メーカー

カネカの転職事情。年収や面接内容など解説

カネカ転職者の主なキャリアステップ

カネカの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職カネカ在籍者の主な職歴は、小林製薬などの化学系メーカーシャープ東芝などの大手製造メーカーが挙げられます。

次の転職先カネカからの主な転職先として、P&Gや積水化学、小林製薬などの化学系メーカー、出光などの大手卸へ転職しています。

カネカは、東京都と大阪府に本社を置く国内有数の大手化学メーカーです。
化成品や機能性樹脂、発泡樹脂をはじめ、食品やライフサイエンスなど、手掛ける分野は多岐にわたっています。
主力として、トップクラスのシェアを誇っているコエンザイムQ10の原料や、モバイル危機に欠かすことができない電子材料の製造も行っています。
ここ数年でグローバル展開も積極的に行っており、時代による多様なニーズに対応したソリューションを世界中に届けることを目指しています。
また、2022年「都有施設における再生可能エネルギー見える化モデル事業」にカネカの提案が採択されるなど、社会から注目を集めている企業です。
そんなカネカでは、企画や開発といった技術職をメインに、実行力と統率力があり、課題解決していくリーダーシップを持っている人材を求めています。

カネカを目指す人におすすめの転職エージェント

・カネカの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • カネカの企業概要
  • カネカの転職ポイント
  • カネカの社風や企業文化

カネカに転職するポイント

カネカの特徴

POINT

  • ・化成品や食品、エレクトロニクスなど、幅広く手掛けている大手化学メーカー
  • ・トップクラスのシェアを誇るコエンザイムQ10の原料も製造
  • ・多様化するニーズに対応したソリューションを世界中に届けることが目標

カネカへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・技術職メインで求人募集
  • ・実行力と統率力を持ち、課題解決していくリーダーシップがあることが重要

カネカの企業概要

会社名 株式会社カネカ
東京本社所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル
社長 田中 稔
設立 1949年9月1日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(11.20%)
日本カストディ銀行(4.69%)
日本生命保険(4.58%)

カネカの売上

カネカの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 601,514百万円 577,426百万円 691,530百万円
経常利益 20,166百万円 22,066百万円 40,816百万円

カネカの最新ニュース

カネカの事業内容

カネカは、”カガク”に夢をかけ、日墓の暮らしを支える製品や技術の創出をしている国内大手の化学メーカーです。
主力として、トップクラスのシェアを誇るコエンザイムQ10をはじめ、苛性ソーダや次亜塩素酸ソーダなどの「化成品」や、建材や家電などに活用されている「強化剤用樹脂」の製造と提供を行っています。
また、柔軟かつ割れにくい特性を活かして、自由な包装設計が可能な「ビーズ法発泡ポリエチレン」や、低炭素社会を目指し、環境に優しい「公共・産業用太陽電池」も手掛けています。
さらには、牛乳やヨーグルトなどの食品や、医療に貢献するヘルスケアソリューションを提供するなど、多岐にわたって貢献している企業です。
今後の展望として、地球環境の保護や快適な暮らし、高齢化社会や医療高度化社会など、幅広く貢献していくことを公言しています。

カネカの募集要項

市場技術開発

市場技術開発メンバーとして業務を進めるポジションです。
具体的には、委託先の調査や選定といった委託生産の立上げや担当用途と顧客への技術サービス、成型加工技術の海外展開を行います。
そのほかにも、新しい技術や製品、用途などの開発推進にも携わることができ、幅広く活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・高専卒以上
  • ・熱可塑性樹脂の加工研究や成型加工、技術サービスの実務経験
  • ・基礎レベルの英語力

機械系エンジニア

化学工場の機械系エンジニアとして、製造設備の設計業務を担当するポジションです。
具体的には、製造や研究施設の新規投資と既設施設に関する能力増強改善に関する機械設備の設計や調達、施工管理、検査などの業務を行います。
設備計画の基本構想から設備取得までの一連のエンジニアリング業務に携われるため、やりがいと達成感を実感できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・製造設備に関する機械設備の設計や調達、施工管理などの実務経験

営業開発

イメージセンサ用部材や素材の営業、市場開発担当として、業務を担うポジションです。
具体的には、顧客との各種打合せや技術メンバーとの各種打合せ、販売戦略立案や販売プロモーション活動、価格交渉を行います。
そのほかにも、販売促進資料や契約書、納入仕様の作成も行います。

必須な経験・スキル

  • ・イメージング業界や光学製品業界での営業経験
  • ・基礎レベルの英語力

カネカの転職難易度

カネカの転職難易度は非常に高いです。
その理由として、知名度が非常に高く、人気のある企業ということが挙げられます。
また、中途採用による求人募集は非常に少なく、どのポジションでも競争率が高くなっているため、転職難易度が高いといえるでしょう。
カネカへの転職を目指すなら、簡単な転職ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

カネカが転職者に求める人物像

カネカでは、実行力や統率力を持ち、課題解決していくリーダーシップがある人材を求めています。
また、ポジティブマインドがあり、業務対して前向きに取り組める人材も求めている傾向があります。
カネカは、日本国内のみならず、アメリカや中国、ヨーロッパなど、グローバル展開に積極的に取り組んでおり、多岐にわたるビジネス展開を行っているため、このような能力が必須です。
面接では、これらを効率的にアピールし、面接官を納得させられるかどうかがポイントといえます。

カネカの転職までの流れ

カネカの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:担当部署部長・人事部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、専門性や人間性を判断する質問をされます。

内定

カネカの面接形式

面接は応募者1人なのに対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は基本的に3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

カネカの面接内容

カネカの面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「前職までの働き方や実績は?」や「チームポジションではどの位置?」といった仕事に対する専門性を問う質問をされる傾向があります。
さらには、「趣味や特技は?」や「何をしているときが楽しいか」といった人間性を判断される質問もされるため、自己分析はしっかりと行いましょう。
面接の雰囲気は、全体的に穏やかであり、圧迫面接などは基本的にはありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むことができます。

カネカの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは比較的多くのポジションで求人募集されている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・スキルや経験を問うような質問が多い

研究開発、20代前半、男性
カネカでどのような研究を行いたいかを聞かれました。カネカは機能性食品材料の研究を行っており、コエンザイムQ10を超える材料開発に携わりたいと伝えました。
研究開発、20代後半、女性
全体的に和やかであり、基本的な質問が多い面接でした。大きな企業と組織だと思ったため、受け身の姿勢ではなく行動力や実行力がある点を特にアピールしました。
法務、30代前半、男性
今までで司法試験を受けたことはあるかを聞かれました。受験した経験があることを伝え、そのときの成績となぜ受験したかについて詳細を述べました。
研究開発、30代後半、男性
同時に複数のプロジェクトを進めることができるかを質問されました。もちろん可能であり、今までも多くのプロジェクトを同時に進めてきた経験をアピールしました。
研究開発、20代後半、女性
飲み会ではどのようなポジションかを聞かれました。率先して盛り上げるほうではありませんが、常に一歩引いた視点から状況を把握し、飲み会の場をまとめることが多いということを伝えました。

カネカで働いている方の評判・口コミ

製品開発、在籍7~10年、男性
比較的自分のやりたいことを自由にやらせてくれる環境があります。上司との会話も頻繁に行われており、ボトムからの意見も比較的良く通るので、やりがいと充実感を感じながら働くことができます。
法人営業、在籍7~10年、女性
毎年自己申告で自身のキャリアプランを伝える場が設けられているので、今後のキャリアのことを上司がヒアリングしてくれます。また、資格受験料や資格奨励金などのあり、資格取得に関して積極的に取り組んでいるので、スキルアップすることも可能です。
食品・化粧品関連職、在籍5~7年、男性
フレックス制度を導入しているので、比較的余裕を持って出勤することができるため、出勤前に病院や銀行などに行きやすくなっています。また、半日休暇などもしやすいなど、休みが取りやすい環境があります。

口コミの要約手を挙げればやりたいことをやらせてもらえる環境があるため、やりがいと充実感を感じながら働くことができます。また、フレックス制度による自由に働ける環境や充実した福利厚生があるため、どんな方にとっても自分らしく働ける企業といえるでしょう。

カネカの年収・給与

年収 755万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、退職金制度、資格取得奨励金制度、社有保養施設など

カネカでの転職者の出世難易度

カネカの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀な方が多く、それぞれ実績を残しています。
そのようななかから出世するなら、ほかの社員よりも多くの実績を残しているのはもちろんのこと、上司や後輩など、上下関係なくコミュニケーションを取れることが必要です。
さらには、視野を広く持ち、他部署のことも考えながらどう改善すべきかを考え、周囲を巻き込んで業務を実行していけることも重要な要素です。
カネカで出世を目指すなら、上記のような能力を身に付け、周囲に認めてもらうことで出世への道は拓けるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 主任 900万円
40代中盤 主任 800万円
50代前半 部長 1,200万円
50代中盤 部長 1,500万円

カネカはどんな人が働いている?

カネカの従業員数

3,472名(単独)
11,335名(連結)

カネカの平均年齢

41.4歳

カネカの平均勤続年数

17.7年

カネカの社風

カネカは、比較的意見がしやすく、風通しが良い社風です。
やりたいと声を大にすることで、やらせてもらえる環境があり、若手社員でも責任のある業務に携われます。
また、人に優しい社員が多く在籍しており、若手社員からベテラン社員まで、垣根を超えて和気あいあいとした雰囲気があるため、コミュニケーションが取りやすくなっています。
働きやすい企業を目指しているため、積極的にワークライフバランスの改善に取り組んでいます。
人に優しくのんびりとした環境のなかで、さまざまな業務にチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

カネカのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:40など
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20~30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

カネカの社長

田中 稔

1954年生まれ、滋賀県出身。
神戸大学経済学部卒業後、鐘淵化学工業株式会社(現・株式会社カネカ)に入社。
2009年に経営企画部長就任。
翌年、取締役常務執行役員に就任。
その後も取締役専務執行役員や取締役副社長、代表取締役副社長を歴任し、2020年より代表取締役社長に就任。

カネカ現職、OB/OGの有名人

菅原 公一

1947年生まれ、北海道出身。
早稲田大学第一法学部卒業後、鐘淵化学工業株式会社(現・株式会社カネカ)に入社。
1996年にカネカテキサス株式会社の社長就任。
その後は、株式会社カネカに戻り、取締役や常務取締役、取締役常務執行役員などを歴任し、2008年に代表取締役社長就任。
2014年より代表取締役会長に就任。

カネカの転職に関わるQ&A


転職活動を行ううえで、誰しもが一度は「カネカは激務」というワードを目にするでしょう。
結論からいうと、カネカは激務ではありません。
部署によって仕事量は異なりますが、休みが取れないほどの仕事量ということはなく、比較的休暇は取得しやすくなっています。

また、近年の働き方改革の推進により、さらに働きやすい環境を整備しています。


カネカの最大の強みは、国内だけでなく世界に目を向けて、地球規模の視野で考え、地域視点で行動していることが挙げられます。
そのため、売上高の海外比率は65%を超えており、グローバル推進に注力しています。

また、トップクラスのシェアを誇っているコエンザイムQ10の原料供給していることも強みの一つに挙げられます。

カネカへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

カネカの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、事業や製品、研究・開発、企業情報など、有益な情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、2021年6月現在、中途採用による求人募集は行われておらず、公式HPから応募したい場合は、定期的にチェックを行い、求人募集がされるのを待つ必要があります。
今すぐ転職したい場合や素早く転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、カネカの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

製造・販売を行う企業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してカネカに転職するなら、競合他社の募集要項を比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職できます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項も比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、製造・販売といった幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの製造業界の平均年収は800万円~1,000万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「製造と販売を行っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ダイハツの転職難易度は?年収や面接内容など解説

ダイハツ転職者の主なキャリアステップ 前職 日立建機などの建材メーカー 三菱自動車、トヨタ自動車などの自動車メーカー ダイハツ工業株式会社に転職 次の転職...

コクヨへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

コクヨ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 メーカー 印刷会社 コクヨ株式会社に転職 次の転職先 メーカー IT企業 ...

TOTOへの転職は難しい?口コミや評判などを解説

TOTO転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 ホンダ、スバルなどの自動車メーカー 電機メーカー TOTO株式会社に転職 次の転職先...

アズビルの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

アズビル転職者の主なキャリアステップ 前職 コニカミノルタ、村田製作所、大王製紙などのメーカー ホテル 商社 アズビル株式会社に転職 次の転職先 川崎...

守谷輸送機工業の転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

守谷輸送機工業転職者の主なキャリアステップ ...

SANEIへの転職事情。事業内容や年収、転職難易度などを解説

SANEI転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 SANEI株式会社に転職 次の転職先 電子部品メーカー SIer SANEIの...

田辺三菱製薬の転職難易度は?年収や面接についての評判を解説

田辺三菱製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 第一三共、久光製薬、小林製薬などの製薬会社、P&G、サンスターなどの消費財メーカーなどからの転職事例がある。 田辺三菱製薬株式...

ネスレの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ネスレ転職者の主なキャリアステップ 前職 アストラゼネカ、参天などの薬品メーカー 富士通などのメーカー 医療機器メーカー コンサルファーム 自動車販売 ネスレ日本株式会社に転...

味の素への転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

味の素へ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー 食品関連企業 アクセンチュアなどの コンサル 総合商社 味の素株式会社に転職 次の転職先 ハウ...

松屋アールアンドディの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

松屋アールアンドディは、福井県に本社を構えており、自動車安全装置縫合システムの製造や開発を行っている企業です。 そのほかにも、血圧計腕帯やカーシートなどの各種縫製品も手掛けており、縫製ロボットや縫製自動機を開発し、縫製自動化の...

TOP