グループ企業

オリックスの転職事情。難易度や年収などを解説

▼下記は、オリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからオリックスに転職してくるのか
・転職先:オリックスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

オリックスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、国立や私立ともに高学歴者が多くいます。

職歴

オリックス在籍者の職歴は、メガバンク大手証券会社外資系証券会社、さらには日産自動車などの大手国内メーカーが挙げられます。

退職後の主な転職先

オリックスからの転職先として主に、モルガン・スタンレーなどの外資系証券会社デロイトPwCなどのコンサルへ転職しています。

オリックスは、日本でのリース産業の将来性に着目し、日綿事業や三和銀行、岩井産業など3商社5銀行により設立された日本の大手総合リース企業です。
多角的な金融サービス業を中心に、国内1,429拠点・海外739拠点と、世界37か国と地域に展開しています。
世界でも類を見ないユニークな企業としてグローバルに成長しており、各国から注目を集めている大企業です。
1964年設立、大阪府大阪市に本社を構えており、31,233名の社員が在籍しています。
そんなオリックスでは、法人営業をはじめとしたさまざまなポジションで、高い専門性を持ち、チャレンジ精神豊かな人材を求めています。

初めての転職でオリックスを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

オリックスの難易度や年収も気になるけど、先にどんな求人あるのか知りたいという方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人が豊富に掲載されており、希望するポジションが未だ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をより円滑に進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • オリックスの企業概要
  • オリックスの転職ポイント
  • オリックスの社風や企業文化

オリックスに転職するポイント

オリックスの特徴

POINT

  • ・3商社5銀行により設立された日本を代表する大手総合リース企業
  • ・世界37か国に多角的金融サービス業を展開
  • ・福利厚生が充実しているため、仕事とプライベートの両立がしやすい

オリックスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・法人営業をはじめ、さまざまなポジションで求人募集
  • ・高い専門性を持ち、チャレンジ精神豊かな人材を求めている

オリックスの企業概要

会社名 オリックス株式会社
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル
社長 井上 亮
設立 1964年4月
株式 上場(東証1部)
株主構成(2018年3月期) 日本トラスティサービス信託銀行(15.28%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.92%)
SSBTCCLIENTOMNIBUSACCOUNT(2.16%)

オリックスの売上

オリックスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 576,563百万円 585,205百万円 596,504百万円
経常利益 192,862百万円 155,467百万円 188,743百万円

オリックスの最新ニュース

オリックスの事業内容

オリックスは、日本最大手の総合リース企業です。
国内外合わせて2,168拠点を展開しており、主に多角的金融サービスの提供を行っています。
オリックスの主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

法人金融サービス事業

全国の営業ネットワークによる取引を通じて、顧客のニーズや経営課題を把握し、最適なソリューションを提供している事業です。
競争の激しいリースや投資では、収益性を重視した案件の選別と実行を行います。
また、国内の中小~中堅企業に対して、生命保険や環境エネルギー、自動車リース関連などの商品やサービスを幅広く提供を行う手数料ビジネスにも注力しています。
そのほかにも、資金や設備の調達、事業や業務の支援なども行っており、事業拡大と利益成長を計っている事業です。
今後の展望として、中核事業として各種事業部門と連携を取りながら、地域特性を意識した営業活動を展開し、強固な顧客基盤を基に安定したストック型サービス収益基盤の構築を目指すと公言しています。

メンテナンスリース事業

自動車のリースやレンタカー、カーシェアリングなどを展開する事業です。
なかでも主力となっている自動車関連は、業界トップクラスの車両管理台数を誇っており、自動車に関するあらゆるサービスをワンストップで提供しています。
それにより、競争優位性を高め、法人や個人市場におけるシェア率拡大を計っています。
また、将来的な産業構造の変化を新たな収益機会に転換するべく、新たな商品やサービスの開発に積極的に取り組んでいる事業です。
今後の展望としては、上記で挙げたシェア率拡大とともに、豊富なサービスメニューを作り、それらを支える国内営業ネットワークの活用、資産の拡大を目指すと公言しています。

不動産事業

不動産開発や賃貸、管理事業施設運営など展開している事業です。
好調な不動産市場を捉えて賃貸不動産などを売却、一方で付加価値を生み出す開発案件への投資などを行っています。
それにより、アセットマネジメントの規模拡大を計り、状況に影響されにくい収益基盤を築いています。
また、ホテルや旅館などのさまざまな施設運営により、不動産開発や賃貸など、さまざまなバリエーションを増やすことで安定収益の獲得を目指し、総合力を活かした新規事業の創出をしている事業です。
今後は、オリックスが運営する旅館やホテルのブランド力向上や新たな旅館の買収などで、より安定した収益拡大を目標とし、さらには、アジアでの事業開発にも注力していきます。

オリックスの募集要項

開発マネージャー

サービス開発の中心となり、アジャイル開発や設計内製化への変革に向けた技術力の向上を牽引するポジションです。
具体的には、ビジネス部門やプロダクトマネージャーと協働し、プロダクトの開発チームをリードし、アジャイル開発プロセスの定義や展開、管理などを行います。
それ以外にも、スプリント計画やリリース計画の作成や、デリバリープランの戦略、開発進捗とバックログ管理なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・アジャイルによるプロダクト開発経験
  • ・プロジェクトやチームリーダー経験
  • ・オフショア開発チームとの協働経験やリード経験 など

監査・内部統制

監査部門の責任者として、さらなる監査体制の強化や高度化を担うポジションです。
具体的には、ガバナンス強化に向けた国内外の監査業務や、事業部門やミドル・バック部門への監査業務、監査業務を通じて内部統制評価やコンサル機能の提供などを行います。
そのほかにも、執行部門との人事ローテーションの中で、現場での内部統制構築やリスクマネジメントなども行います。

必須な経験・スキル

  • ・事業会社での監査部門経験
  • ・監査法人などでの外部監査やコンサルティング経験

経理スペシャリスト

単体決算や連結決算、税務業務、管理会計などを行うポジションです。
総合職での求人ですが、2~3年の頻度でローテーションを行うため、複数事業を担当し、経理としてスキルアップできる環境があります。
また、培った知見を活用し、海外事業や経営企画などにチャレンジすることも可能です。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティングファームなどで会計・税務関連業務の経験
  • ・事業会社にて連結決算や税務申告、税務調査などの実務経験
  • ・海外連結子会社の経理業務や内部統制業務の経験

オリックスの転職難易度

オリックスの転職難易度は比較的高いです。
その理由としては、大企業としての知名度が高く人気があるため、必然的に倍率が高くなることが挙げられます。
また、働く環境としても、非常に働きやすく、充実した福利厚生があるため、ますます人気に拍車がかかっているといえるでしょう。
オリックスへの転職は、簡単ではないことをあらかじめ理解しておく必要があります。

オリックスが転職者に求める人物像

高い専門性を持っており、チャレンジ精神豊かな人材を求めています。
オリックスは、常にチャレンジし続けている企業なため、こういった能力が求められるのです。
また、さまざまな価値観を認め、周囲を巻き込みながら主体的に行動できる人材も求めています。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、面接に臨むと良いでしょう。

オリックスの転職までの流れ

オリックスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、頑張ってきたことや挫折したことなどの質問をされます。

内定

オリックスの面接形式

面接は1対1、もしくは1対2で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2~3回ですが、ポジションによって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後で終わります。

オリックスの面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「学生時代や前職で頑張ってきたこと」や「逆に挫折したこと」などの質問をされることがあります。
また、「現状のマーケットを踏まえて、今後どのような戦略を執るべきか」といった深い質問をされることがあるので、どんな質問をされても大丈夫なように万全な準備をしておくことが必要です。
こういった深い質問は、他者と差をつけるチャンスともいえるので、具体的なエピソードを添えて回答できるようにしておきましょう。

オリックスで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、男性
自発的に動くことができれば、裁量を与えられるのでさまざまな仕事をすることができます。中小企業オーナーとの商談が多く、人間的にも学ぶことが多くあるので、やりがいと成長を感じながら仕事することができるでしょう。
経営企画関連、在籍3~5年、男性
自己研鑽や研修に関するサポートが非常に手厚く、資格取得の補助金や学費など、会社が支給してくれます。研修は社内大学のような形で、好きな研修を受けることができ、上手に活用すればキャリア形成に役立てることができるでしょう。
新規事業・事業開発、在籍3~5年、女性
仕事量自体は比較的多く、効率的に進める努力をしなければ、いつまでも終わらせることができません。しかし、効率的に進められるようになると、定時上がりや上司より先に退社しても問題ないです。有給休暇の取得もしやすく、全体的に8割以上は消化できていると思います。
口コミの要約

オリックスの口コミを見てみると、自分から行動できれば裁量を与えられてやりがいと成長を感じながら仕事できることが伝わってきます。また、研修のサポートが手厚いため、スキルアップできる環境があることが伺えます。

オリックスの年収・給与

年収 871万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り
福利厚生 直営保養所、ベビーシッター助成制度、持株会など

オリックスでの転職者の出世難易度

オリックスの出世難易度は比較的高いです。
出世をするためには、ノルマ達成は絶対条件であり、それ以上にさまざまな成果を残している必要があります。
在籍している社員は、優秀な方が多く、それぞれ多くの実績を残しており、その中から自分が出世するということは、なかなか難しいでしょう。
しかし、仕事に対する評価は平等であり、頑張れば頑張った分だけ評価される傾向があります。
また、一つの事業だけではなく、不動産部門や自動車部門などで経験を積んできることも出世のためのポイントです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 1,100万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,400万円
40代後半 なし 1,100万円
50代前半 課長 1,400万円

オリックスはどんな人が働いている?

オリックスの従業員数

31,233名

オリックスの平均年齢

42.0歳

オリックスの平均勤続年数

14.6年

オリックスの社風

オリックスは、比較的風通しが良く、部下が上司に意見しやすいという社風があります。
また、若手でも多くのチャンスが与えられるため、若いうちからでもスキルアップがしやすい環境があります。
積極的に業務に取り組み、目標意識を常に高く持っている方が昇進しやすい風土があるため、社員には新しいことにチャレンジする姿勢が求められます。
バリバリ働きながらスキルアップして、出世していきたいと思っている方には、向いている企業といえるでしょう。

オリックスのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、公職休暇など
平均残業時間 月30~35時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

オリックスの社長

井上 亮

1952年生まれ、東京都出身。
中央大学法学部卒業後、オリエント・リース(現:オリックス株式会社)に入社。
投資銀行本部副本部長を経て、執行役員プロジェクト開発本部長に就任。
その後も、常務執行役業務改革室管掌やオリックス・システム代表取締役社長、専務執行役グローバル事業本部長などを歴任し、2014年より取締役兼代表執行役社長・グループCEOに就任。
船舶や航空機、不動産、プロジェクトファイナンスなど、さまざまな経験を積み、今のオリックスを牽引している人物であり、自由と責任を与えて生産性の向上を目指しています。

オリックス現職、OB/OGの有名人

宮内 義彦

1935年生まれ、兵庫県出身。
関西学院大学商学部卒業、ワシントン大学大学院経営学部修士課程修了後、日綿實業(現:双日株式会社)に入社。
海外統括部やオリエント・リース設立準備事務所を経て、1964年にオリエント・リース(現:オリックス株式会社)に入社。
企画課長兼大阪本社開発課長兼東京支店開発課長や社長室長、取締役などを歴任し、1980年に代表取締役社長に就任。
その後、取締役兼代表執行役会長・グループCEOに就任するが、2014年に退任し、それ以降は、新設のシニア・チェアマンに就く。
経営陣への助言を行うほか、オリックス・バファローズの球団オーナーも兼任しています。

オリックスの転職に関わるQ&A


オリックスへの転職について調べていると「オリックス ブラック企業」というワードを目にするかもしれません。
実際に、オリックスは仕事量が多く、大変という口コミは少なくありません。
ただし、濃淡は比較的ハッキリしており、常に忙しいというわけではないといえます。
また、残業した分はしっかりと支給されるため、バリバリ働いて稼ぎたいという方には、嬉しい企業でしょう。

オリックスは、比較的風通しが良く、部下が上司に意見をしやすい環境があります。
上司も部下の意見には耳を傾けてくれる方が多いので、働きやすく人間関係は良好な傾向があるといえるでしょう。

オリックスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

オリックスの公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報のほかに、「企業について」や「オリックスの人と仕事」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式サイトに載っている求人情報は非常に少なく、内容も薄いため、物足りなさを感じるかもしれません。
より具体的な内容が知りたい場合や、豊富な求人から応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してオリックスへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富でハイクラス案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するキャリアアドバイザーの評価を確認することができるため、自分に合った担当者を探せるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなか難しいという方には、転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、オリックスの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは全体的に年収が高くなっている!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、法人営業やコンプライアンスなどの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、900~1,100万円が平均年収となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、オリックスの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してオリックスへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇り、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

オリックスはハイクラス転職の中では非常に人気の高い企業なため、当然その競争率も高くなる傾向があります。
「通過率がどのくらいあるのか」や「果たして自分の理想としている転職先といえるのか」など、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。
オリックスへの転職確率を少しでも上げたいなら、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントでは求人情報を事細かく掲載している!

リクルートエージェントの求人を見てみると、経理などの専門職ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

リクルートエージェントは、求人情報が事細かく掲載されているため、内容をより詳しく知ることができます。
また、幅広く案件を見ることができるため、初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、リクルートエージェントはベストといえます。
さらには、登録不要で案件を閲覧することができるので、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、キャリアコンサルタントに相談をしてみることで紹介してもらえる可能性があります。

あなたがオリックスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

東宝への転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、東宝に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東宝に転職してくるのか ・転職先:東宝からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、CCCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCCCに転職してくるのか ・転職先:CCCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、GMOインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOインターネットに転職してくるのか ・転職先:GMOインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

日産自動車の転職難易度は?中途採用の年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

▼下記は、日産自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日産自動車に転職してくるのか ・転職先:日産自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

国内最大手の総合不動産業者である三井不動産は、三井ショッピングパークアーバンや三井アウトレットパークなど、私生活の中でも馴染みのある企業です。 三井不動産は戦後から一貫して業界売上No.1の不動産業界のもっっとも安定した企業と...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

JTBは未経験でも転職可能?評判や仕事内容を徹底解説

▼下記は、JTBに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTBに転職してくるのか ・転職先:JTBからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょ...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

  ▼下記は、NTTコムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムウェアに転職してくるのか ・転職先:NTTコムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

オリックスの転職事情。難易度や年収などを解説

▼下記は、オリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリックスに転職してくるのか ・転職先:オリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。 継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成し...

TOP