メーカー

メニコンの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

メニコン転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    車、カー用品、ABCマート、ジャパネットなどの小売、日立製作所や化学製品などのメーカーがあげられる。

  • 株式会社メニコンに転職
  • 次の転職先

    ダイソン、AGC、アストラゼネカ、ニコンなどの各種メーカー

メニコンの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高校、専門学校、大学、大学院卒など幅広く在籍している。学歴の幅は広い。

前職車、カー用品、ABCマート、ジャパネットなどの小売、日立製作所や化学製品などのメーカーがあげられる。

次の転職先ダイソン、AGC、アストラゼネカ、ニコンなどの各種メーカーがあげられる。

1957年の設立以来、一貫してコンタクトレンズの製造・販売を手掛けてきたメニコン。
独自の月額制システムである「メルスプラン」を展開していることでも知られる、日本の大手コンタクトレンズメーカーです。
国内のコンタクトレンズのメーカー別シェアでは、J&Jに続く第2位のポジションを確立しており、安定した成長を続けています。
また、2023年に一時的な目の疲労感を緩和するサプリメント「めにサプリ アスタキサンチン+ルテイン」を発売するなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなメニコンでは、営業や店長候補など複数の職種で中途採用を募集しており、安定性と知名度の高さから最近では転職先として注目する方も増えてきています。
この記事では、メニコンへ転職をするうえで必ずおさえておきたい面接対策のポイントや社員の口コミなどを紹介します。

メニコンを目指す人におすすめの転職エージェント

・メニコンの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • メニコンの企業概要
  • メニコンの転職ポイント
  • メニコンの社風や企業文化

メニコンに転職するポイント

メニコンの特徴

POINT

  • ・業界第2位のポジションを確立している日本の大手コンタクトレンズメーカー
  • ・8年連続で売上アップを達成するなど、安定性は抜群
  • ・残業時間が20時間未満など、ワークライフバランスが良いとの声多数

メニコンへ転職するポイント

POINT

  • ・営業や販売スタッフ、店長候補などの求人あり
  • ・公式サイトよりもエージェントを通じた求人の方が圧倒的に多い
  • ・業界経験不問の求人も多く、応募しやすいのが特徴

メニコンの企業概要

会社名 株式会社メニコン
本社所在地 愛知県名古屋市中区葵三丁目21番19号
代表者 田中 英成
設立 1957年7月
株式 上場(東証プライム)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(12.33%)
トヨトミ(5.19%)
日本カストディ銀行(3.76%)

メニコンの売上

メニコンの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 84,519百万円 86,209百万円 100,172百万円
経常利益 6,554百万円 8,348百万円 10,055百万円

メニコンの最新ニュース

メニコンの事業内容

メニコンの主力事業は、コンタクトレンズの製造を手がけるコンタクトレンズ事業です。
メニコンでは、コンタクトレンズの研究開発段階から自社で行っており、1995年に設立されたメニコン総合研究所では、細胞試験やレンズデザインなどをそれぞれの分野のスペシャリストが担当しているのが特徴です。
また、自社の生産技術力を強化するため、2002年にメニコンテクノステーションと呼ばれる生産技術の開発拠点を設立しました。
これらの拠点での研究結果を生かしながら、関工場をはじめとする全国の工場で自社のコンタクトレンズを製造しています。
そのほかにも、近年ではコンタクトレンズ事業のほかに動物の眼科領域などを扱う「動物医療事業」、限りある資源を友好活用するサポートを行う「環境・バイオ事業」、先端医療の研究開発を行う「ライフサイエンス事業」なども手掛けています。

メニコンの募集要項

製品設計

コンタクトレンズなどの製品の設計に関する業務を担当するポジションです。
具体的には、コンタクトレンズや眼内レンズなどの製品設計に関する技術文書や加工プログラムの作成や改定、移管に関する業務を行います。
そのほかにも、眼科領域に利用可能な要素技術などの調査や可能性検証作業に関する業務も担うなど、比較的幅広く活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・光学関係の開発経験
  • ・光学的な実験を企業研究として行った経験
  • ・光学に関する知識の保有

事業開発ファイナンス

M&Aやアライアンス、組織再編などの進行中のプロジェクトに参加し、案件管理やプロジェクト推進を担うポジションです。
具体的には、海外事業長期目標に基づくM&A対象領域選定やロングリスト策定、対象企業リサーチ、バリュエーション、M&Aストラクチャー検討を行います。
また、投資の経済性分析モデルを活用して対象会社の企業価値の算定や、財務部門や経理部門などと連携して会計や財務などに関するリスク分析も行うなど、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・クロスボーダーM&Aやアライアンスなどにおける調査や分析に関する知識の保有

メニコンの転職難易度

メニコンの転職難易度は中程度です。
メニコンの求人は基本的に応募のための条件が厳しくないものが多く、比較的応募しやすいのが特徴です。
しかし、求人に応募しやすい一方で、少ない求人枠に多くの応募者が殺到する傾向にあるため、倍率が高くなっています。
応募しやすいからといって決して採用までのハードルが低いわけではないため、メニコンへの転職を成功させるためには徹底した面接対策が欠かせません。

メニコンが転職者に求める人物像

コンタクトレンズメーカーとして業界2位のポジションを確立しているメニコン。求める人物像としては、「何事も諦めずに、最後までやり抜くことのできる人」「会社と自己の成長のために、努力を惜しまない人」の2つが挙げられます。

コンタクトレンズの生産は、非常に長いプロセスを経て行われます。また、競合も増える中で安定した経営を続けていくためには粘り強い営業は欠かせません。このような諦めない心に加え、成長に向けた努力を続けられるような素質を持っているかどうかが面接でも重視されています。

メニコンの転職までの流れ

メニコンの選考フロー

エントリー・書類選考

履歴書と職務経歴書などの必要書類を提出します。

WEBテスト

想定選考官:採用担当者
想定内容:書類選考を通過すると、WEBテストの案内があります。WEBテストはGAB-Bが課されますが、時間制約の厳しいテストのため、しっかりと対策をしておきましょう。

面接(複数回)

想定面接官: 担当部署・人事
面接は複数回にわたって行われます。志望動機や前職の退職経緯など人物面に関する基本的な情報がメインです。回数を追うごとに、入社後のビジョンやメニコンでの職務内容など、より具体的な内容について掘り下げられる傾向にあります。

内定

メニコンの面接形式

メニコンの面接は、応募者1人に対して面接官複数人が担当する形式となっています。
面接回数は2回〜3回となっていることが多いですが、応募する職種によって前後します。
応募から内定までに要した時間も2週間から数ヶ月程度と幅があり、面接1回あたりの所要時間は45分程度と標準的な水準です。

メニコンの面接内容

メニコンの面接内容は、志望動機や入社後のビジョンといった一般的な質問はもちろん、人物面を重視した質問が多い傾向にあります。
特にメニコンは、近年も安定した成長を続けている企業で海外展開なども進めているため、語学力をアピールすることもポジションによっては採用につながるアピールとなるでしょう。
入社後のビジョンに関する質問の例としては、「どのようにしてメニコンに貢献できるか」といったストレートなものが多い傾向にあります。
そのため、あらかじめ答えを準備しておくと慌てずに対応できるでしょう。
全体的に雰囲気はやや圧迫気味であるため、必要以上に緊張せず、自分らしく面接に臨めることが肝心です。

メニコンの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトで募集内容を確認できない
・求人情報はリクルートなどで確認可能
・語学力に関する質問が多い

生産技術、30代前半、男性
昇級試験には英語力が必須だが大丈夫かを聞かれました。英語はそれほど得意ではありませんが、必要であれば最大限努力すると前向きな姿勢をアピールしました。
営業、20代前半、男性
今までの仕事で失敗したことは?と質問されました。企画の仕事に携わっていた際、自分の判断で処理し、他部署との調整不足が発覚してして各部門に迷惑をかけてしまった経験を話しました。
営業、20代後半、女性
メニコンにどのように貢献できるかを聞かれました。前職までの経験やスキルをフル活用し、売上貢献に注力したいということを軸に、できるだけ分かりやすく伝えるように意識しました。
開発、30代前半、女性
一般的な質問が多かったですが、全体的に圧迫気味な雰囲気でした。そのため、緊張しすぎてしまって何度も噛んでしまい、自分らしく臨むことはできませんでした。
営業、30代後半、男性
語学力に関する質問が多かったです。日本語力には自信がありますが、それ以外の言葉にはそれほど自信がないため、正直に伝えました。

メニコンで働いている方の評判・口コミ

販売、在籍10年、男性
穏やかでのんびりしているような社風があります。周りにもあまりガツガツ仕事をするキャリア志向のような人はいないため、良い意味でのびのびと仕事をすることができます。財政状態は常によく、安定した成長を続けているのは強みです。賞与も増額傾向であり、待遇面でも満足できます。
総合職、在籍18年、男性
研修制度が充実しているため、知識が身につきやすいです。社員の年齢層が10代から80代まで幅広く、必然的に様々な人と関わることができます。メーカーとしては給料も高めで、休みも多いような印象です。本社では基本的に産休、育休とも取得しやすい雰囲気があり、利用する人も増えてきています。
販売員、在籍6年、女性
お客様に製品の説明をして、喜んでもらえるときにやりがいを感じます。キャリアについては店舗ごとの差が激しく、人員が不足している店舗に配属されると能力がなくても出世することができます。一方そのような店舗はレベルが低いことが多く、待遇に関する不公平感は拭えません。

口コミの要約研修制度が充実しており、幅広い知識を身につけるとの声が多数。月の平均残業時間も10時間未満となっており、非常にワークライフバランスが保ちやすい企業といえそうです。一方でトップダウンを徹底した社内の風土には疑問の声も。上司に意見しやすいような雰囲気づくりを求める声が目立ちました

メニコンの年収・給与

年収 542万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 社員割引制度、等級手当、各種報奨制度、健康診断、関連施設利用、健康保険組合契約施設、慶弔見舞金など

メニコンでの転職者の出世難易度

メニコンでの出世難易度は低めです。メニコンでは基本的に年功序列がベースとなっています。特に問題などを起こさなければ、ある程度までは一律に出世できるという情報がありました。また、勤務成績次第でさらなるキャリアアップもできるようです。上司の評価のウェイトが大きいため、出世を狙うのであれば積極的なアピールをしていきましょう。
配属される店舗によって出世のスピードが大きく変わるという声もありました。勤続年数が長い人が多く配属されている店舗になるとどうしても出世までに時間がかかってしまうようです。
しかし、メニコンには新入社員よりも中途社員の方が多くいます。中途社員だからといって出世が不利になることは全くないので、配属によらず出世することは十分可能です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 500万円
30代中盤 係長 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 主任 700万円
40代後半 課長 1100万円
50代前半 次長 1400万円

メニコンはどんな人が働いている?

メニコンの従業員数

1,577名(単独)
3,908名(連結)

メニコンの平均年齢

38.4歳

メニコンの平均勤続年数

12.6年

メニコンの社風

吉田現会長のもと、創業以来急速な発展を遂げてきたメニコンの社風の特徴として、多くの物事をスピーディにこなすトップダウンの体制が挙げられます。
入れ替わりの激しい化粧品業界のなかで的確に時代の流れを掴めている一方で、社員からは不満の声も少なくなく、人によって合う合わないが分かれるポイントといえるかもしれません。
また、ワークライフバランスを重視しており、非常に仕事量が少ないという特徴もあります。
化粧品業界は比較的長時間の残業となることが多いですが、メニコンの月平均残業時間は10時間程度であり、ワークライフバランス重視派の方にはマッチしている企業といえるでしょう。

メニコンのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:40(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、介護休暇など
平均残業時間 月10時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り(職種による)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

メニコンの社長

田中 英成

1959年生まれ、京都府出身。
1987年に株式会社メニコンへ入社。
1994年に取締役に就任。
その2年後、取締役経営副本部長兼総務・人事・関工場を担当。
1997年に取締役経営副本部長兼総務を担当。
その後も、取締役経営副本部長兼マーケティング統括部長や常務取締役経営副本部長兼マーケティング統括部長、常務取締役経営副本部長兼経営企画統括部長などを歴任。
2000年に代表取締役社長兼マーケティング本部長に就任。
2023年より、代表取締役会長 CEOを務めている。

メニコン現職、OB/OGの有名人

川浦 康嗣

早稲田大法学部卒業後、株式会社メニコンへ入社。
2007年にMD準備室長、シンガポールR&Dセンター長に就任。
その3年後、Menicon Singapore Pte.Ltd.の社長に就任。
その後も、執行役エリア&プロダクツマーケティング戦略室長や執行役ブランド戦略室長、執行役商品開発本部長などを歴任。
2023年より、代表執行役社長 COOを務めている。

メニコンの転職に関わるQ&A


主力が化粧品業界ということもあり、女性社員は非常に多くなっています。育児休暇などの制度も充実しており、男女問わず働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。取得しやすい雰囲気があるかどうかは店舗によるようです。エリアによってはなかなか制度が利用しずらかったりと、雰囲気づくりはまだまだ課題があります。


メニコンはあまり福利厚生に力を入れているとは言えないようです。住宅手当などもなく、通勤手当も月3万5000円が上限となっています。一方、自社で多くの製品を展開しているだけあって社割は充実している模様。化粧品から健康食品、飲料まで幅広い商品を格安で試すことができるため、利用している社員も多いようです。

メニコンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

メニコンの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージなど、先行プロセスや採用にあるよくある質問など、有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人を見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、メニコンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

化粧品メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してメニコンに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、化粧品メーカーなどの競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの化粧品メーカーの平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

レキットベンキーザー転職者の主なキャリアステップ 前職 食品・飲料・消費財メーカー レキットベンキーザージャパンに転職 次の転職先 外資系含む食品・飲料・...

日野自動車の転職事情。年収や口コミなどを解説

日野自動車転職者の主なキャリアステップ 前職 ホンダ、いすゞ自動車などの自動車メーカー コムテックなどの自動車関連製造メーカー 日野自動車株式会社に転職 ...

JFEホールディングスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

JFEホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 JFEホールディングス株式会社に転職 次の転職先 ユニゾホールディングス ...

AIメカテックへの転職。キャリアステップや面接内容をご紹介

AIメカテック転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのシステム会社、GMOなどのインターネット関連企業、ほかゲーム関連企業など AIメカテック株式会社に転職 ...

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

任天堂転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ゲームメーカー その他メーカー 任天堂株式会社に転職 次の転職先 各種メーカー ...

キーエンスへの転職難易度。面接対策や口コミについて徹底解説

キーエンス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員 株式会社キーエンスに転職 次の転職先 各種メーカー Web系事業者 IT系企業   など...

アクシージアへの転職ってどう?事業内容や転職難易度などを解説

アクシージアは、女性の染色体「XX」を美の象徴に掲げ、化粧水や日焼け止めなどの美容品を製造販売している化粧品メーカーです。 主に「AXXZIA」や「Venus Recipe」などのブランドを展開しています。 中国や香港での商品展...

日清食品の転職事情。口コミや面接内容などを解説

日清食品転職者の主なキャリアステップ 前職 サッポロビール、ネスレ、日本ハムなどの食品・飲料メーカー ユニ・チャーム、P&Gなどの消費財メーカー 双日などの商社 日清食品...

パイオニアの転職難易度は?口コミや年収など解説

パイオニア転職者の主なキャリアステップ 前職 JUKIなどの建材メーカー キヤノン、日本電気などの電機メーカー 三菱重工 パイオニア株式会社に転職 次の...

コベルコ建機の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

コベルコ転職者の主なキャリアステップ 前職 日本電気などの大手電機メーカー 機械メーカー コベルコ建機株式会社に転職 次の転職先 クボタなどの建機メーカ...

TOP