をさらに推し進めていくことができるか注目です。

オートモーティブ事業

自動車産業が盛んな日本はもちろん、デトロイトなど海外へ向けても事業展開を進めているのがこのオートモーティブ事業。プレス・溶接・塗装・組み立てなど、自動車の生産ラインに必要な各工程を包括的にカバーしています。

中国・韓国企業をはじめとしたアジアへの展開がいち早く進んでいるのもこのオートモーティブ事業の特徴です。イントラロジスティクス事業とともに、ダイフクの事業の柱となっています。

その他事業

ダイフクでは、スマートフォンやタブレット端末の生産に欠かすことのできないクリーンルームなどの生産も手掛けています。北米をはじめとした欧米から中国などのアジアまで、納入実績は幅広いです。

また、エアポート部門では空港向けに手荷物搬送ラインなどを提供。物流システムの開発で培った技術力を武器に、様々な場面で活躍できる業務用の機械を生産しています。

ダイフクの募集要項

ソフトウェアエンジニア

安定した物流を提供するためには、それを制御するシステムの構築が欠かせません。ダイフクでは、物流センター全体をマネジメントする「WMS」と呼ばれるシステムの開発を担当するソフトウェアエンジニアを募集しています。営業に同行してヒアリング、現場調査などを行うとともに、要件定義やシステム設計なども併せて行う重要なポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上の学歴
  • ・要件定義やシステム設計の経験
  • ・現地調査やヒアリングを通じて問題解決提案ができること
  • ・TOEIC600点以上なら歓迎

エンジニア

ダイフクの展開する各種オートメーション機械のメンテナンスに必要なアフターサービスを総合的に担当します。具体的には、定期点検やリニューアルの提案、突発的なトラブルが生じた場合の復旧に向けた作業などが職務内容です。入社後3年程度は工事や点検がメインとなり、それ以降は監督業務の割合が多くなります。

必須な経験・スキル

  • ・高校卒業以上の学歴
  • ・サービス・フィールドエンジニアの経験
  • ・設計保全やメンテナンスの経験
  • ・施工管理技士、電気工事士、管理技術者などの資格があれば歓迎

ダイフクの転職難易度

ダイフクの転職難易度は中程度です。ダイフクは近年事業規模を急速に拡大させてきました。そのため、即戦力として活躍できる中途入社の社員を積極的に募集しています。

特に、2016年度に69名だった中途入社の社員数は2019年には136名になるなどほぼ倍増。数字を見ても、中途採用にかなり前向きなことが伺えます。

一方で、求人数は多いものの倍率が高くなっていることも事実。ホワイト企業ということもあり人気が高く、選考を突破するためには徹底した面接対策が欠かせません。ダイフクへの転職を狙うのであれば、気を抜かずにしっかりと企業研究や自己分析を進めることが大切です。

ダイフクが転職者に求める人物像

事業規模の拡大とグローバル展開を目指しているダイフク。人事部へのインタビューによると、中途採用では「しっかりと人のことを考えてやりとりができる」「相手の方をしっかりとむいて話をする」など、コミュニケーション能力を重視していることが伺えます。

また、基本精神としては新卒、中途ともに「やり抜く力」を重視している模様。ダイフクの展開する物流サービスは顧客によって要請が様々で、多様なニーズにきめ細かく対応することが必要です。新しい価値の創造に向けて積極的に取り組みやり抜くことのできる、意欲に溢れた人材が求められています。

ダイフクの転職までの流れ

ダイフクの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:現場社員・人事部
想定内容:書類選考の後に、簡単な適性検査と1次面接があります。志望動機や退職理由、ダイフクに入社した後にやりたいことなど基本的な事項が中心です。

最終面接

想定選考官:人事部・役員
想定内容:1次面接までの内容をもとに、さらに志望動機などを掘り下げられます。中には、役員から「ダイフクについて知っていることを教えてください」と聞かれたという人も。企業研究の内容をもとに、ダイフクに感じる魅力などへ話をつなげていけると好印象です。

内定

ダイフクの面接形式

ダイフクの面接は応募者1人に対して面接官が2、3人で行われます。一回あたりの面接にかかる時間は30分程度で標準的な長さと言えるでしょう。

面接は公式サイトによると2回となっています。ただ、ポジションによっては多少の増減があるようです。応募から内定までは1ヶ月〜2ヶ月かかるため、やや選考が長期化する傾向にあります。

ダイフクの面接内容

ダイフクの面接の内容は、志望動機や退職理由といった基本的なものはもちろん、「ダイフクの強みは何だと思いますか」といった企業や業界に対する理解が求められるようなものが多いようです。

オーソドックスな質問が中心なものの、中には「ダイフクについて知っていることを教えてください」というように、ストレートに企業理解を確かめられたという声も。ただ知っていることを答えるだけでなく、企業への関心までアピールできると好印象です。

面接の雰囲気はかなり和やかで、応募者の声を引き出してくれるような面接官が多いようです。適度な緊張感を保ちつつも、質問一つ一つに誠実に答える姿勢が重要です。

ダイフクで働いている方の評判・口コミ

技術、在籍14年、男性
近年急速に事業規模が拡大しているため、仕事にやりがいを感じる場面が多いです。数十億円規模の大規模な案件に携わることもできます。また、社内はかなり縦割りの風土が強く、部門が違えば実質別の会社と思ってよいでしょう。文化や制度もかなり異なり、会社の主力事業を担当している部門の力が強いです。
営業、在籍9年、男性
現場を重視するような風土があります。また海外での案件も多く、特に海外営業などに手を挙げるといつでも海外へ行くチャンスがもらえます。英語力は必要ですが、自分が成長できる良い機会だと思って積極的に行くようにしています。業界自体は潤っており、業績は堅調です。
事務、在籍2年、女性
基本的にチームベースで仕事を進めることが多いです。産休や育休など基本的な制度は整備されており、利用している社員もちらほらいます。一方で突発的な転勤があったり、上層部に女性がいなかったりとまだまだ課題も山積みです。社内の風通しをさらによくする必要を感じています。
口コミの要約

近年はかなり業績が伸びており、会社として順調であるという口コミが多数見られました。社内にも伸び伸びと働くことのできる雰囲気が広がっており、働きやすさを感じている社員も多いようです。
一方で女性の働きやすさに関しては疑問を感じる声も。管理職につく女性の数がまだだまだ少なかったりと、改善点を指摘する意見が複数見られました。

ダイフクの年収・給与

年収 847万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険制度、社員寮、確定拠出年金制度、従業員持株制度、財形貯蓄制度、持ち家推進制度、住宅費用補助など

ダイフクでの転職者の出世難易度

ダイフクでの出世難易度は中程度です。ダイフクの社内ではグレード制度が採用されており、基本的にはそれに従って出世していく形になります。
しかし、そのグレード制度は実際のところほとんど年功序列となっているようです。コミュニケーション能力が高く、上司との関係が良い人が出世しやすいという声もありました。
中途採用と新卒採用での出世難易度にはほとんど差がないものの、部署の間に権力関係があるとの声も多数。ダイフクで出世を狙う際の難易度は、配属先の部署によってかなり異なるようです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 なし 800万円
40代後半 なし 900万円
50代前半 主席技師 1,200万円

ダイフクはどんな人が働いている?

ダイフクの従業員数

11,697人

ダイフクの平均年齢

42.7歳

ダイフクの平均勤続年数

16.0年

ダイフクの社風

「Always an Edge Ahead」をブランドメッセージに掲げているダイフク。そのスローガンの通り、社内には高い技術力でますます技術革新を推し進めていこうという風土が浸透しています。
また、基本体制は縦割りという声が多数。世界トップレベルの技術力を誇る部署はやはり力が強いなど、部署間での力関係も存在するようです。
社内にはコミュニケーション能力が高く、明るい社員が多いという声もありました。やはり採用の時点で人間性を重視しているため、コミュニケーションを重視するような風土が根付いています。

ダイフクのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:30〜17:30(営業は9:00〜17:30)
休日 完全週休2日制
その他の休日・休暇 祝日、夏季冬季連続休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 36.0時間(月)
フレックス制度 一部有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ダイフクの社長

下代博

1983年同志社大学経済学部を卒業。同年大福機工株式会社(現在ダイフク)へ入社。一般製造業・流通業向けのシステム営業部門を担当後、2014年に常務執行役員へ就任。事業部門部長などを務める。2015年より取締役常務執行役員を務めたのち、2018年に代表取締役社長へ就任する。このほか、日本ロジスティクスシステム協会の理事、日本能率協会理事などを歴任。

ダイフク現職、OB/OGの有名人

田中章夫

ダイフクの現会長。1973年にダイフクへ入社後、2004年に取締役待遇理事。2006年より取締役FA&DA事業部営業本部長へ就任後、2010年常務取締役。2011年、執行役員制度導入に伴って取締役常務執行役員。2013年より代表取締役専務。2014年より代表取締役副社長副社長執行役員、事業統括、アジア地域統括を務めたのち、2018年より代表取締役会長。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ダイフクの転職に関わるQ&A


ダイフクでは、産休や育休をはじめとした女性の働き方支援の制度は整っています。利用している社員も多く、出産後の職場復帰も珍しくありません。一方で、管理職への登用についてはまだまだ少ないという声も。女性の重役抜擢も少なく、働きがいを持って仕事に取り組める職場づくりにはまだまだ課題があるようです。

ダイフクでは、アメリカやアジア、ヨーロッパをはじめとした世界20カ国以上の国・地域に生産や廃盤拠点を展開しています。グローバルなコミュニケーション能力が求められますが、その分貴重な経験が積める海外駐在です。キャリア採用者でも一定の割合で海外駐在となります。赴任前には、海外赴任前研修などの各種研修制度も用意されています。

ダイフクへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ダイフクの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージをはじめ、有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人を見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

物流メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してダイフクに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、物流メーカーなどの競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの物流メーカーの平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

あなたがダイフクに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

エーザイの転職難易度はどれくらい?口コミや年収などを解説

▼下記は、エーザイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエーザイに転職してくるのか ・転職先:エーザイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

MTGへの転職は難しい?面接内容や事業内容などを解説

▼下記は、MTGに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからMTGに転職してくるのか ・転職先:MTGからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

タカラトミーの転職事情。難易度や選考フローなどを解説

▼下記は、タカラトミーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからタカラトミーに転職してくるのか ・転職先:タカラトミーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

▼下記は、未来工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから未来工業に転職してくるのか ・転職先:未来工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)への転職。年収や口コミなどを解説

▼下記は、富士フイルムビジネスイノベーションに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士フイルムビジネスイノベーションに転職してくるのか ・転職先:富士フイルムビジネスイノベーションからどこへ転職するの...

メニコンの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、メニコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメニコンに転職してくるのか ・転職先:メニコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

住友化学の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、住友化学に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友化学に転職してくるのか ・転職先:住友化学からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

東和薬品の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、東和薬品に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東和薬品に転職してくるのか ・転職先:東和薬品からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

アシックスに転職するには?評判や年収を徹底調査

▼下記は、アシックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアシックスに転職してくるのか ・転職先:アシックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ゼリア新薬への転職は難しい?面接の対策やポイントを解説

▼下記は、ゼリア新薬に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼリア新薬に転職してくるのか ・転職先:ゼリア新薬からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP