WEB・アプリサービス

ベルフェイスへ転職するには?評判や採用のポイントまとめ

ベルフェイス転職者の主なキャリアステップ

ベルフェイスの主な転職元・転職先

学歴ベルフェイス在籍者の主な学歴として、高校や専門学校に加え大学および大学院卒業者が挙げられます。

前職ベルフェイス在籍者の職歴として、エンジャパンやパーソルキャリア、ランサーズなど人材紹介を専門としたWeb系事業会社。また、サイボウズセールスフォースドットコムなどのIT系企業および三菱電機、デルなどのメーカーが挙げられます。

次の転職先ベルフェイスからの転職者自体少なく、幅広い業界へ転職しています。

ベルフェイス株式会社は、営業に特化したオンライン営業システム「bellFace」をメインとした事業を展開している企業です。
2015年4月27日に設立され、本社を東京都渋谷区に構えており、従業員数は2020年8月時点で240名が在籍しています。
「bellFace」の開発・販売および、インサイドセールスやビックデータ解析のコンサルティングが主な事業となります。
インサイドセールス市場の拡大とともに急成長中の企業であり、3つの評価指数で社員の報酬を決める評価方法が特徴として挙げられます。
優秀な社員が多く、企業の急成長に伴い開発職をメインとした人材確保に力を入れているため、転職においては間口が広いといえます。

ベルフェイスを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ベルフェイスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ベルフェイスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ベルフェイスの企業概要
  • ベルフェイスの転職ポイント
  • ベルフェイスの社風や企業文化

ベルフェイスに転職するポイント

ベルフェイスの特徴

POINT

  • ・インサイドセールス市場の拡大とともに急成長中のベンチャー企業
  • ・オンライン営業に特化したシステム「bellFace」を軸とした事業を展開
  • ・ベルフェイス独自の人事評価制度を展開

ベルフェイスへ転職するポイント

POINT

  • ・企業の急成長に伴い人材確保に力を入れている
  • ・開発職での求人募集が多い
  • ・優秀な社員が多く在籍

ベルフェイスの企業概要

会社名 ベルフェイス株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア39F
代表取締役 中島 一明
設立 2015年4月27日
株式 非上場
株主構成 非上場

ベルフェイスの売上


※2020年3月期以前の業績は非公開となっています
ベルフェイスの売上推移

事業年度 2019年
当期純利益 1,564百万円
純資産額 2,880百万円

ベルフェイスの最新ニュース

ベルフェイスの事業内容

ベルフェイスでは、同社の主要サービスである「bellFace」の開発・販売に加え、インサイドセールスやビックデータ解析のコンサルティングを行っています。
「bellFace」はオンライン営業システムであり、アプリ上でのコンタクト申請やURLの送付をせずにインターネット上でオンライン商談が可能なシステムです。
自社開発システムを利用した営業において、セールス・顧客サポート領域にテクノロジーを融合させ、営業シーンなどビジネスの可能性を支援・提供しています。
事業目的の一つとして、「bellFace」を活用することで蓄積される、録音・録画データ「セールスビッグデータ」を利用したプラットフォームの構築を目標としています。

ベルフェイスの募集要項

インサイドセールス・マネージャー

インサイドセールスツール「bellFace」のインサイドグループマネジメント、および新たなマーケットの拡大を視野に入れたセールスを担当します。
具体的な業務内容としては、メンバーのマネジメント・育成や目標設定・管理、戦略設計などを行います。
また、顧客のニーズおよびインサイトを汲み取ることによる、ソリューション営業の企画や実行、効果測定にも携わることになります。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上の営業リーダーおよびマネジメント経験

プリセールス

国内の大手クライアントに対する「bellFace」のプリセールス担当および、関連するエンタープライズグループの業務改善を担当します。
具体的な業務内容として、「bellFace」の導入や定着を目的とした営業業務やシステム面の課題発見・解決を押し進めていくことになります。
また、大手クライアント担当であるアカウントエグゼクティブと連携し、商談の際に技術的な観点での説明や提案を求められます。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のIT業界におけるシステムまたはパッケージ営業経験
  • ・プリセールスの経験

テクニカルサポート

「bellFace」を利用している顧客やクライアントから寄せられる不具合や問い合わせの対応に加え、蓄積された情報をもとにプロダクトを推進させる提案を行います。
具体的な業務内容としては、ベルフェイス利用者からのトラブルおよび使用方法への対応および、エンジニアへの不具合や実装状況確認、要望の報告などの連携などを担当します。
また、ヘルプセンターに関する記事の作成および更新や社内向けのヘルプデスク業務などにも携わります。

必須な経験・スキル

  • ・テクニカルサポートの経験
  • ・社内SEの経験

ベルフェイスの転職難易度

ベルフェイスの転職難易度は中程度といえます。
ベルフェイスは急激に成長をしているベンチャー企業であるため優秀な社員が多いです。
その反面、成長に応じた人材の確保にも力を入れており、一度に300人採用をしていたり、中途採用の求人でも幅広く掲載されているため、間口はかなり広いといえます。
また、ベンチャー企業であるため平均勤続年数も長いとはいえず、入れ替わりのタイミングによって、転職難易度が下がる可能性もあります。

ベルフェイスが転職者に求める人物像

ベルフェイスでは、「ハイパフォーマー3つの資質」という定義を大事にしており、以下3つの要素を兼ね備えている転職者を求めています。
・理論的思考力
・実行力
・人間関係構築力
これは、仕事に問わず必要不可欠とされる1から10を理解する理論的思考力に加え、理論的思考を実際に形にするための実行力が求められているといえます。
また、人間関係構築力では、1人では難しい内容を達成するためのチームにおける適切な人間関係を構築する能力が求められます。

ベルフェイスの転職までの流れ

ベルフェイスの選考フロー

書類選考・適性検査

1次~2次面接

想定選考官:配属先のマネージャー
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでにされた質問を再度深堀し、改めてベルフェイスにマッチしている人材かを判断されます。

内定

ベルフェイスの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数はポジションに応じて2~3回あります。

ベルフェイスの面接内容

面接の雰囲気に関しては、面接官にもよりますが、ざっくばらんな雰囲気で、圧迫面接などの口コミも見当たらないため、ありのままで面接に望むことができます。
質問内容としては、はじめに志望動機などオーソドックスな内容が基本となります。
前職の経験やスキルに関しては、結果を出すための戦略や戦術、失敗した経験に加え失敗した原因の分析などを説明します。
また、適性検査の結果に関した内容や組織体制の質問、逆質問などの時間も設けられていることが多いです。

ベルフェイスで働いている方の評判・口コミ

セールス、在籍1~3年、男性
社内の雰囲気としては、社員のほとんどがカスタマーをメインに考えて業務行っています。現在取り組んでいる業務はカスタマーの為になるのかどうか考えさせる機会が他の企業と比べて多い印象です。また、上司や役員ポジションの方も意見を聞いてくれるため、自分で考えて働きやすい環境を生み出すことも魅力だと思います。
カスタマーサクセス、在籍1~3年、男性
会社の急激な成長もありそれに合わせてスキルアップする必要がある環境なので、研修コンテンツなどを組み合わせて実践に活用したりと成長の機会は多いと思う。また、年齢や入社時期に関係なく優秀な社員はポジションも上がるので、能動的な行動が必要とされると思う。
マーケティング、在籍1~3年、女性
常に高い目標をチームで追いかけていたり会社が成長フェーズなどの要因で、忙しいといえば忙しい。しかし、フレックス制度やリモートワークが採用されており、会社の飲み会や残業も多くはないためワークライフバランスを取ることは可能。

口コミの要約社内の雰囲気は、カスタマーファーストを軸にした業務が多く、年齢は関係なくコミュニケーションができる環境です。急激に成長中の企業なので、成長の機会も多く出世やスキルアップを求めるなら自発的に行動する必要があります。また、フレックス制度やリモートワークが採用されているため、比較的ワークライフバランスが取りやすいです。

ベルフェイスの年収・給与

年収 424万円~878万円程度
ボーナスの有無 無し
昇給制度 年1回(報酬査定)
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、社員紹介制度、部活動、パフォーマンス支援制度など

ベルフェイスでの転職者の出世難易度

ベルフェイスの出世難易度は中程度といえます。
ブルフェイスの評価制度は
・Market評価
・Value評価
・Mission評価
の3つの指標により評価が決まります。
Market評価は、ベルフェイスの同じ業界および職種から市場評価相応の評価を導き出すもので、転職エージェントに依頼したレポートを元に客観的に評価されます。
Value評価では、直属の上長および所属チーム・部署のメンバーからの360°サーベイ(評価)となります。
最後のMission評価においては、半期単位で設定した明確な目標の達成率から評価をする方法です。
3つの評価制度によって、声の大きい人や肩書のみで出世するようなこともないため、実力や行動力がある人は出世しやすいです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 リーダー 750万円
30代後半 マネージャー 750万円
40代前半 マネージャー 1,000万円
40代後半 マネージャー 1,000万円

ベルフェイスはどんな人が働いている?

ベルフェイスの従業員数

240名

ベルフェイスの平均年齢

32歳

ベルフェイスの平均勤続年数

2年

ベルフェイスの社風

成果を出せる人は年齢や経験関係なく選抜され、スピード感やフラット感があるベンチャー企業らしい社風があります。
また、組織コンセプトとして「7Value」を掲げており、内容としては以下のようなものとなります。
1.的を絞って1点突破(Focus)
2.その手があったか!!を捻り出す(Think different)
3.先手を打つ、それが必要となる前に(Precede the needs)
4.誠実であれ(Be honest)
5.全員でチームビルディング(Team building with everyone)
6.成功は細部に宿る(Details are the key to success)
7.困ったときはお互いさま(For friends)
ベルフェイスでは7Valueを大事にしている社員が多く、また、出世難易度でご紹介したValue評価にも活用されています。

ベルフェイスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 所定労働時間8時間(休憩60分)
休日 土日祝日(完全週休2日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、産前産後休暇、交通遮断休暇、裁判員休暇など
平均残業時間 月36.6時間
フレックス制度 有り(コアタイム無し)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ベルフェイスの社長

中島 一明

1985年生まれ、兵庫県生まれ福岡育ち、ベルフェイス株式会社代表取締役。
高校を3か月で中退後、起業を志し土木会社や電話回線飛び込み営業、ネットワークビジネスなど社会人経験を積む。
19歳でためた資金を利用し世界一周の旅をしながら200のビジネスプランを作成し、21歳に帰国する。
2007年21歳で、国内の中小企業経営者を紹介する広告メディア「社長 .tv」を全国展開し、独自の営業方法により5年で5000社と契約。
退社後の2015年にベルフェイス株式会社を創業し、世界進出を目指す。

ベルフェイス現職、OB/OGの有名人

西山 直樹

1983年生まれ、神奈川県出身、ベルフェイス株式会社取締役。
2007年明治大学を卒業後、同年営業支援企業である株式会社セレブリックスに入社。
主に大手IT企業のインサイドセールス部隊構築支援に携わり、合計で80ものプロジェクトにおいて新規セールス部隊の立ち上げに参画。
200名上回る営業の採用およびマネジメントに従事した後、2015年の退職を経て執行役員から取締役に就任。

ベルフェイスの転職に関わるQ&A


ベルフェイスは、コアタイム無しのフレックス制に加えリモートワークも可能なので、時短勤務や在宅での作業ができるなど、柔軟な働き方が可能となっています。

また、産休・育休制度に加え、育児をしながら働く社員同士で情報交換ができる「子育て広場」もあるため、女性でも安心して働ける職場です。


ベルフェイスの特徴的な制度として、3名以上で部活を作れる「おとなの部活動」やメンバー同士でコメントやボーナスを送りあう「ベルチップ制度」などが挙げられます。

また、勉強会の機会が用意されていたり、書籍やセミナー、資格取得などの際に会社が費用を負担してくれる「キャリア支援制度」など、スキルアップに役立つ制度があります。

ベルフェイスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ベルフェイスの公式サイトから採用サイトに移動することで応募が可能です。
採用ページには、ベルフェイスのカルチャーや働く環境転職希望者へ向けたメッセージなども閲覧できるので、どういった企業か知りたい方は一度目を通しておくと良いでしょう。
また、募集要項には転職成功者の傾向や、実際に必要とされているスキルや経験が記載されているわけではありません。
企業の実情や今すぐにでも転職をしたいといった場合は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ベルフェイスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

都合のいい時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してベルフェイスへ転職するなら、ハイクラス求人や企業案件数が非常に豊富doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・スケジュールの空いた時間に転職活動ができる
・多くの求人情報がある
・自分の希望する条件にマッチした求人をすぐに探せる

転職エージェントと比べると、転職サイトはスケジュールの空き時間などに転職活動をすることが可能で、自分の希望する条件で検索することで、希望する求人が見つけやすいです。
また、求人案件数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探しやすいという特徴があります。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

doda X(旧:iX転職)は比較的平均年収が高く、年収交渉もできる!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人をメインに扱っているdoda X(旧:iX転職)なだけあり、提示されている年収が800万円からと比較的高く、求人によっては年収交渉も可能となっています。
また、転職サイトの中でもdoda X(旧:iX転職)は非公開求人を比較的多く抱えている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえることがあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ニフティライフスタイルへの転職は難しい?面接内容や出世難易度などを解説

ニフティライフスタイルは、情報プラットフォームを軸に、暮らしを便利で豊かにするためのコンテンツやサービスを提供している企業です。 「想像以上を、みつけよう。」をコーポレートメッセージとして掲げ、ライフスタイル領域でユーザーの予...

スパイダープラスの転職事情。選考難易度や対策ポイントなどを解説

スパイダープラスは、建設業を主要なターゲットとした建築図面や現場管理アプリケーション「SPIDERPLUS」を展開している企業です。 「SPIDERPLUS」は、2011年リリースにされて以降、利用アカウント数は拡大を続け、202...

ログリーの転職難易度は高い?事業内容や将来性などを社員の口コミも交えて解説

ログリー転職者の主なキャリアステップ ...

グノシーへ転職。福利厚生や年収などを解説

グノシー転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー DeNA コンサルティングファーム 株式会社Gunosyに転職 次の転職先 WEB系事業会社 ...

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

オープンロジ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、DeNA、ヤフー、デジタルガレージなどのWEB系事業会社 株式会社オープンロジに転職 次の転職先...

ウイングアーク1stの転職難易度は高い?選考難易度や対策ポイントを解説

ウイングアーク1st転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトなどのコンサルファーム NEC、富士ゼロックスなどの機械メーカー 三菱総研 リクルート ウイングアーク1st株式...

Facebook Japan(Meta)への転職。評判や難易度などを解説

Facebook Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 国内・外資系の大手事業会社 大手総合代理店 Web系代理店 Facebook Japan株式会社に転職 ...

日商エレクトロニクスの転職事情。面接内容や口コミなどを解説

日商エレクトロニクス転職者の主なキャリアステップ 前職 IBM、大塚商会などのSIer 日商エレクトロニクス株式会社に転職 次の転職先 日本オラクル、デル...

Retty(レッティ)の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Rettyに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからRettyに転職してくるのか ・転職先:Rettyからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

トヨクモの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

トヨクモは、スマートフォンやタブレット用のビジネス向けクラウドサービスを開発し、提供しているSaaS企業です。 主に、「安否確認サービス2」や「Scheduler」などの提供を行っており、企業文化となるようなサービスの創出にチ...

TOP