メーカー

アズビルの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、アズビルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアズビルに転職してくるのか
・転職先:アズビルからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

アズビルの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

アズビル在籍者の主な職歴は、コニカミノルタ村田製作所、大王製紙などのメーカーのほか、ホテルや商社など、さまざまな業種が挙げられます。

退職後の主な転職先

アズビルからの転職先として、川崎重工やダイキンなどのメーカー楽天などのWEB系事業会社、スカパーなどのメディアのほか、不動産やコンサルファームなどへ転職しています。

アズビルは、日本の制御・計測器を主軸とした製品を展開している総合オートメーションメーカーです。
そのなかでも空調制御は国内首位であり、計装機器も高いシェア率を誇っています。
さらには、東南アジアにおけるビルディングオートメーションシステム分野の実績に対して、東南アジアビルデイングオートメーションシステムズカスタマーバリューアワードを2年連続で受賞するなど、注目を集めている企業です。
1906年に工作機械メーカーの販売代理店として山武商会を創業し、1969年には東証一部上場を果たしています。
この記事では、アズビルへの転職を検討している方に向けて、知っておきたい転職のポイントや口コミなどを解説します。

アズビルへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・アズビルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • アズビルの企業概要
  • アズビルの転職ポイント
  • アズビルの社風や企業文化

アズビルに転職するポイント

アズビルの特徴

POINT

  • ・制御や計測器を主軸に製品展開している総合オートメーションメーカー
  • ・高い技術力に加え、AIやIoT、ビッグデータなど、新たなテクノロジーを導入
  • ・日本以外にも、中国やタイに拠点を構え生産体制を確立、海外に向けて積極的に事業展開

アズビルへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・企画や営業で求人募集
  • ・他者を尊重し、自分の意見も伝えながら目標達成できることが肝心

アズビルの企業概要

会社名 アズビル株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-7-3
社長 山本 清博
設立 1949年8月22日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(8.59%)
明治安田生命保険相互会社(7.37%)
日本カストディ銀行(6.79%)

アズビルの売上

アズビルの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 262,054百万円 259,411百万円 246,821百万円
経常利益 27,664百万円 27,712百万円 26,338百万円

アズビルの最新ニュース

アズビルの事業内容

アズビルは、人を中心としたオートメーションを理念とし、建物や工場、住宅など、社会インフラに関わる事業を展開している企業です。
主力として、アプリケーションソフトやコントローラ、バルブ、センサーなどの開発と製造を行い、高機能かつ高品質の実現を可能としています。
また、計装設計から販売、エンジニアリング、サービス、省エネソリューションなど、一貫した体制で提供し、独自の環境制御技術で、安全で快適かつ効率的な生産空間の創出と環境負荷低減に貢献しています。
それ以外にも、製造現場における課題解決に向けた装置や設備の最適運用をライフサイクルで支援する製品の提供や、ライフラインとライフサイエンスに関する分野に展開し、いきいきとした暮らしに貢献するなど、幅広く手掛けている企業です。
今後の展望として、持続可能な社会に繋がる貢献を実践し、自らの中長期的な発展を確実なものとしつつ、企業価値を持続的に向上させることを目指しています。

アズビルの募集要項

事業企画

アズビルがこれまで培ってきた知見と蓄積をもとにビッグデータを活用して業務を遂行するポジションです。
具体的には、人工知能技術を用いた新事業の企画や、工場や建物において蓄積されるさまざまなデータを活用した異常検知や故障診断、予測と推定を行います。
また、最適計画や自動制御などを利用した事業企画や、事業のマーケティング戦略立案と実行を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・WEBシステムやスマートフォンアプリを利用したB2Bビジネスの経験
  • ・データ分析を用いた法人向けコンサルティングビジネスの経験
  • ・WordやExcelといったオフィスソフトウェア全般の活用スキル

営業

高砂熱学工業や大気社など、日本を代表する大手空調サブコンメーカーに対して、技術力を売り込むポジションです。
具体的には、顧客企業への計装システムの技術的な営業や、提案書の作成、価格交渉、自動制御システムの売込などを行います。
2~3名で担当するため、チームワークが重要であり、顧客が求める潜在ニーズを把握し、問題解決力が必要不可欠の職種です。

必須な経験・スキル

  • ・MicrosoftOfficeが使用できるスキル
  • ・顧客のニーズを満たすシステムや技術的提案するソリューション営業の経験

生産システムエンジニア

システム製品やコンポーネント製品などの基幹系業務システムの構築、展開を担当するポジションです。
具体的には、関連生産会社展開でのSAP要件定義や概要設計、テスト、運用、教育、生産系スクラッチ開発システムの要件定義、設計、テスト、運用を行います。
それ以外にも、サーバーやデータベースの保守と運用を行うなど、幅広い業務に携われる可能性がある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・製造業の生産管理業務システムの設計、開発、保守などの業務経験
  • ・ERPやSAPなどの業務システムを用いた生産管理経験
  • ・データベースに関する知識の保有 など

アズビルの転職難易度

アズビルの転職難易度は比較的高いです。
その理由として、知名度の高さと注目を集めている企業ということが挙げられます。
アズビルは、東南アジアビルデイングオートメーションシステムズカスタマーバリューアワードを2年連続で受賞しているため、非常に注目を集めている企業であり、知名度が高いといえます。
そのため、どのポジションでも応募者が多くなる傾向にあるため、競争率が激しくなるでしょう。
また、企業側からも一定以上のスキルや経験を求められるため、難易度は高いといえます。
アズビルへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

アズビルが転職者に求める人物像

アズビルでは、他者を尊重し、自分の意見も伝えながら目標達成できる人材を求めています。
また、自ら課題を発見し、周囲を巻き込みながら変革できる人材や、多様な価値観を受け入れ、広い視点で物事を考えられる人材も求めている傾向があります。
アズビルは、取り巻く事業環境が大きく変化しているため、上記のような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを保有していることをアピールし、面接官を関心させられるようにしましょう。

アズビルの転職までの流れ

アズビルの選考フロー

エントリー・書類選考・適性検査

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部課長
想定内容:これまでの質問に加え、仕事に関する質問をされます。

内定

アズビルの面接形式

面接は応募者が1人に対し、面接官が複数人で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

アズビルの面接内容

アズビルの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「今までの最大の成功と最大の失敗は何か」や「並行して業務を進めることはできるか」といった仕事に関する質問をされます。
また、「人と話すときに気を付けていることは?」や「働くうえで大事にしていることは?」など、人柄や人間性を判断するような質問をされることもあるため、しっかりと自己分析しておくことが必要です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、圧迫面接などはほぼありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

アズビルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・WEB面接あり

法人営業、在籍3年、男性
奇をてらった質問は特にされず、質問内容は非常にオーソドックスでした。面接官の人当たりは非常に良く、緊張をほぐしてくれる雰囲気づくりがされいます。
その他職種、在籍4年、男性
面接官の雰囲気が非常に良く、物腰が柔らかいため、リラックスして面接に臨むことができます。時々鋭い質問をされることがありますが、しっかりと準備しておけば大丈夫です。
法人営業、在籍3年、女性
初対面の人と話すときに気を付けていることや、働くうえで大切にしていることなどの質問をされました。しかし、変化球のような質問をされることはありません。
総務、在籍5年、女性
一次面接は支店長と直属の上司、二次面接は支店長と常務でした。とても和やかな雰囲気で全く圧迫感がなく、楽しい感じで終わりました。
評価・テスト、在籍5年、男性
履歴書ベースで面接が進み、履歴書に沿った質問をされます。時々、履歴書には載っていないような質問をされますが、落ち着いて回答すれば問題ないでしょう。

アズビルで働いている方の評判・口コミ

その他職種、在籍3~5年、男性
大規模建築物の自動制御分野において、業界トップシェアであるため、目に見える成果を得やすいと感じます。そのため、モチベーションにもつなげることができ、日々やりがいを感じながら働けるでしょう。
ソフトウェア開発、在籍3~5年、男性
研修は非常に充実しており、比較的自由に受講することができます。ビルや工場の技術的な内容も、e-ラーニングで受講可能であり、若手からでも技術力アップにつなげることができるでしょう。
評価・テスト、在籍5~7年、女性
ワークライフバランスは非常に良いと感じます。部署によって異なりますが、私の場合は残業時間が月に10時間いかないくらいなため、プライベートな時間を大切にすることができます。
口コミの要約

アズビルの口コミを見てみると、業界トップシェアの業務に携われるため、モチベーションとやりがいにつながるということが伝わってきます。また、研修が非常に充実しており、若手からでもスキルアップが望めるということが伺えます。

アズビルの年収・給与

年収 774万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、寮社宅、階層別研修、資格取得支援制度、社員持株会制度など

アズビルでの転職者の出世難易度

アズビルの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀な方が在籍しており、それぞれ実績を残しています。
そのようななかから、自身が出世するということは簡単ではありません。
また、実績以外にも、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルといった能力も必要な要素です。
アズビルで出世を目指すなら、それらを意識し、上司や先輩などの周囲の社員に効率的にアピールすることで、出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 係長 700万円
30代後半 主任 700万円
40代前半 課長代理 900万円
40代後半 課長代理 900万円
50代前半 課長 1,200万円

アズビルはどんな人が働いている?

アズビルの従業員数

5,357名(単独)
10,003名(連結)

アズビルの平均年齢

45.4歳

アズビルの平均勤続年数

20.4年

アズビルの社風

アズビルは、コンプラ慰安意識や信頼性を大切にする社風です。
大型案件が多いため、社会への影響力が高く、慎重に業務を進める傾向が強くあります。
また、部署によっては一人で試行錯誤しながら物事を解決していくということが求められますが、納得できる成果を挙げることができれば、達成感を得られ、モチベーション高く働ける環境があります。
風通しも比較的良く、意見しやすい環境がある企業です。
責任のある業務に携わりながら、積極的に意見を発言しながら働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

アズビルのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00~17:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 春季・夏季長期連続休暇、年末年始休暇、特別休暇など
平均残業時間 月10時間程度
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アズビルの社長

山本 清博

1965年生まれ、徳島県出身。
京都大学大学院工学研究科修士課程衛生工学専攻修了後、山武ハネウエル株式会社(現・アズビル株式会社)に入社。
2007年にビルシステムカンパニーマーケティング本部環境マーケティング部長に就任。
2011年にビルシステムカンパニーマーケティング本部長に就任。
その後も、理事ビルシステムカンパニーマーケティング本部長や理事経営企画部長、執行役員経営企画部長兼ビルシステムカンパニーマーケティング本部長などを歴任。
2020年より、代表取締役社長兼執行役員社長を務めている。

アズビル現職、OB/OGの有名人

曽禰 寛純

1955年生まれ、神奈川県出身。
東京工業大学工学部修士課程制御システム工学専攻修了後、山武ハネウエル株式会社(現・アズビル株式会社)に入社。
1996年に工業システム事業部システム開発統括部システムマーケティング部長に就任。
1998年に山武産業システムマーケティング部長に就任。
その後も、山武産業システム取締役マーケティング部長や山武執行理事アドバンスオートメーションカンパニーエンジニアリング本部長、山武執行役員経営企画部長などを歴任し、2020年にアズビル株式会社の代表取締役社長兼執行役員社長兼代表取締役会長兼執行役員会長に就任。
同年、代表取締役会長兼執行役員会長に就任。
この間、日本電気計測器工業会会長なども務めた人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

アズビルの転職に関わるQ&A


結論からいうと、楽して働ける企業ということはありません。
時期によっては業務量が多くなることもあり、残業しなければならないということも少なくないでしょう。
ただし、働いたら働いた分だけしっかりと支給されるので、ブラック企業ということはないといえます。

アズビルは、2018年に厚生労働大臣から女性の活躍推進に関する優良な企業として認定され、認定マーク「えるぼし」の最高位「3つ星」を取得している企業です。
そのため、女性にとって非常に働きやすい環境があるといえ、活躍することができる企業といえるでしょう。

アズビルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アズビルの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「アズビルについて」や「製品・サービス」、「納入事例」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトに載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアズビルに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、メーカー企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

あなたがアズビルに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

▼下記は、旭化成に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから旭化成に転職してくるのか ・転職先:旭化成からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

参天製薬への転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、参天製薬に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから参天製薬に転職してくるのか ・転職先:参天製薬からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

カゴメの転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、カゴメに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカゴメに転職してくるのか ・転職先:カゴメからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

村田製作所の転職難易度は?面接内容や年収などを解説

 ▼下記は、村田製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから村田製作所に転職してくるのか ・転職先:村田製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプ...

オリンパスの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、オリンパスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリンパスに転職してくるのか ・転職先:オリンパスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

マキタへの転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、マキタに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマキタに転職してくるのか ・転職先:マキタからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

第一三共への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、第一三共に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから第一三共に転職してくるのか ・転職先:第一三共からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

DHCへの転職。難易度や社風などを徹底解説!

▼下記は、DHCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDHCに転職してくるのか ・転職先:DHCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描...

リコーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、リコーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリコーに転職してくるのか ・転職先:リコーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ダイフクの転職難易度は?求める人物像や働く環境について解説

▼下記は、ダイフクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからダイフクに転職してくるのか ・転職先:ダイフクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP