メーカー

コカ・コーラの転職事情。面接内容や口コミなど解説

▼下記は、コカ・コーラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからコカ・コーラに転職してくるのか
・転職先:コカ・コーラからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

コカ・コーラの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴は比較的幅広くなっています。

職歴

コカ・コーラ在籍者の主な職歴は、富士通パナソニックなどの電機、カネボウやP&Gなどの日用品、そのほかの薬品や食品などの幅広い製造業、さらには、コンサルファーム広告代理店が挙げられます。

退職後の主な転職先

コカ・コーラからの転職先として、薬品や電機、食品などのメーカー広告代理店Web系事業会社、さらにはコンサルファームなどへ転職しています。

コカ・コーラは、米国アトランタに本社を置く清涼飲料の製造や販売を行っている企業です。
日本法人としては、1957年に日本飲料工業株式会社として設立、翌年に商号を日本コカ・コーラ株式会社に変更し、現在も運営しています。
日本法人における従業員数は538名で、資本金は36億円です。
そんなコカ・コーラでは、販売スペシャリストやブランドマーケティングに携わるさまざまな業種でのキャリア採用を実施しており、即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でコカ・コーラを目指すならまず「iX転職」を見るべし!

・コカ・コーラの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • コカ・コーラの企業概要
  • コカ・コーラの転職ポイント
  • コカ・コーラの社風や企業文化

コカ・コーラに転職するポイント

コカ・コーラの特徴

POINT

  • ・世界を代表する清涼飲料メーカー
  • ・企業のブランド力が非常に高い
  • ・ワークライフバランスの実現に対し、積極的に取り組んでいる

コカ・コーラへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・マネージャーやディレクターなどで求人募集
  • ・親会社が海外なため、英語力をはじめとした語学力が必要不可欠

コカ・コーラの企業概要

日本法人名 日本コカ・コーラ株式会社
日本所在地 東京都渋谷区渋谷4丁目6番3号
代表者 ホルヘ・ガルドゥニョ
設立 1957年6月25日
株式 非上場
株主構成 ザ コカ・コーラ カンパニー(100%)

コカ・コーラの売上

日本コカ・コーラ株式会社は非上場のため、親会社であるザ コカ・コーラ カンパニーの売上高を掲載しています。

コカ・コーラの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 318億ドル 372億ドル 330億ドル
営業利益 87億ドル 100億ドル 89億ドル

コカ・コーラの最新ニュース

コカ・コーラの事業内容

コカ・コーラは、清涼飲料の製造や販売を行っており、世界200以上の国と地域でビジネス展開をしている世界的製造メーカーです。
日本法人である日本コカ・コーラ株式会社は、守山工場を拠点に全国のボトラー各社に原液を供給しています。
また、日本市場のトレンドの把握や消費者と購買者の分析を通じて、製品開発やマーケティング戦略の策定を行い、その実行のリードも行っています。
さらには、グローバルな品質基準の徹底、生産プロセスの技術開発や新製品導入時の生産技術支援などの学術的アドバイスを担い、ボトラー社が高品質で安全・安心な製品を効率的に生産するための支援を行っている企業です。
今後の展望として、生産の効率化や徹底した消費者志向、市場への迅速な対応など、コカ・コーラビジネスのさらなる成長を目指し協働していくことを目指しています。

コカ・コーラの募集要項

自動販売機スペシャリスト

自動販売機関連の包括的な計画の開発や評価、追跡などを行うポジションです。
また、正確なデータ管理と分析だけでなく、さまざまな関係者とコミュニケーションを取り、データ収集なども行います。
持続可能なビジネスの成長を維持する役割を担うため、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のデータ分析やレポートの自動化に関する経験
  • ・ExcelやPower BIなどの基本操作ができる

ブランドマネージャー

ブランドビジネス診断をしながら、お茶やコーヒーなどのブランドマーケティングを主導するポジションです。
具体的には、消費者の洞察やアイデア生成、ビジネスケースの開発を活用した事業成長の機会評価を行い、既存製品の成長戦略と事業計画を策定します。
ブランドマーケティング全般を担うため、責任が問われますが、それ以上にやりがいを感じることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・結果を出すことに対する情熱と責任がある
  • ・複雑な市場や消費者環境を分析し、独自のアイデア作成するスキル
  • ・優れたリーダーシップとコミュニケーションスキル

コーヒー調達マネージャー

コーヒー材料の供給を主導および管理し、コーヒー市場の変動性を管理するポジションです。
また、コーヒー豆のバリューチェーンの短期的・長期的視点を持って戦略を策定し、コーヒーヘッジを実行も行います。
イノベーションを通じて、生産者から配送ポイントまで、持続可能なバリューチェーンを確立することを目指している職種です。

必須な経験・スキル

  • ・大学で学士号を取得
  • ・9~11年程度のコーヒー関連分野での実務経験
  • ・コーヒーバリューチェーンに関する知見

コカ・コーラの転職難易度

コカ・コーラの転職難易度は非常に高いです。
その理由として、どのポジションでも一定以上のスキルや専門性の強い知識などが求められることが挙げられます。
また、堪能な英語力やその他語学力も求められる傾向があります。
さらには、知名度が非常に高く、有名企業なため、転職者が多くなることが想定できるでしょう。
コカ・コーラへの転職を目指しているなら、難しいということをあらかじめ理解しておくことが肝心といえます。

コカ・コーラが転職者に求める人物像

コカコーラは、「Refresh the World. Make a Difference.(世界中をうるおし、さわやかさを提供すること。前向きな変化をもたらすこと。)」を使命として掲げています。
そのため、使命の実現するために必要であるコカ・コーラの文化や価値観、成長行動をしっかり理解しておくことが必要です。
採用活動の際は、ビジネススキルやコミュニケーションスキルはもちろんのこと、それ以上に「なぜコカコーラで働きたいか」や「コカ・コーラに入社して何がしたいか」などを明確にしておくと良いでしょう。

コカ・コーラの転職までの流れ

コカ・コーラの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

コカ・コーラの面接形式

面接は基本的に1対1で行われますが、職種によって複数人の面接になる場合があります。
面接回数は2~3回ですが、タイミングによって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

コカ・コーラの面接内容

コカ・コーラの面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
また、「自分で達成したことは?」や「成功した事例は?」など、仕事に対する質問をされる傾向があります。
これといった一風変わった質問をされることはほとんどありませんが、こちらの回答に対し、さらに深堀されることが多いため、志望動機はもちろんのこと、自己PRや経験してきたことなどをしっかりと整理し、突っ込みどころがないように準備しておくと良いでしょう。

コカ・コーラで働いている方の評判・口コミ

生産技術・生産管理、在籍7~10年、男性
飲料業界の中のトップクラスの企業なため、通常の企業では考えられない規模での仕事をこなすため、やりがいと達成感を感じながら働くことができます。また、最新の生産技術を身に付けることもできるため、日々刺激を受けることができます。
事務関連職、在籍5~7年、女性
教育体制は比較的整っていると思います。コンプライアンス研修は定期的にあり、社員だけでなくパートやアルバイトも分け隔てなく、研修を受けることが可能です。また、新商品や販売促進の勉強会もあるため、新商品をいち早く知ることができます。
販促企画、在籍3~5年、男性
やるべきことさえ終わっていれば、早く帰ることも可能です。フレックスも導入されているので、自分の働きやすいように働くことができるでしょう。また、有給休暇の省かも促進しているため、ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

コカ・コーラの口コミを見てみると、飲料業界トップクラスなため、大きな仕事に携わることができ、やりがいや刺激を感じながら働けるということが伺えます。また、比較的自由に働くことができるため、働きやすい環境ということも伝わってきます。

コカ・コーラの年収・給与

年収 800万円前後
ボーナスの有無 年2回(条件による)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 財産形成、健康管理、介護支援制度、表彰制度など

コカ・コーラでの転職者の出世難易度

コカ・コーラの出世難易度は比較的高いです。
出世する条件として、ほかの社員よりも多くの実績を残して、周囲に評価されていることが挙げられます。
それ以外にも、英語でのコミュニケーションが得意であったり、ロジカルシンキングであることなども、必要になってきます。
そのため、出世難易度は高くなる傾向があるでしょう。
ただし、評価に対して平等であるため、新卒や中途による出世のしやすさに違いはほとんどありません。
努力することで、中途社員でも出世できる可能性は大いにあるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 マネージャー 800万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 マネージャー 1,000万円
40代前半 マネージャー 1,000万円
40代後半 マネージャー 1,500万円
50代前半 マネージャー 1,500万円

コカ・コーラはどんな人が働いている?

コカ・コーラの従業員数

538名(単独)
86,200名(連結)

コカ・コーラの平均年齢

37.5歳

コカ・コーラの平均勤続年数

記載なし

コカ・コーラの社風

コカ・コーラは、組織風土として「我々の勝利の文化」を醸成することを目的としており、社員に「賢く仕事をする」ことを推奨しています。
そのため、在宅勤務やフレックスタイムを導入しており、社員の仕事の生産性を高めるだけでなく、家族や友人と過ごすプライベートな時間を持ち、心身の健康を増進させるように努めている環境があります。
また、社員のキャリア開発にも力を入れており、 人材のレビューとアセスメントを目的として、「人材開発フォーラム」を定期的に実施し、ビジネスの成長と社員の成長が達成されるようなキャリア開発を進めています。
プライベートな時間を大切にしながら、スキルアップしつつ働きたいという方には、向いている企業でしょう。

コカ・コーラのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:15
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、介護休暇、私傷病休暇、パタニティ休暇など
平均残業時間 月20時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

コカ・コーラの社長

Jorge Garduno(ホルヘ・ガルドゥニョ)

メキシコ出身。
メキシコのモンテレイ工科大学卒業後、テキサス大学オースティン校でMBAを取得。
1992年にザ コカ・コーラ カンパニーに入社。
その後数年間、メキシコ支社で商業運営やマーケティング、キーアカウントなどを歴任。
さらに、コロンビア支社のゼネラルマネージャーやタイ支社のゼネラルマネージャー、チリ支社のゼネラルマネージャーも歴任。
2017年より、日本コカ・コーラ株式会社の代表取締役社長に就任。

コカ・コーラ現職、OB/OGの有名人

(ジェームズ・クインシー)

1965年生まれ、イギリス出身。
リバプール大学にて電子工学学士号を取得。
ベイン・アンド・カンパニー社や小規模なコンサルタント会社に務めた後、1996年にザ コカ・コーラ カンパニー入社、ジュースの買収の主導に従事。
2015年に最高執行責任者(COO)に就任、翌年にはCEOに就任。
現在は、取締役会議長も務めている。
2030年までに販売された全てのボトルに対し、ボトルのリサイクル計画を立案し、推進している人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

コカ・コーラの転職に関わるQ&A


男性社員だけなく、女性社員も多く在籍しています。
男女差別されることなく、平等に評価されるため、女性でも出世を目指すことができます。
また、産休や育休も取得がしやすく、復帰して働いている女性も多くいるため、ライフイベントの際でも安心でしょう。

The Coca-Cola Company Careers Websiteにて希望の地域を選び、募集中のポジションを選択することで海外のポジションに応募できます。
ただし、海外のポジションに応募する場合は、応募先地域の採用部門の管轄となり、日本コカ・コーラ株式会社では応募状況が確認できないので注意が必要です。

コカ・コーラへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

コカ・コーラの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、掲げるミッションやコカ・コーラシステム、組織文化などが掲載されています。
ただし、求人内容は英語で記載されており、内容も不透明なところが少なくありません。
具体的な内容が知りたい場合やできるだけ時間をかけずに転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間を活用して転職活動するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してコカ・コーラへ転職するなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・空いた時間を活用して転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトは空いている時間を活用して転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職は比較的平均年収が高い!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が比較的高くなっています。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。

コカ・コーラに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

転職エージェントを活用してコカ・コーラへの転職を目指すなら、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策などのサポートが充実
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといったサポートが充実しており、内定まで導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りないスキルや経験などを教えてもらえるという特徴があります。
転職エージェントは、単純に転職活動だけを支援するというだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、より確実な転職ができるでしょう。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年に設立された歴史の長い転職エージェントであり、信頼性が高く、安心安全に活用できる転職エージェントです。
また、非公開求人を豊富に持っているので、コカ・コーラへ転職したいと伝えれば、自身にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
さらには、国際的に展開している企業に対して強みを持っているため、コカ・コーラなどの外資系企業への転職を目指すなら、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと案件を紹介してもらえない可能性があるので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがコカ・コーラに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

P&Gへの転職情報!転職難易度や年収について徹底解説!

  ▼下記は、P&Gに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからP&Gに転職してくるのか ・転職先:P&Gからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

▼下記は、未来工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから未来工業に転職してくるのか ・転職先:未来工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

森永乳業への転職を成功させるためには?面接内容や年収など解説

▼下記は、森永乳業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから森永乳業に転職してくるのか ・転職先:森永乳業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

タカラスタンダードの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、タカラスタンダードに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからタカラスタンダードに転職してくるのか ・転職先:タカラスタンダードからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

▼下記は、良品計画に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから良品計画に転職してくるのか ・転職先:良品計画からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

▼下記は、旭化成に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから旭化成に転職してくるのか ・転職先:旭化成からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本電産の転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、日本電産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本電産に転職してくるのか ・転職先:日本電産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ファナックの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、ファナックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからファナックに転職してくるのか ・転職先:ファナックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

日野自動車の転職事情。年収や口コミなどを解説

▼下記は、日野自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日野自動車に転職してくるのか ・転職先:日野自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ゼリア新薬への転職は難しい?面接の対策やポイントを解説

▼下記は、ゼリア新薬に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼリア新薬に転職してくるのか ・転職先:ゼリア新薬からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP