グループ企業

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

GMO転職者の主なキャリアステップ

GMOインターネットの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しています。

前職GMOインターネット在籍者の職歴は、IBMなどのSIer、HPなどのIT系ベンチャー企業、さらにはミクシィなどのベンチャー企業が挙げられます。

次の転職先GMOインターネットからの主な転職先として、アクセンチュアコンサル、エキサイトやウォンテッドリーなどのWEB系事業会社、さらにはグーグルなどへの転職事例もあります。

GMOインターネットは、インターネットインフラ事業を中心に運営している企業です。
ほかにもグループがあり、グループ全体でインターネット広告・メディア事業を営んでおり、その中でもドメイン名登録事業とレンタルサーバー事業においては国内大手となっています。
日本国内のみならず、海外では21か国以上の62拠点に展開しており、日本では本社を含む10社が上場している大企業です。
1991年設立、東京都渋谷区に本社を構えており、6,272名もの社員が在籍しています。
そんなGMOインターネットでは、エンジニア職やクリエイティブ職などの幅広いポジションで、専門性に長けた人材を求めています。

GMOインターネットへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・GMOインターネットの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、GMOインターネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • GMOインターネットの企業概要
  • GMOインターネットの転職ポイント
  • GMOインターネットの社風や企業文化

GMOインターネットに転職するポイント

GMOインターネットの特徴

POINT

  • ・インターネットインフラ事業を中心に運営している企業
  • ・日本だけでなく、海外21か国以上62か所に拠点展開
  • ・非常に充実した福利厚生を完備

GMOインターネットへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアやクリエイティブなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・専門性に特化しているため、非常に高いスキルや経験が求められる

GMOインターネットの企業概要

会社名 GMOインターネット株式会社
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
社長 熊谷 正寿
設立 1991年5月24日
株式 上場(東証1部)
株主構成(2018年3月期) 熊谷正寿事務所(31.54%)
熊谷正寿(10.11%)
THEBANKOFNEWYORKMELLON(6.58%)

GMOインターネットの売上

GMOインターネットの売上推移

事業年度 2017年度 2018年度 2019年度
売上高 185,177百万円 196,171百万円 210,559百万円
経常利益 19,135百万円 24,506百万円 27,136百万円

GMOインターネットの最新ニュース

GMOインターネットの事業内容

GMOインターネットは、「インターネットの便利さや楽しさ、可能性を一人でも多くの方に届けたい」という思いのもと、インターネットに関連する事業を展開、さまざまなサービスを提供している企業です。
GMOインターネットの主な事業として、以下の3事業を主軸として運営しています。

インターネットインフラ事業

インターネットビジネスを手掛けるさまざまなクライアントに対し、インターネット上の住所「ドメイン」や、データ保管するための「サーバー」などを開発・提供を行ってる事業です。
登録実績2,200万件を誇る国内最大級のドメイン公式登録サービス「お名前.com」や、低価格かつ高機能でホームページ作成などができる「お名前.com レンタルサーバー」などを提供しています。
それ以外にも、ネットショップ導入するためのシステムを提供する「EC支援」、ECで必須の「決済」、これら取引の安全を図る「セキュリティ」など、ビジネスの基盤となるサービスをワンストップで提供・提案を行っています。
今後の展望として、インフラサービスの提供を通じて、日本のインターネットと各産業分野の発展の支援とともに、世界のインターネットを支えることを目指しています。

インターネット広告・メディア事業

インターネットビジネスを手掛けるクライアントの集客を支援する事業です。
自社メディアの運営を通じた広告枠の提供や、アドテクノロジーを活かした運用型広告など、ネット広告サービスを総合的に提供しています。
リスティング広告やモバイル広告、アドネットワーク広告など総合的なインターネット広告サービスと企画広告制作サービスの2つを主に展開しています。
また、ポイントサイト「ポイントタウン」やゲームプラットフォームの「ゲソてん」をはじめとした、コミュニティサイトや教育ポータルなどインターネットメディアを運営し、自社メディアへの広告配信も行っている事業です。

インターネット金融事業

取引高世界1位規模のFX取引や、株式取引などインターネット証券引取サービスを提供している事業です。
GMOインターネットグループの強みを集結したテクノロジーバンクとして、業界最安値水準での手数料やスプレッドで提供する「GMOクリック証券」や、プログラムの知識や難しい操作が不要の「ちょいトレFX」を運営しています。
今後の展望として、さらなるシステム開発や保守、運用の内製化してコスト優位性の実現、取引コストを含む顧客利便性の向上を目指すと公言しています。

GMOインターネットの募集要項

ネットワークエンジニア

クラウドなどの大規模ネットワークに関するネットワーク開発や運用するポジションです。
具体的には、事業部門や営業部門と連携して、サービスの作成や技術的な提案、OpenStackをベースとしたクラウドシステムの実装とネットワーク機器の選定検証などを行います。
そのほかにも、クラウドサービスを作成する際の購入調整や物理機器構築など、幅広い業務に携わります。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のネットワーク機器の構築や運営の実務経験
  • ・1年以上のLinuxサーバー運用の実務経験
  • ・クラウド、ネットワーク関連のサービスに関心がある など

フロントエンドエンジニア

マーケティングタント担当やWEBデザイナーチーム組み、国内シェア率No.1を誇るインターネットインフラサービスに関わるWEBサイトの構築を担当するポジションです。
具体的には、蘭tディングページやスマホサイト、管理画面などの制作や、HTML5やCSS3などを用いたWEBサイトの構築などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・HTMLやCSSコーディングの知見

法人営業

アクセスプロバイダー事業の営業活動を行うポジションです。
具体的には、GMOインターネットが提供するインフラサービスのひとつであるアクセスプロバイダー事業の営業や、NTTドコモ直営ショップに対する営業を行います。
そのほかにも、代理店が運営する拠点への営業や、代理店の本社やNTT度主の支社などへの営業も行います。

必須な経験・スキル

  • ・全国転勤が可能
  • ・業種問わず営業の実務経験
  • ・ネット関連の販売やサービスの経験

GMOインターネットの転職難易度

GMOインターネットの転職難易度は中程度です。
在籍している社員は全体的にレベルが高く、優秀な人材が多くいますが、企業理念である「すべての人にインターネット」を掲げているため、スキルよりも人柄を重視している傾向があります。
また、そのときの状況にもよりますが、ポテンシャルを秘めていれば未経験でも採用してもらえる可能性があります。
GMOインターネットへの転職を目指すなら、面接でポテンシャルが高いことをアピールすると良いでしょう。

GMOインターネットが転職者に求める人物像

GMOインターネットでは、より革新的な思考を持ち、よりチャレンジ精神を持っている人材を求めています。
また、「スピリットベンチャー宣言」に賛同できる方や、「インターネットを広めたい」「インターネットの歴史を築いていきたい」という考えを持つ方も求めている傾向があります。
GMOインターネットは、インターネットの世界を支え続けることを目的としているため、こういったことが求められるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか準備し、万全な状態で臨むと良いでしょう。

GMOインターネットの転職までの流れ

GMOインターネットの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:部門担当者・部門責任者
想定内容:志望動機や今までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部門役員
想定内容:これまでの質問に加え、キャリアプランなどの質問をされます。

内定

GMOインターネットの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間程です。

GMOインターネットの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「5年後のキャリアプランは?」や「スピリットベンチャー宣言出印象に残ったところは?」なども質問されることがあるので、しっかりと企業研究と自己分析をしておくことが大切です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、圧迫面接などはほぼありません。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

GMOインターネットで働いている方の評判・口コミ

WEBデザイナー、在籍3~5年、男性
大企業なため、非常に安定した環境で働くことができ、経験やキャリアに関わらずやりたいことにチャレンジさせてもらうことができます。また、相談できたりアドバイスを受けながら進めることができるので、安心して業務に取り組むことができます。
法人営業、在籍5~7年、女性
1日に何度も利用できる社員用のカフェがあり、その辺にあるカフェと同じくらいメニューが充実しています。また、お昼寝スペースがあるなど、福利厚生が非常に充実しているので、働きやすい環境があると思います。
アプリケーション設計、在籍3~5年、男性
有給休暇消化率に対して比較的厳しいため、しっかりと消化するように催促されます。また、以前は残業時間が多かったですが、働き方改革の推進の影響で、残業時間が減りました。忙しい時期以外であれば、定時に帰ることができるので、プライベートな時間も充実させることができます。

口コミの要約GMOインターネットの口コミを見てみると、やりたいことをやらせてくれる環境があり、アドバイスなどを聞きながら安心してチャレンジすることができるということが伝わってきます。また、働きやすい環境があるため、プライベートな時間を大切にしたいという方には向いている企業というのが伺えます。

GMOインターネットの年収・給与

年収 534万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年4回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 月10万円まで
住宅手当 なし
福利厚生 社会保険完備、ライフプラン支援、健康保険組合保養所、慶弔見舞金など

GMOインターネットでの転職者の出世難易度

GMOインターネットの転職難易度は比較的高いです。
実力主義な部分があり、どれほど多くの実績を残せているかが鍵となります。
また、役職に空きができると立候補募集があり、そこでいかに上手くプレゼンできるかが重要になってきます。
ただし、出世できる社員は、プロパーや中途など関係なく出世することができるので、中途採用で入社しても出世できる可能性は大いにあるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 900万円
40代中盤 なし 1,200万円

GMOインターネットはどんな人が働いている?

GMOインターネットの従業員数

6,272名

GMOインターネットの平均年齢

34.7歳

GMOインターネットの平均勤続年数

5.7年

GMOインターネットの社風

GMOインターネットは、比較的風通しが良く、意見がしやすい社風があります。
また、ベンチャー気質なところもあり、スピード重視で成果を正当に評価するという風土があります。
社員同士も比較的仲が良く、定期的にコミュニケーションを取るため、チームとしての一体感を感じながら業務に取り掛かることが可能です。
意見を出しながらチーム一丸となって働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

GMOインターネットのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月38.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

GMOインターネットの社長

熊谷 正寿

1963年生まれ、長野県出身。
1991年に株式会社 ボイスメディア設立し、ダイヤルQ2で出会い系コンテンツの配信と専用機器の販売などを行う。
1995年、普及し始めたインターネットに注目し、商号をインターキュー株式会社に変更。
2005年にGMOインターネットに商号を変更し、東京証券取引所市場第一部へ株式上場を果たした。
これまでに「WELLNESS AWARD OF THE YEAR 2017」で経営者部門で受賞など、さまざまな賞を受賞している。

GMOインターネット現職、OB/OGの有名人

安田 昌史

1971年生まれ。
2000年に公認会計士登録。
インターキュー株式会社(現:GMOインターネット株式会社)入社、経営戦略室長や取締役経営戦略室長、常務取締役グループ経営戦略担当兼IR担当などを歴任。
その後もさまざまな役職を歴任し、2015年に取締役副社長グループ代表補佐グループ管理部門統括に就任。
現在では、GMOメディア株式会社やGMOクラウド株式会社など、GMOグループの取締役を一手に請け負っている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

GMOインターネットの転職に関わるQ&A


移籍できる可能性はあります。
特にエンジニア職の方は、移籍がしやすい傾向があるため、業務内容の選択肢が幅広くなり、さまざまな経験を積むことができるでしょう。
ただし、前提として、優秀な人材である必要があります。
移籍したいなら、さまざまな実績を残すことが重要です。

活躍している女性は多く在籍しています。
評価制度も男女差別はなく、平等に評価されるので、年1回の社内表彰でも多くの女性がリストアップされています。
また、出産などのライフイベントにもしっかり対応できる福利厚生があるので、そういったときでも安心して働くことができるでしょう。

GMOインターネットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

GMOインターネットの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報をはじめ、企業メッセージや企業について、社員インタビューなど、さまざまな情報が掲載されているので、一度目を通しておくことをおすすめします。
ただし、求人情報は比較的内容が薄く、イマイチ分からないということも少なくありません。
より具体的な募集内容が知りたい場合や、非公開求人に応募してみたいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、GMOインターネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な企業から転職先を選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してGMOインターネットへ転職するなら、企業件数が多く、主にハイクラス求人をメインに扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つあります。
・求人件数が比較的多い
・自分のペースで転職活動できる
・応募~面接までにスピード感がある

豊富な企業の中から、自分に合ったポジションを探したい場合や、自分のペースで転職活動がしたい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、ここ数年では、転職エージェントの活用する前に転職サイトを利用する方が多くおり、下調べとして募集内容や求められるスキルなどを知ることが可能です。

iX転職では比較的年収が高く、求人によっては交渉が可能!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあって年収が比較的高くなっており、求人によっては年収交渉が可能となっています。
iX転職は、市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

オリエンタル白石の転職事情。出世難易度やライフワークバランスなどを解説

オリエンタル白石転職者の主なキャリアステップ ...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

Google転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイト、アクセンチュアなどのコンサルファーム アマゾンやヤフーなどのWEB系事業会社 Google Japanに転職 ...

日本郵政に転職するには?面接での質問内容や社員のリアルな声などを解説

日本郵政転職者の主なキャリアステップ ...

東建コーポレーションの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

東建コーポレーション転職者の主なキャリアステップ ...

伊藤忠商事の転職難易度は?面接内容や中途採用の年収も解説

伊藤忠商事転職者の主なキャリアステップ ...

東映の転職難易度は高い?年収や選考フローなどを解説

東映転職者の主なキャリアステップ 前職 映画配給会社 新聞社 放送事業者 東映株式会社に転職 次の転職先 ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業...

日本エコシステム株式会社の転職難易度は高い?事業内容や面接の対策ポイントなどを解説

日本エコシステムは、環境事業や公共サービス事業、交通インフラ事業など、さまざまな事業を柱として、社会インフラサービスの構築を総合的に手掛けているインフラ企業です。 「300年続く永続経営」を目標としており、実際売上高も堅調に推...

中部電力の転職難易度は?面接突破のポイントや採用難易度などを解説

中部電力転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 中部電力株式会社に転職 次の転職先 グループ会社 中部電力の主な転職元・転職先 ...

スプリックスへの転職情報。年収や事業内容、面接の傾向などを解説

スプリックス転職者の主なキャリアステップ ...

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション転職者の主なキャリアステップ ...

TOP