WEB・アプリサービス

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ

チームスピリットの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒など幅広く在籍しており、MBA取得者も多く在籍しています。

前職チームスピリット在籍者の主な職歴は、IBM富士通などのSIer、ワークスアプリケーションズやセールスフォースドットコムなどのIT系企業、マクロミルなどのマーケティング事業会社、さらには、メーカーコンサルファームが挙げられます。

次の転職先チームスピリットからの転職事例は少ないですが、一部転職先として、ワークスアプリケーションズなどのIT系企業やドワンゴなどのWEB系事業会社などへ転職しています。

チームスピリットは、勤怠管理や工数管理、経費精算など、必要な機能を融合したクラウドサービス「TeamSpirit」を提供している企業です。
「個とチームをエンパワーメントし、働き方改革を次のステージへ」を掲げ、業務の効率化と透明化の実現を目指しています。
チームスピリットが提供するクラウドサービスを導入することによって、勤怠管理や経費計算、社内SNSなどの統合が可能となり、生産性向上や内部統制の強化が見込めます。
その結果、非常に高い評価を得ており、これまでに1,400社以上の導入実績を誇っている企業です。
1996年設立、東京都中央区に本社を構えており、114名の社員が在籍しています。
そんなチームスピリットでは、マネージャーやエンジニアなどの幅広いポジションで、チームスピリットの掲げるコアバリューに共感でき、即戦力として活躍できる人材を求めています。

チームスピリットへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・チームスピリットの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、チームスピリットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • チームスピリットの企業概要
  • チームスピリットの転職ポイント
  • チームスピリットの社風や企業文化

チームスピリットに転職するポイント

チームスピリットの特徴

POINT

  • ・必要な機能を融合したクラウドサービスを提供している企業
  • ・導入することで勤怠管理や社内SNSなどの統合ができ、生産性向上や内部統制の強化が可能
  • ・1,400社以上かつ27万人以上に利用されている

チームスピリットへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・マネージャーやエンジニアなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・企業が掲げる4つのコアバリューに共感できることが重要

チームスピリットの企業概要

会社名 株式会社チームスピリット
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階
社長 荻島 浩司
設立 1996年11月13日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 荻島浩司(31.12%)
株式会社日本カストディ銀行(9.86%)
Draper Nexus Technology Partners(9.46%)

チームスピリットの売上

チームスピリットの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,232百万円 1,820百万円 2,445百万円
経常利益 54百万円 244百万円 292百万円

チームスピリットの最新ニュース

チームスピリットの事業内容

チームスピリットは、SaaSを通じて、社会的責任を重視している企業に対し、必要な機能を融合したクラウドサービスを展開している企業です。
業務支援クラウドサービス「TeamSpirit」を中心に、さまざまなサービスを提供しています。
主力クラウドサービスである「TeamSpirit」は、日常的に活用するアプリを一体化し、働く人視点のフロントウェアをコンセプトに設計されており、近年主流になりつつあるテレワークなどの先進的なワークスタイルをサポートしています。
それにより、「働き方改革」に関する潜在的なニーズにも対応可能となり、これまでに1,400社以上の導入実績を誇っているサービスです。
また、TeamSpiritと組み合わせて使用するプロジェクト原価管理サービス「TeamSpirit Leaders」、働き方改革をさらに推進するための「人事情報管理(HRM)」や「マイナンバーエンジン」といったアドオンも提供しています。
今後の展望として、組織力の強化や自社サービスの知名度のさらなる向上などを行い、グローバル展開の促進をすることを目指しています。

チームスピリットの募集要項

プロダクトマネージャー

勤怠管理プロダクトのプロダクトマネージャーとして、顧客の課題を深く理解し、プロダクト要件の定義を行うポジションです。
それ以外にも、リリースプランニングを行い、開発スコープを定義、解決すべき顧客課題や開発の優先順位をステークホルダーとコミュニケートなども行います。
携わる業務は非常に幅広く、責任と同時にやりがいを感じながら働くことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のPM経験
  • ・5年以上のエンジニアやプロダクトデザイナーとしてのアジャイル開発経験
  • ・テクノロジーのビジネスへの適用に関する知識や経験 など

シニアQAエンジニア

開発中の新規プロダクトを担当し、QAリーダーと共にプロダクト開発におけるQAをリードするポジションです。
また、プロダクトマネージャーや開発チームと協力し、勤怠や工数管理などバックオフィス業務の機能開発なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・プロダクトを継続的に開発するために必要なソフトウェアやエンジニアリング知識
  • ・アプリケーションの開発経験
  • ・スクラムなどのアジャイル開発やテスト経験 など

インサイドセールス

インサイドセールス部門の立ち上げや実稼働、業務遂行全般を担うポジションです。
具体的には、インサイドセールスの立ち上げに伴うオペレーション考案とセールスチームとの連携推進や、さまざまな接点を通じた見込み顧客へのアプローチと商談機会の創出を行います。
そのほかにも、ヒアリングを通じた顧客の課題把握と提案、情報管理の仕組みづくり、MA/SFAツールの設計と運用なども担当します。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の法人営業経験
  • ・目標達成のため、自ら実行シナリオを描き、遂行した経験
  • ・他部署や他チームと能動的に協働した業務経験

チームスピリットの転職難易度

チームスピリットの転職難易度は比較的高いです。
求人情報自体は比較的多くありますが、どのポジションでも一定以上のスキルや経験を求められる傾向があります。
そのため、未経験からの転職は基本的に難しいといえます。
また、即戦力になるような人材を求めている傾向もあるため、チームスピリットへの転職は必然的に難易度が高くなるでしょう。
チームスピリットへ転職したいなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

チームスピリットが転職者に求める人物像

チームスピリットでは、「お客様自身気づいていない価値の創造にこだわる」や「誠実にリスペクトの気持ちを持って、関係者と貢献の輪をつくる」などの4つあるコアバリューに共感できる人材を求めています。
また、ミッション「すべての人を、創造する人に。」や、ビジョン「個を強く。チームを強く。」に共感している人材も求めている傾向があります。
チームスピリットは、同じベクトルを向いていることを重要視しているため、いかに共感できているかが重要なポイントです。
面接では、どこをどんな風に共感できているかを上手にアピールできるかどうかが大切でしょう。

チームスピリットの転職までの流れ

チームスピリットの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、5年後・10年後のキャリアビジョンなどを質問されます。

内定

チームスピリットの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

チームスピリットの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験といった定型的な質問から進みます。
また、「5年後や10年後のキャリアビジョン」や「将来はどうなりたいか」などのキャリア設計に対する質問をされます。
さらには、「学生時代はどんな人だったか」や「これまでに打ち込んできたことは何か」などの人柄を確認するような質問もされる傾向があります。
自己分析を行うことはもちろんのこと、企業研究も入念に行い、どんな質問をされてもしっかりと回答できるようにしておくと良いでしょう。

チームスピリットで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント関連職、在籍5~7年、男性
導入コンサルタントとして、多くの顧客の勤怠や経費、プロジェクト管理手法を吸収しつつ、さらに高いレベルに引き上げていくのでやりがいを感じます。また、さまざまな経験ができるので、新鮮な気持ちで業務を遂行することができるでしょう。
法人営業、在籍5~7年、男性
OJTが基本であり、資格取得に関して会社が受験費用を負担してくれます。そのため、スキルアップの経験は比較的多く、学ぶ意志があれば、どんどん研修を受けることができます。どんどんスキルアップしたいと考えている人には良い企業でしょう。
エンジニア、在籍3~5年、女性
コアタイムとフレキシブルタイムの定めのあるフレックス制度を導入しており、週1で在宅勤務もできるため、比較的ワークライフバランスは保ちやすいと思います。また、休暇も若干多い傾向があるので、プライベートを楽しむこともできます。

口コミの要約さまざまな経験を積むことができる環境とスキルアップできる環境が整っているため、やりがいを感じながら働くことができます。また、ワークライフバランスが良いことから、男女問わず働きやすい環境があるといえるでしょう。

チームスピリットの年収・給与

年収 742万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 オンボーディングプログラム、メンター制度、在宅勤務制度など

チームスピリットでの転職者の出世難易度

チームスピリットの出世難易度は比較的高いです。
出世を目指すなら、より多くの実績を残し、上司や周りの社員に認められていることが大前提となります。
また、スキルや経験だけでなく、人柄やコミュニケーション能力の高さなども出世に関わってくるでしょう。
ただし、新卒や中途で出世のしやすさはそれほど変わらないため、中途入社でも出世することは可能といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 マネージャー 800万円
30代後半 シニアマネージャー 1,000万円
40代前半 シニアマネージャー 1,200万円
40代後半 マネージャー 1,000万円

チームスピリットはどんな人が働いている?

チームスピリットの従業員数

95名(単独)
114名(連結)

チームスピリットの平均年齢

37歳

チームスピリットの平均勤続年数

2.8年

チームスピリットの社風

チームスピリットは、比較的風通しが良い社風です。
上司や先輩などの垣根を越えて意見しやすく、また、部下の意見を聞いてくれるという雰囲気があります。
また、社員同士は比較的仲が良く、定期的にコミュニケーションをとっているため、比較的緩やかな環境があります。
人間関係で悩まず、自分らしく働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

チームスピリットのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、傷病休暇、アニバーサリー休暇、特別休暇など
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

チームスピリットの社長

荻島 浩司

1960年生まれ、埼玉県出身。
デザイン系専門学校卒業後、日幸興産株式会社に入社。
1983年にアイ・エヌ・エスに入社し、1996年に有限会社ネットウェイ設立に代表取締役に就任。
同年に株式会社チームスピリットを設立、代表取締役に就任。
現在は、オーバーザレインボー株式会社の代表取締役も務めている。
インディペンデント・コントラクターとして、東芝や東芝ソリューションにおいて金融機関向けパッケージ開発や、オペレーショナル・リスクコンサルティングに従事してきた人物。

チームスピリット現職、OB/OGの有名人

古市 克典

1961年生まれ。
1985年に日本電信電話株式会社入社。
3年後にルーセントテクノロジージャパンに入社。
その後も、レベル3コミュニケーションズ ジャパンやPwCコンサルティングにて、業務に従事し、2013年に株式会社Box Japanの代表取締役社長に就任。
2018年より、チームスピリットの社外取締役も務めている。

チームスピリットの転職に関わるQ&A


チームスピリットへの志望動機を作成するうえで、最も重要なことが企業のミッションやビジョン、コアバリューに共感しているかどうかが挙げられます。
何をとっても共感していることが前提であるため、具体的にどのような部分に対してどのように共感できるかを志望動機に織り交ぜると良いでしょう。

チームスピリットには、産休や育休、時短勤務などの制度が充実しており、取得しやすい環境があります。
また、復帰している女性社員も多くいるため、ライフイベントの際でも安心といえるでしょう。

チームスピリットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

チームスピリットの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、企業メッセージや働く環境や制度など、有益な情報が掲載されています。
応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報はそれほど具合的には掲載されていません。
具体的な内容が知りたい場合や確実な転職を目指している場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、チームスピリットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してチームスピリットへ転職するなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラス求人を多く扱ってる「iX転職」がおすすめです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができるため、空いている時間を活用して転職活動することができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職は比較的平均年収が高く、年収最高額は1,500万円以上!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が比較的高く、年収最高額は1,500万円以上となっています。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人が多く持っている傾向があるため、ヘッドハンターに相談することで、紹介してもらえるでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

サイバートラストの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

サイバートラスト転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機 医療機器メーカー マイクロソフト IT系企業 サイバートラスト株式会社に転職 次の転職先...

株式会社ペイロールへの転職は難しい?事業内容や年収、面接の傾向などを解説

ペイロール転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェア開発会社 株式会社ペイロールに転職 次の転職先 BPOサービスベンダー 電気通信事業者 ...

サクシードの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

サクシード転職者の主なキャリアステップ ...

グッドパッチの転職事情。年収や面接内容などを解説

グッドパッチ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、マクロミル、リクルート、サイバーエージェント、DeNA、カカクコムなどのWEB系事業会社 SCSKなどのSIer 株式会社グ...

Dropboxの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

Dropbox転職者の主なキャリアステップ 前職 オラクル、シマンテックなどの大手ソフトメーカー IBM、NTTなどのSIer 楽天などのWeb系事業会社 Dropbox Jap...

弁護士ドットコムの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、弁護士ドットコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから弁護士ドットコムに転職してくるのか ・転職先:弁護士ドットコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

ドワンゴ転職者の主なキャリアステップ 前職 ゲーム、食品、アパレル、化粧品などのメーカー 学習塾 広告会社 通信事業会社 WEB系事業会社 株式会社ドワンゴに転職 ...

TOP