WEB・アプリサービス

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

▼下記は、ZUUに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからZUUに転職してくるのか
・転職先:ZUUからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ZUUの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学卒業などが在籍しており、幅広い大学出身者が在籍しています。

職歴

ZUU在籍者の主な職歴として、野村證券大和証券などの証券会社三井住友銀行や地銀などの金融機関、さらにはリクルートなどのWEB系事業会社が挙げられます。

退職後の主な転職先

ZUUからの転職先として、ミスミなどの事業会社やデロイトなどのコンサルティング会社、さらにはベンチャー企業などへ転職しています。

ZUUは、「90億人が平等に学び、競争し、夢に調整できる世界の実現」をビジョンに掲げ、「オープン&フェアなプラットフォーム」を金融市場に持ち込もうとしているベンチャー企業です。
「人・物・金」を最適化するサービスや事業を価値創造し、全世界90億人が夢にチャレンジできる世界を創ることを目標にしています。
2013年設立、東京都目黒区に本社を構えており、130名の社員が在籍しています。
そんなZUUは、主にディレクター職で、開拓精神を持っている優秀な人材を求めています。

初めての転職でZUUを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ZUUの年収や口コミも気になるけど、まずはどんなポジションの求人があるのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトをチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ミドルクラス~ハイクラスの求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ決まっていないという方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集として事前に転職サイトを確認しておくと、今後の転職活動がスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ZUUの企業概要
  • ZUUの転職ポイント
  • ZUUの社風や企業文化

ZUUに転職するポイント

ZUUの特徴

POINT

  • ・「全世界90億人が夢にチャレンジできる世界を創る」を目標にしているベンチャー企業
  • ・「鬼速PDCA」という文化があり、環境の変化に対して瞬時に対応し続けている
  • ・月間400万人を超える金融メディア「ZUU online」を運営

ZUUへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・メディアディレクターポジションの求人募集が多い
  • ・開拓精神を持った優秀な人材を求めている

ZUUの企業概要

会社名 株式会社ZUU
本社所在地 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F
社長 冨田 和成
設立 2013年4月2日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 冨田和成(61.82%)
日本トラスティサービス信託銀行(5.26%)
日本マスタートラスト信託銀行(4.8%)

ZUUの売上

ZUUの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 944,389千円 1,317,818千円 1,847,178千円
経常利益 70,200千円 167,689千円 -125,264千円

ZUUの最新ニュース

ZUUの事業内容

ZUUは、お金に対するリテラシーの向上や不安を解消するため、さまざまなサービスを運営している企業です。
月間400万人を超える金融メディア「ZUU online」を運営しているメディア・プラットフォーム分野では、専門性に高い金融経済コンテンツの提供をしています。
また、「ZUU online」の運営で培った分析力とノウハウを活用し、金融機関を中心にフィンテック化を支援するサービスの開発や提供なども行っています。
さらに、ZUUには「鬼速PDCAシステム」という文化があり、それを基にしたPDCAシステムの提供や組織コンサルティングなども行っており、金融関連のサービスや支援に特化している企業です。
2020年10月現在、新型コロナウイルスの影響で停滞する経済環境や投資環境について、タイムリーに優良な情報を中小企業やスタートアップ企業を中心に提供、これまでに18,000名を超えるクライアントへソリューションを提供しています。

ZUUの募集要項

コンテンツディレクター

国内最大規模の金融経済メディア「ZUU online」を作ってきたノウハウや実績を活かし、次なる「ZUU online」を制作するポジションです。
具体的には、コンテンツの企画や配信戦略設計、編集、数値管理と改善、執筆依頼、データに基づくメディア戦略の立案などを行います。
編集長候補として、メディア戦略の立案からディレクションまで関わることができるため、責任とやりがいを感じるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・編集制作経験
  • ・Webメディア経験
  • ・法人との折衝経験

Webディレクター

開発やクライアントからのニーズヒアリング、商品開発、案件推進などを担うポジションです。
具体的には、新規や既存サービスの企画や提案、サービスやプロダクトのディレクション業務全般、さらにはナショナルクライアントへの進捗報告や要件ヒアリングなどを行います。
場合によっては、新規事業開発やグロースまでを担当するポジションとなります。

必須な経験・スキル

  • ・ディレクター業務経験
  • ・コミュニケーション能力

UIデザイナー

国内最大級の金融メディア「ZUU online」をはじめとしたサービスの新機能開発や運営、自社メディアと連結する金融領域の新規サービスの開発や立ち上げなどを行うポジションです。
事業会社での制作経験やスマートフォンアプリのUI設計経験がある方は、優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・UXを体系的(HCD・リーン)に対する知見
  • ・デザイン実務経験
  • ・ユーザーテストの経験

ZUUの転職難易度

ZUUの転職難易度は比較的高いです。
企業としての歴史は浅いですが、今急成長を成しているベンチャー企業ということもあり、知名度が高くなっています。
その結果として、求人倍率が高くなり、さらには中途採用枠はそれほど多くないことから、転職難易度が高くなってしまいます。
また、優秀な人材を求めている傾向がある企業なため、採用してもらうということは簡単ではないでしょう。
ZUUへの転職を目指すなら、難しい道のりということを理解しておくことが重要です。

ZUUが転職者に求める人物像

ZUUでは、論理的思考能力があり、問題解決能力に長け、非常に高いコミュニケーション能力がある人材を求めています。
また、責任感が強く、仕事に対してのコミット力があり、謙虚な姿勢を持ちながら学習意欲がある人材も求めている傾向があります。
ZUUは「全世界90億人が夢にチャレンジできる世界を創る」をビジョンに掲げているため、必然的にこういった能力が必要不可欠といえます。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか用意し、面接官を納得させられるかどうかがポイントです。

ZUUの転職までの流れ

ZUUの選考フロー

エントリー

一次面接

想定選考官:人事・マネージャー
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:代表
想定内容:これまでの質問に加え、今後のキャリアプランなどを質問されます。

内定

ZUUの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回が一般的ですが、ポジションや応募人数によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間前後です。

ZUUの面接内容

志望動機やこれまでの経験といった一般的な質問から面接が進みます。
そのほかにも、「趣味は何か」や「周りからどんな人だといわれるか」など、人柄を見るような質問もされます。
さらには、「なぜベンチャー企業なのか」や「将来の目標」など、今後のキャリアプランを確認するような質問をされ、今後のキャリアプランに関して非常に重要視している傾向があります。
どんな質問をされてもしっかり回答できるように、自己分析を隅々まで行うことが大切です。

ZUUで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍5~7年、男性
成長意欲が高く、何を成し遂げたいか明確な人は活躍できると思います。投資フェーズにあるため、大型施策も柔軟に立案が可能であり、スピード感もあります。代表や役員とも仕事する機会が多いため、経営者の視点で働くことも可能です。
企画管理職、在籍3~5年、男性
基本はOJTであり、代表や役員と仕事する機会が多く、業務レベルが高いです。売上や数字達成のために尽力し、その中で必要なスキルが身に付くと思います。また、代表や社外取締役を含めた社員研修も実施しているため、成長できる環境はあるでしょう。
Webマーケティング、在籍7~10年、女性
働きたい人は遅くまで働くことや休日出勤することができます。逆に早く上がりたい場合でも仕事さえしていれば帰ることも可能です。勤務時間は決まっていますが、結果を出してさえいれば比較的自由に働けると思います。
口コミの要約

ZUUの口コミを見てみると、代表や役員と仕事する機会が多くあり、その中でやりがいを感じ、スキルアップできる環境があるということが伝わってきます。また、結果さえ残していれば、比較的自由に働けるということも伺えます。

ZUUの年収・給与

年収 525万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、社内表彰制度、PC貸与など

ZUUでの転職者の出世難易度

ZUUの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は非常に優秀であり、数々の実績を残しています。
その中で、ほかの人よりも多くの実績を残して出世するということは簡単ではありません。
ただし、評価は平等に行われる傾向があるため、実績を残せば残すほど、評価を得られるでしょう。
ZUUで出世を目指すなら、人一倍努力し、より多くの実績を残すことで、出世への道は拓かれます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 部長 900万円
30代後半 係長 700万円
40代前半 役員 1,300万円
40代後半 なし 800万円

ZUUはどんな人が働いている?

ZUUの従業員数

130名

ZUUの平均年齢

33.5歳

ZUUの平均勤続年数

1.1年

ZUUの社風

ZUUでは、「一人一人が開拓者」という文化が根付いており、社員全員がオーナー意識を持って業務にあたっています。
その結果、裁量を持って仕事にあたることを非常に大切にしており、ユーザーに対して、新しい価値を生み出すことを重要視する風土があります。
また、下克上ランチを毎月開催し、経営陣への提案や意見をいえる環境を設けているため、経営目線で提案などすることが可能です。
自分の考えているビジネスを開拓したいという方やスピード感を持って成長したいと考えている方にとって活躍できる社風でしょう。

ZUUのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月40時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ZUUの社長

冨田 和成

1982年生まれ、神奈川県出身。
一橋大学経済学部在学中にソーシャル・マーケティング広告事業のIN2を創業。
2006年に大学卒業し、野村證券株式会社に入社、萩窪支店を経て本社プライベートバンク部門に勤務。
その後シンガポールで華僑を担当し、タイ駐在としてリテール部門の盗難アジア戦略を担当。
野村證券退職後、2013年に株式会社ZUUを設立、代表取締役社長に就任。
「ZUU online」の運営やフィンテック支援コンサルティング事業などを手掛けている。

ZUU現職、OB/OGの有名人

原田 佑介

東京都出身。
早稲田大学卒業後、新卒で株式会社ベンチャー・リンクに入社。
主に中小企業に対しての経営コンサルティング業務に従事し、2011年に株式会社ディーエヌ・エーに入社。
ゲーム開発や国内外の開発会社へのコンサルティング業務に従事。
2014年に株式会社ZUUに参画、取締役に就任。

ZUUの転職に関わるQ&A


結論からいうと、ZUUはブラック企業ではありません。
ただし、激務とはいかないものの、業務は、比較的多いでしょう。
しかし、働いたら働いた分だけ残業代は支給されます。バリバリ働いて稼ぎたい・成長したいという方には、おすすめの企業といえます。

男性社員のみならず、女性社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価は男女差別なく平等なため、女性でも出世を目指すことが可能です。また、産休や育休などもあるため、ライフイベントの際も安心でしょう。

ZUUへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ZUUの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
ZUUからのメッセージや選考フローなどが掲載されているので、一度目を通しておくことをおすすめします。
ただし、求人の募集内容を確認することはできず、必要情報を入力してエントリー、自分の能力にマッチングした際、企業からオファーがくるという仕組みになっています。
自分から求人に応募したい場合や確実な転職をしたいなら、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富なハイクラス求人から仕事を探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してZUUへ転職したいなら、掲載されている企業件数がトップクラスであり、ハイクラス求人を多く扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用する主なメリットは以下の3つ。
・求人案件数が比較的多い
・自分のタイミングで転職活動が行える
・応募~面接までにスピード感がある

豊富な求人案件の中から自分に合ったポジションを探したい方や、自分のタイミングで転職活動を行いたい方には、転職サイトがおすすめです。
また、ここ数年では転職エージェントを活用する前に転職サイトを利用する方も多くなり、ZUUの募集要項や必要スキルなどが知りたい場合は、事前にチェックしてみるのも一つの手でしょう。

ビズリーチにはエンジニアやデザイナーなど専門職の募集が多数!

ビズリーチにはZUUの非公開求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

募集している職種は幅多く、その中でもエンジニアやデザイナーといった専門職ポジションが多く掲載されています。
ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収は比較的高く、800~1000万円が平均年収となっています。
また、ビズリーチでは、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすくなります。
ただし、ビズリーチをはじめとした転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通らなかったり、面接で落とされてしまうということがあります。
確実な転職を目指しているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援受けて確実な転職をしたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してZUUへの転職を目指すなら、転職エージェントの中でも品質の高さに定評がある「JACリクルートメント」の活用がおすすめです。

転職エージェントを利用する主なメリットは以下の3つ。
・年収交渉や日程調整などをはじめとした幅広いサポート
・自分と企業とのすり合わせを行ってくれる
・非公開求人案件が非常に多い

年収交渉や日程調整などをはじめ、応募書類や模擬面接など、幅広いサポートを受けながら転職することができます。
また、自分と企業とのすり合わせを行ってくれるため、非常に高いマッチング率があるので、転職活動において不安や疑問がある方は、転職エージェントがベストといえるでしょう。

JACリクルートメントは年収最高額が1,800万円!

JACリクルートメントは、基本的に企業名が伏せられていますが、主にミドルクラス~ハイクラス求人が豊富に掲載しています。


※画像はイメージです。

JACリクルートメントは、さまざまな企業に対して熟知しているプロのキャリアコンサルタントが約550名在籍しており、全面的にサポートしてくれて内定まで導いてくれます。
また、プロのキャリアコンサルタントに相談することで、自分だけでは普段見つけ出せないような求人を紹介してもらうことも可能です。
さらには、JACリクルートメントは2017年転職エージェント部門で1位を獲得しており、利用者の満足度が90%を越えている転職エージェントなので、安心安全に転職活動が行えるといえるでしょう。

あなたがZUUに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

Cygamesへの転職情報まとめ!転職難易度や評判を徹底調査!

▼下記は、Cygamesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCygamesに転職してくるのか ・転職先:Cygamesからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

  ▼下記は、アイスタイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイスタイルに転職してくるのか ・転職先:アイスタイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

株式会社アカツキへの転職。面接内容や口コミを調査

▼下記は、アカツキに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカツキに転職してくるのか ・転職先:アカツキからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

メルカリの転職難易度は?年収や口コミを徹底リサーチ

  ▼下記は、メルカリに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルカリに転職してくるのか ・転職先:メルカリからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

ウェザーニューズの転職難易度は?面接内容や激務という噂を徹底調査!

  ▼下記は、ウェザーニューズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからウェザーニューズに転職してくるのか ・転職先:ウェザーニューズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

  ▼下記は、Twitter Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTwitter Japanに転職してくるのか ・転職先:Twitter Japanからどこへ転職するのか ...

TOP