WEB・アプリサービス

KLabへの転職は難しい?選考フローや年収など解説

▼下記は、KLabに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからKLabに転職してくるのか
・転職先:KLabからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

KLabの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒など幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

KLab在籍者の主な職歴は、カプコンやCOM2USなどのゲームメーカーぐるなびやアイデムなどのWeb系事業会社が挙げられます。

退職後の主な転職先

KLabからの転職先として、LINE楽天DeNAなどのWeb系事業会社コロプラやドリコムなどのゲームメーカー、さらには、デジタルガレージやザッパラスなどのインターネット事業会社へ転職しています。

KLabは、携帯電話向けゲームの開発や運営を中核としている情報通信事業会社です。
ソーシャルゲームの開発や運営、受託開発を主力に、世界最大級のモバイルオンラインゲームベンダーを目指しており、新しいことに積極的に取り組んでいます。
また、近年ではスマートフォンに関するアプリケーションやサービス、サーバーインフラなどの企画や開発、提供するなど、次世代を見越した新規事業における推進力を兼ね備えています。
日本国内のみならず、グローバル展開にも積極的であり、マニラやサンフランシスコ、上海などに現地法人を設立、海外へもアプリケーションやサービスを積極的に提供している企業です。
2000年に設立、東京都港区に本社を構えており、561名に社員が在籍しています。
KLabでは、エンジニアやデザイナーをはじめとした幅広いポジションで、自発的に創意工夫して、能動的に活動できる人材を求めています。

KLabへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・KLabの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • KLabの企業概要
  • KLabの転職ポイント
  • KLabの社風や企業文化

KLabに転職するポイント

KLabの特徴

POINT

  • ・携帯電話向けゲームの開発や運営を行っている情報通信事業会社
  • ・世界最大級のモバイルオンラインゲームベンダーを目指し、新しいことに積極的にチャレンジしている
  • ・グローバル展開も積極的に取り組み、海外へもソリューションやサービスを提供

KLabへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアやデザイナーを中心に、幅広く求人募集
  • ・自発的に創意工夫し、能動的に活動できることが重要

KLabの企業概要

会社名 KLab株式会社
本社所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
社長 森田 英克
設立 2000年8月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 真田哲弥(10.62%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(6.13%)
日本マスタートラスト信託銀行(2.09%)

KLabの売上

KLabの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 32,673,737千円 31,109,972千円 33,952,136千円
経常利益 4,997,997千円 1,625,599千円 1,564,827千円

KLabの最新ニュース

KLabの事業内容

KLabは、スマートフォン向けのモバイルオンラインゲームの企画や開発、運営を行っている企業です。
「世界と自分をワクワクさせろ」をミッションに掲げ、社会に感動と喜びを与えるようなアプリケーションやサービスの創出に注力しています。
KLabの主な事業としては、下記の2事業を主軸に運営しています。

ゲーム事業

スマートフォン向けアプリケーションを中心としたモバイルオンラインゲームの企画や開発、運営を行っている事業です。
主力商品として、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」や「BLEACH Brave Souls」、「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」が挙げられます。
また、マルチプラットフォームやマルチリージョンでサービスを展開しており、日本だけでなく、海外売上高比率も向上し、グローバル推進にも積極的に取り組んでいます。
新規タイトルの開発はもちろんのこと、海外現地法人との連携強化や、モバイル運用リサーチ・コンサルティング事業を専門とする企業のグループ会社化なども行い、拡大し続けている事業です。
今後も国内市場のシェアを拡大し、ゲームだけではなく一から新たなコンテンツを創出、グローバル展開を加速させるとともに、さまざまなメディアへ展開していくことを目指しています。

その他事業

KLabが手掛けている商品のアニメやコミックなどのメディア展開やイベント運営などを行ている事業です。
今後期待できる作品のアニメ出資などにも取り組んでおり、また、外部の開発会社とのゲーム共同開発も積極的に推進しています。
さらには、プロモーションや版権獲得、運営支援といったマーケティングも行っており、マルチに展開している事業です。

KLabの募集要項

エキスパートエンジニア

ゲームプログラミングや3Dレンダリングなど、技術のスペシャリストとして業務を遂行するポジションです。
具体的には、機能実装や性能改善といった高難易度の実案件業務や、高難易度の共有ミドルウェア、共通ライブラリ作成を行います。
また、実案件への技術コンサルティングや社内情報共有、社外情報発信を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の専門技術領域での実務経験
  • ・高騰発表や書籍執筆など、専門技術領域に関する対外発表経験

イラストレーター

スマートフォン向けゲームのグラフィック制作に関わるポジションです。
ゲームのコンセプトに合わせて、キャラクターを中心にさまざまなグラフィックデザインを考え、制作を行います。
また、リードイラストレーターとして、イラストチーム内の品質管理や新規ゲーム開発におけるコンセプトアートの制作なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のキャラクターをはじめとしたイラスト制作の実務経験
  • ・PhotoshopやIllustratorの基本的な操作と知見

ディレクター

モバイルオンラインゲームのディレクションを担うポジションです。
具体的には、新規タイトルの企画・設計・制作や、既存タイトルの運用方針の策定とディレクション、コンセプトや狙い、世界観といった仕様の発案と決定を行います。
また、能力に応じて、メンバーへの業務指示やプロセス策定と管理、ゲームバランスの設計なども行うため、やりがいを感じることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・オンラインゲーム業界でのディレクター経験
  • ・コンシューマーゲーム業界でのディレクター経験
  • ・BtoCやwebサービス運営企業でのディレクター経験 など

KLabの転職難易度

KLabの転職難易度は中程度です。
どのポジションでも一定以上のスキルや経験などが求められますが、中途採用は積極的に行っており、チャンスは多くあります。
時期やポジションなどによって実状は異なりますが、企業側が求めているスキルや経験を保有していれば、採用してもらえる可能性はあるでしょう。
ただし、KLabは今注目を集めている企業ということもあり、多くの応募者がいることが想定できます。
KLabへの転職を目指すなら、ほかの応募者と格差を付けられるようなスキルや経験があることが肝心といえます。

KLabが転職者に求める人物像

KLabでは、自発的に創意工夫して能動的に行動できる人材を求めています。
また、コミュニケーション能力に長けている人材や豊富な技術力を持っている人材も求めている傾向があります。

KLabでは、サービスのクオリティの追求や専門領域に特化した業務、組織マネジメントなど、多種多様な業務があるため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、面接官を感心させられるようにしましょう。

KLabの転職までの流れ

KLabの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場責任者
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてKLabにマッチしている人材かを判断されます。

内定

KLabの面接形式

面接は1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

KLabの面接内容

KLabの面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
また、「KLabのコンテンツはどう思うか」や「今のモバイルゲーム業界に何を感じるか」といった自社コンテンツに関する質問やゲームに関する質問を多くされる傾向があります。
特段これといった変わった質問をされることはほとんどありませんが、こちらの回答に対し、「それはなぜ?」と深堀されるので、しっかりと回答できることが重要です。
自己分析や企業研究は抜かりなく行い、どんな質問に対しても一貫性を持ち、最後まで論理的に回答できるようにしましょう。

KLabで働いている方の評判・口コミ

CGデザイナー、在籍5~7年、男性
自由な環境があり、手を挙げればやりたいことをやらせてもらえる傾向があります。そのため、自主性があって前向きに取り組むことができる方にとっては、大きなやりがいを感じながら働くことができるでしょう。
経理、在籍5~7年、女性
これといった研修やセミナーはありませんが、人材育成をしっかりと行っており、新入社員は教育係に教えてもらいながら仕事することができます。また、トップレベルの社員が多く在籍しているため、そのような社員から学べることが多くあります。
人事、在籍3~5年、男性
代休や有給の取得は徹底されており、残業代も一分単位で計算されて支給されます。また、自由に働くことができる環境があるため、自分のペースで仕事することが可能です。プライベートも充実させたい方には、良い環境が整っているといえます。
口コミの要約

KLabの口コミを見てみると、手を挙げることでやりたいことをやらせてもらえる環境があるため、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、休暇に関して徹底されており、残業代もしっかり支給されるなど、働きやすい環境があるということが伺えます。

KLabの年収・給与

年収 546万円
ボーナスの有無 年2回(入社1年目は月額給に含む)
昇給制度 年1回(入社3年間は年2回)
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 KLab Awards、ゲーム企画審査会、サークル活動支援金など

KLabでの転職者の出世難易度

KLabの出世難易度は比較的高いです。
創出したゲームのヒットによって社内が目まぐるしく変化するため、タイミングによっては出世しやすい場合もあります。
しかし、全体的に優秀な社員が在籍しており、そのなかから自身が出世することは簡単ではありません。
また、出世するためには、論理的思考力と行動力を持ち合わせていることが必要な要素の一つといえます。
KLabで出世するなら、これらの能力を身に付け、より多くの実績を残すことで、出世への道は拓けるとでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 リーダー 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 マネージャー 1,000万円
40代後半 マネージャー 1,000万円

KLabはどんな人が働いている?

KLabの従業員数

561名(単独)
626名(連結)

KLabの平均年齢

34.5歳

KLabの平均勤続年数

4.8年

KLabの社風

KLabは、自由な雰囲気があり、比較的意見がしやすい社風です。
また、社員同士のコミュニケーションが活発であり、定期的にコミュニケーションを取れる場を設けています。
さらには、さまざまなことにチャレンジできる環境があるため、積極的に挑戦することができます。
社員同士仲が良く、自分から進んでチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

KLabのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、長期勤務休暇など
平均残業時間 月40時間前後
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

KLabの社長

森田 英克

1974年生まれ、静岡県出身。
法政大学社会学部卒業後、株式会社丸井に入社。
1999年に株式会社レップシステムハウスに入社。
その後も、株式会社公募ガイド社や株式会社インデックス(現・株式会社インデックス・ホールディングス)で活躍し、2002年に有限会社ケイ・ラボラトリー(現・KLab株式会社)に入社。
ゲーム事業の立ち上げに従事し、2007年にコンテンツビジネス事業部長に就任。
さらに、コンテンツメディア部長や執行役員、取締役KLabGames部長などを歴任し、2019年より、代表取締役社長CEOに就任。

KLab現職、OB/OGの有名人

真田 哲弥

1964年生まれ、大阪府出身。
関西学院大学経済学部在学中から事業を立ち上げ、1987年に株式会社リョーマを設立。
さらに、2年後に株式会社ダイヤルキューネットワーク設立。
1997年に株式会社ACCESSに入社。
翌年に株式会社サイバードを設立し、代表取締役副社長に就任。
2000年に有限会社ケイ・ラボラトリー(現・KLab株式会社)を設立、代表取締役会長に就任。
その後、一度代表取締役社長に就任するが、2019年に取締役会長に就任。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

KLabの転職に関わるQ&A


KLabへの転職における志望動機を作成するうえで、最も重要なことが「数あるゲーム会社のなかでKLabで働きたいか」を明確にすることです。
志望動機を比較的重要視しているため、この部分がしっかりとしていなければ採用してもらえる可能性は下がってしまうかもしれません。
また、KLabではどのようなゲームにどのように力を入れているのかなどを理解しておくと、より良い志望動機を作成することができるでしょう。

基本的には転勤はありません。
そのため、入社した場所での勤務ということがほとんどです。
しかし、能力に応じて異動がある場合もあるため、あらかじめ理解しておくことが肝心です。

KLabへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

KLabの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、CEOメッセージや経営メンバーインタビューなどが掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募には、どうしても時間がかかってしまいがちになってしまいます。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動をするなら、「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

ゲーム制作を行う企業の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、ゲームの開発や運営などを行う制作会社の募集要項も一緒に確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのゲーム制作会社の平均年収は800万円~1,000万円程度で、別サイトよりも比較的高めの水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すれば自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
「ゲーム制作会社はほかにどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたがKLabに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

エス・エム・エス(SMS)への転職は難しい?難易度や年収などを調査

▼下記は、エス・エム・エスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエス・エム・エスに転職してくるのか ・転職先:エス・エム・エスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

ベルフェイスへ転職するには?評判や採用のポイントまとめ

▼下記は、ベルフェイスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベルフェイスに転職してくるのか ・転職先:ベルフェイスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

じげんへの転職は可能?評判や口コミなど転職情報をご紹介

▼下記は、じげんに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからじげんに転職してくるのか ・転職先:じげんからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

▼下記は、オープンロジに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオープンロジに転職してくるのか ・転職先:オープンロジからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

FiNC Technologiesに転職するには?面接や福利厚生などを調査

▼下記は、FiNC Technologiesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFiNC Technologiesに転職してくるのか ・転職先:FiNC Technologiesからどこへ転職するの...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

  ▼下記は、リクルート住まいカンパニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルート住まいカンパニーに転職してくるのか ・転職先:リクルート住まいカンパニーからどこへ転職するのか ...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP