メーカー

ナイキジャパンへ転職するには?求人情報や口コミ評判まとめ

ナイキジャパン転職者の主なキャリアステップ

ナイキの主な転職元・転職先

学歴・ナイキ在籍者の学歴として、専門学校や大学、大学院卒などが在籍していますが、比較的海外大学出身者の比率が高いです。

前職・職歴としては、ディーゼルやコーチといった有名ブランド系のほかに、ボストンコンサルなどのコンサル出身者などが挙げられます。

次の転職先・ナイキからの転職先として、類似職種であるニューバランス、アシックス、プーマ、アディダスなどが多く挙げられ、ツイッターなどへの転職事例もあります。

ナイキは、1964年アメリカ合衆国のオレゴン州において、フィル・ナイトとビル・ボワーマンと共同で設立されたスポーツ関連用品を扱う大手メーカーです。
ナイキの完全所有子会社には、「コンバース」や「アンブロ・リミテッド」などが挙げられます。
日本法人である「ナイキジャパン」は、1981年にナイキと日商岩井の合弁会社として設立され、ナイキの日本支社として東京都港区赤坂に設立されました。
ナイキジャパンの事業としては、ナイキ店舗での販売および流通、またマーケティングや商品企画、データ分析による新製品の開発などそのほとんどがスポーツ用品に携わる業務となります。
また、2022年にアパレル生産の循環性を念頭に置いた新たなイノベーションプラットフォーム「Nike Forward」を開発するなど、多角的に展開している企業です。
そんなナイキへの転職において、中途入社の難易度が高く、英語力やリーダーシップ能力が必要になります。

ナイキを目指す人におすすめの転職エージェント

・ナイキの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • ナイキの企業概要
  • ナイキの転職ポイント
  • ナイキの社風や企業文化

ナイキに転職するポイント

ナイキの特徴

POINT

  • ・世界トップクラスの大手スポーツ用品メーカー
  • ・スポーツのみならずファッションに関しても力を入れている
  • ・一流スポーツ選手を広告としたイメージ戦略への投資が多い

ナイキへ転職するポイント

POINT

  • ・転職および業務の際には英語力がほぼ必須となる
  • ・日本支部への転職に関しては、高い英語力と5年以上の実務経験が必須
  • ・店舗スタッフは新卒、アルバイト、派遣で構成されるため、中途採用枠は非常に少ない

ナイキの企業概要

会社名 株式会社ナイキジャパン
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー
代表者 小林 哲二
創立 1981年10月1日
株式 未上場
株主構成 記載なし

ナイキの売上

ナイキジャパンは未上場のため、親会社であるNike, Inc.の売上高を掲載いたします。

Nike, Inc.の売上推移

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上 37,403百万ドル 44,538百万ドル 46,710百万ドル
税引前利益 2,887百万ドル 6,661百万ドル 6,651百万ドル

ナイキの最新ニュース


ナイキの最新情報を掲載しております。

ナイキの事業内容

ナイキの事業内容はスポーツ用品卸売販売業を行っており、具体的には商品の販売や流通、企画の3つに分けることができます。
販売では、店舗スタッフ・マネージャーが在籍するナイキの店舗において、ナイキ関連のスポーツ用品の販売を行います。
流通に関しては、あらゆるジャンルのナイキ製品の輸入や出荷、配送業務がメインです。
企画では日本支社において、あらゆるナイキのスポーツ用品の営業やマーケティング、データ分析による製品開発を行っています。
「世界中すべてのアスリートにインスピレーションとのベーションをもたらす」をナイキのミッションを掲げて製品開発においては先進的で持続可能性を重視しており、スポーツを通じて多岐にわたる分野での課題解決支援も行っています。
また、スポーツブランドのみならず、ファッション性も重視しており、多くのユーザーから好評を得るために機能性はもちろん、デザイン性にも力を入れている企業です。

ナイキの転職の募集要項

サプライチェーンアナリスト

サプライチェーンアナリストとして、ナイキジャパンの経営戦略に即したサプライチェーンに関するプロセスの分析や改善計画の立案、システムの改善・最適化などによる社内システムの強化および最適化を進めます。
具体的な業務としては、アソートメントからや請求回収まで一連のプロセスを分析し、オペレーション戦略および実行プランの立案や実行を担当します。
さらに計画したプロジェクトを他のIT部門の社員と連携により、円滑に展開できるように推進し、状況に応じた修正による問題解決などの業務を担います。

必須な経験・スキル

  • ・社内情報システム担当としてERPや後有無システムの運用および改善経験
  • ・TOEIC700程度の英語力
  • ・Wordやエクセルなどの使用経験

トランスポーテーションマネージャー

海外から輸入されるナイキ製品がストックされているカスタマーサービスセンターにおいて、製品の輸入から配送までの流れを統括します。
具体的な業務として、輸入運送や通関、カスタマーサービスセンターへの入庫および国内配送業務に関する、戦略立案やオペレーションの統括および物流機能委託のマネージメントを行います。
また、トランスポーテーションの予算策定・管理やサービスレベルの向上の活動推進および統括も担います。
海外工場からカスタマーサービスセンターまでの物流フローと国内配送業務を戦略的プランニングによる最適化によって、組織の強化へと推進する必要があります。

必須な経験・スキル

  • ・輸入業務の実務経験
  • ・英語を用いたビジネスに携わった経験
  • ・マネージメント経験

アパレルマーチャンダイザー (ACG製品担当)

ナイキのアウトドア部門である「ACG」製品のカテゴリーラインマーチャンダイザーを担当します。
業務内容としては、市場・消費者・アスリートのニーズを汲み取り、反映させる適切なライフプランの作成や開発者へのブリーフィングおよびデザインレビュー、収集したフィードバックから関連した商品制作などが挙げられます。
また、商品価格の決定や担当カテゴリの利益率、品番効率管理、各店舗の必要性から差別化可能なスタイルプランの作成といった業務も担います。
日本市場における「ACG」製品の展開力を強化することが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・4年以上のアパレル商品企画orアパレルメーカーでのMD経験
  • ・2年以上のアパレル流通経験および小売購買に関する知識
  • ・海外出張や海外とのコミュニケーションができるレベルの英語力

ナイキの転職難易度

ナイキの転職難易度は非常に高いです。
ナイキは世界的にも非常に有名なブランドであるため、転職においても人気が集中し、転職難易度を高める要素となります。
また、英語力も非常に重要であり、ナイキの本社がオレゴン州にあるため、業務上で英語を使う機会も多く、職種によってはビジネスレベルの英語力が必要とされるでしょう。
特にナイキの日本支社スタッフに関しては、ネイティブレベルの英語力や5年以上の経験が求められるため、転職難易度は非常に高いといえます。

ナイキが転職者に求める人物像

ナイキではミッションとして、「世界中すべてのアスリートにインスピレーションとイノベーションをもたらす」を掲げています。
そのため、アスリートに対して、さらに上を目指せるようなポジティブな影響を与えるクオリティの高い製品を提供できるようなアイディア力が必要とされます。
さらに、「体さえあれば、誰でもアスリートだ。」という信念を持つナイキは、スポーツに携わる楽しさはもちろん、スポーツに挑戦するきっかけを提供することで、社会に貢献するという考え方も求めているともいえます。

ナイキの転職までの流れ

ナイキの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:直属の上司
志望理由や前職までの経験、ブランドに関する質問など定型的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:部門のトップ、人事担当者
これまでにされた質問およびこれまでに質問された内容を踏まえて、ナイキが必要としているかどうか質問されます。

ナイキの面接形式

面接は選考官1~2名程度での個人面談となります。
面接回数は基本的に2~3回です。
面接は1回あたり20分程度です。

ナイキの面接内容

英語はほぼ必須となり、管理職の場合TOEIC800点以上は必要です。
いい意味でカジュアル・フランクな雰囲気で、フレンドリーな選考官が多い傾向にあり、人柄を見られるためコミュニケーション能力が必要とされるでしょう。
質問内容としては、
「ナイキに対するイメージおよび知っていることを教えてください」
「他社ではなくなぜナイキを選んだのですか?ナイキの強みを教えてください」
「今後の業界展望についてどういった考えがありますか?」
といった企業に関する質問がされるため、ナイキの同業他社や競合他社、業界の企業研究は必要不可欠です。
また、スポーツへの興味や経験に関する質問や、「今まで人を喜ばせた経験はありますか?」や「毎日の生きがいは」といったパーソナルな質問も重視される傾向があります。
そのため、企業研究だけでなく、自身の仕事に対するポリシーも再度確認してから面接に臨みましょう。

ナイキの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はエン転職などでも確認できる
・スポーツに関する質問が多い

マーケティング、30代前半、女性
今までの経歴とバックグラウンドについて深堀されました。また、これまでのポジションについて詳しく聞かれました。そのため、あらかじめ職歴について細かく分析しておくと良いかもしれません。
スタッフ、20代後半、男性
なぜナイキで働きたいのかを質問されました。以前よりスポーツが好きであり、ナイキ製品を良く活用していたため、好きなナイキで働きたいと考えたためと伝えました。
スタッフ、20代前半、男性
スポーツ経験はあるかを聞かれました。学生時代はスポーツ系の部活に所属しており、社会人になってからもスポーツをしていると伝えました。
経営企画、30代前半、男性
物が働くビジネスを見たことはあるかを質問されました。正直なところは見たことがなく、これから業務を通じてさまざまなビジネスを見ていきたいと伝えました。
エンジニア、30代前半、女性
基本的な内容が中心の面接でした。特に回答しづらい質問はありませんでしたが、こちらの回答を深堀される傾向があるため、一貫性のある回答ができることが大切です。

ナイキで働いている方の評判・口コミ

セリング 在籍5~10年 男性
ナイキというブランドに対する愛が強い人やスポーツをしている人が多いので全体的にアクティブです。なので、目向きな性格でリーダーシップを発揮したい人には向いていると思います。個人的な印象ですが、1つの仕事を極めるよりかはさまざまな業務を経験できる人を求められていると感じることがあります。
管理部門 在籍5~10年 女性
組織はシンプルにまとまっていると思います。英語を話すことができれば社交的な雰囲気なので上司とも気軽に話すこともできます。会社内ではほぼ3文字の専門用語が多用されるため覚えるのに苦労はするが、鳴れてしまえば非常に働きやすい会社です。
サプライチェーン 在籍5~10年 女性
定期的に繁忙期がやってくるので残業が多い場合もあるが、休暇などは非常にとりやすいです。業務によっては、早朝に会議が入る場合には、早く出社したぶん早く帰れたり、自宅から会議をするのも自由です。裁量次第でいくらでも効率化可能なので、ワークライフバランスは取れていると思います。
口コミの要約ナイキ在籍者の傾向として、全体的に愛社精神が強くアクティブな雰囲気といえます。
また、社交的な雰囲気もあるため英語力があれば上層部とも交流が可能です。
残業はありますが、フレックスタイム制など比較的自由な働き方が可能なためワークライフバランスがとれているといえるでしょう。

ナイキの年収・給与

年収 759万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 保養所、従業員割引、退職金制度、資格取得支援制度など

ナイキでの転職者の出世難易度

ナイキの出世難易度は高いといえます。
いわゆる年功序列という考え方はほとんどなく若い社員でも早くに昇格する例が多くあります。
出世するためにはまず、社内での仕事の領域を広げることと、英語スキルの向上は必要不可欠です。
また、ナイキでは現状に満足せず新しいことにチャレンジすることが求められているため、新しいことに自発的に取り組む姿勢が評価されます。
チームワークを重んじる社風ではありますが一定のスキルや経験が求められます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 700万円
40代中盤 ディレクター 1,300万円
40代後半 部長 1,100万円
50代前半 ディレクター 1,400万円

ナイキはどんな人が働いている?

ナイキの従業員数

2,683名

ナイキの平均年齢

記載なし

ナイキの平均勤続年数

記載なし

ナイキの社風

愛社精神が強くナイキというブランドが好きという人が多く働いています。
スポーツメーカー企業であるため、明るく若々しいスポーツが好きな従業員が多く、昼休みにはジムやジョギングをして過ごす従業員も少なくありません。
ナイキでは、革新的な商品を開発し続ける必要があり、常に半歩先を行くという考え方があるため、業務においては前例のない結果を出すことが求められるとともにスピードも重要視されます。
また何度か行われる組織改革など、新しいチャレンジに対してチームで取り組まなくてはいけないため、チームワークが重視されるのはもちろんのこと、チームワークが重視されることによる風通しの良さがあるといった声もあります。

ナイキのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 標準労働時間7.5時間
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ナイキの代表者

小林 哲二

ナイキジャパン現VP兼ゼネラルマネージャー。
日系スポーツメーカーの営業としてキャリアをスタートし、同社のシューズブランドの立ち上げプロジェクト参加やスポーツアパレル商品企画において、商品開発から販売計画、予算管理などを総合的に管理するなどの経験を積む。
ナイキ入社後には、フットウェアチームにおいて結果を残し、フットウェアディレクターやナイキスポーツウェアカテゴリーGMなどを務めた。

ナイキ現職、OB/OGの有名人

秋元 征紘

1944年生まれ、神奈川県横浜市出身、ナイキジャパン元代表取締役。
神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業後、1968年上智大学経済学部経済学科卒業を経て、1970年にはシドニー大学大学院修士課程を修了し、日本精工株式会社に入社。
1979年より日本ケンタッキーフライドチキン株式会社、日本ペプシコーラ、ナイキジャパン、ゲラン株式会社などの重要ポジションを務める。
2008年には、ジャイロ経営塾を設立し、複数企業の役員や顧問、講演など広範な活動を展開している。

ナイキの転職に関わるQ&A


ナイキはスポーツメーカーでもあるためスポーツ好きな社員が非常に多く、サークル活動などの制度が社内に用意されており、種類は野球やサッカー、ランニングなどさまざまです。

また、全社員が利用可能なトレーニング施設が社内に併設されていたり、従業員割引制度および福利厚生施設のナイキエンプロイストアが利用可能で、ナイキ製品を割引料金で購入することができます。


ナイキでは、多様性を尊重する企業文化の側面があるため、男女対等な環境で、管理職などの役職に就いている女性も多く、女性でもやりがいを持って働きやすい職場という声が多いです。
自発的な行動やチャレンジ精神が必要とされる環境であるため、そういった意思やモチベーションが必要とされるでしょう。

また、産休・育休制度およびフレックス制などが整備されているので、女性にも働きやすい職場といえます。

ナイキへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ナイキの中途採用求人情報は、ナイキの公式サイトにある採用情報ページから求人を検索して探すことが可能です。
公式サイトには募集中であれば現在応募している求人情報が掲載されているので、どんな職種やポジションが募集されているのか知りたいという方は、一度チェックしておくのがおすすめです。
ただし、掲載されている情報量は多いとはいえないため、詳細な情報が知りたい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したいと考えている方は、転職サイトや転職エージェントを活用するという方法があります。

豊富な求人案件から募集を探したい方には「転職サイト」

転職サイトを利用してナイキへの転職を考えている方は、豊富な求人情報があり、ハイクラス求人を多く扱っている傾向にある「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
現在、doda X(旧:iX転職)に掲載されているナイキの求人はありませんが、同業他社の求人が多く掲載されています。
転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・豊富な求人案件数が掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・思い立ったらすぐに応募が可能

豊富な職種や企業のなかから自分に合った求人を探したい人や、多忙によりエージェントとのスケジュール調整がなかなかできないという方には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用した転職活動を考えている方も、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、ナイキの求人情報や求められるスキル・経験などをあらかた知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)ではスポーツ用品メーカーのハイクラスポジションが多数

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)では非公開求人を多く持っており、キャリアアドバイザーに相談することで非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

デザインなどクリエイティブの職種への転職には「マイナビクリエイター」

ナイキへの転職で、デザインなどの職種への転職を目指している方には、クリエイティブ系の職種に強い「マイナビクリエイター」がおすすめです。

※画像はイメージです。

マイナビクリエイターでは、主にクリエイティブ職に特化した転職エージェントという特徴があります。
そのため、自分のキャリアやスキル、経験など専門性のある相談が可能で、クリエイティブ職のキャリアプランについてなどより深く会話ができるので、安心して転職活動を進めることができます。
また、クリエイティブ業界に対する知識もあるため、自分に合った職種や企業を紹介してもらうことも可能なので、クリエイティブ系の転職に迷っていたら転職エージェントに相談するのがおすすめです。

関連記事

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

AGC転職者の主なキャリアステップ 前職 三井化学、協和キリン、武田薬品などの化学メーカー ライオンなどの日用品メーカー AGC株式会社に転職 次の転職先...

JFEホールディングスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

JFEホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 JFEホールディングス株式会社に転職 次の転職先 ユニゾホールディングス ...

ヤンマーの転職事情。難易度や面接内容など解説

ヤンマー転職者の主なキャリアステップ 前職 日立、シャープ、パナソニックなどの電機メーカー ホンダ、日産などの自動車メーカー ヤンマーホールディングス株式会社に転職 ...

田辺三菱製薬の転職難易度は?年収や面接についての評判を解説

田辺三菱製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 第一三共、久光製薬、小林製薬などの製薬会社、P&G、サンスターなどの消費財メーカーなどからの転職事例がある。 田辺三菱製薬株式...

シチズン時計の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

シチズン時計転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 パイオニア、カシオ計算機などのメーカー シチズン時計株式会社に転職 次の転職先 コンタクト...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

バルミューダへの転職。面接内容や社員の口コミなどを解説

バルミューダ転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニー、デンソー、Appleなどの電機メーカー アパレルメーカー バルミューダ株式会社に転職 次の転職先 ...

イトーキへの転職は難しい?面接の傾向や対策、口コミなどを解説

イトーキ転職者の主なキャリアステップ 前職 TOTO、リコー、積水ハウスなどの各種メーカー 双日などの商社 監査法人 新聞社 株式会社イトーキに転職 ...

サミー株式会社への転職難易度は?年収や採用率などを解説

サミー転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどが新卒からの社員で、セガグループ出身者も一部在籍しています。 サミー株式会社に転職 次の転職先 ガンホー...

ヤマハ発動機への転職情報まとめ。面接の流れや口コミ、必須スキルなどを解説

ヤマハ発動機転職者の主なキャリアステップ 前職 マツダなどの自動車メーカー ソニーなどの電機メーカー 銀行 ヤマハ発動機株式会社に転職 次の転職先 本...

TOP