WEB・アプリサービス

サイバー・バズへの転職は難しい?事業内容や将来性、転職難易度などを解説

サイバー・バズ転職者の主なキャリアステップ

サイバー・バズの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学・大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHといった有名私立大学の割合が高くなっています。

前職

サイバー・バズ在籍者の主な職歴は、電通デジタルなどのデジタルマーケティング企業やサイバーエージェントなどのネット専業代理店が挙げられます。

次の転職先

サイバー・バズからの転職先として、博報堂グループなどの広告代理店
楽天TwitterLINEなどのWEB系事業者へ転職しています。

サイバー・バズは、「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変えろ。」というミッションのもと、InstagramやTwitter、LINEなどのソーシャルメディアを通した企業宣伝、広報戦略をサポートするSMM事業を展開しているテクノロジー企業です。
サイバーエージェントの子会社として2006年に設立され、ソーシャルメディア上で影響力を持つ「インフルエンサー」を自社会員として組織化しており、クライアント企業の商品やサービス経験をインフルエンサーのSNS上で発信しています。
また、2022年にインプレッション率保証型プランを提供開始するなど、革新的かつ利便性の高いサービスを提供している企業です。
そんなサイバー・バズでは、SNS運用コンサルタントやアカウントプランナーなどで中途採用を募集しています。
SNSに親しみのある若い層からはもちろん、そうでないベテラン層からも注目の集まっている優良企業です。
そこで、この記事ではサイバー・バズへ転職するうえで必ず知っておきたい事業内容や将来性、転職難易度などを解説します。

サイバー・バズへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・サイバー・バズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • サイバー・バズの企業概要
  • サイバー・バズの転職ポイント
  • サイバー・バズの社風や企業文化

サイバー・バズに転職するポイント

サイバー・バズの特徴

POINT

  • ・SNSを通じたクライアント企業の広報活動をサポートする事業を展開する企業
  • ・サイバーエージェントの子会社として設立され、業績は現在も拡大中
  • ・主体性や発信力のある社員が評価される実力主義の社風がある

サイバー・バズへ転職するポイント

POINT

  • ・SNS運用コンサルタントやアカウントプランナーなどの職種で求人募集
  • ・マーケティングや広報の経験が活かせる職種が多い
  • ・面接ではマーケティングの能力を問うような質問もある

サイバー・バズの企業概要

会社名 株式会社サイバー・バズ
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー18階
社長 髙村 彰典
設立 2006年4月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 高村彰典(27.12%)
株式会社デジタルガレージ(20.04%)
株式会社サイバーエージェント(15.61%)

サイバー・バズの売上

サイバー・バズの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,944百万円 2,996百万円 3,172百万円
経常利益 411百万円 204百万円 4百万円

サイバー・バズの最新ニュース

サイバー・バズの事業内容

サイバー・バズは主力事業として、クライアント企業の広報活動をSNSでサポートするSMM事業を展開しています。
InstagramやTwitter、LINEはもちろん、TikTokなど、近年新たに登場したプラットフォームも包括的に活用した支援を行うことがサイバー・バズの強みです。
サイバー・バズでは、ソーシャルメディア上で大きな影響力を持つ「インフルエンサー」をサイバー・バズの会員として組織化しています。
また、クライアント企業の商品やサービス、イベント体験などを会員がソーシャルメディア上で発信することでマーケティング活動の支援を行うという新たなビジネスモデルを展開しているのが特徴です。
業績を見るとここ数年はわずかに右肩上がりで推移しており、着実に成長を続けていることが伺えます。
サイバーエージェントがバックにあるということもあり、安定期に入っている企業といえます。

サイバー・バズの募集要項

プロダクトマネージャー

サイバー・バズの主力サービスであるNINARYやRipreといったサービスのグロースを担当します。
事業責任者、営業やデザイン、ディレクター、関係会社といった関係者と連携しながら、新規サービスの開発や既存サービスの拡大を行う責任のあるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・JavaやScalaのいずれかの開発経験
  • ・Webアプリケーション企画や設計、開発、運用などの経験
  • ・アジャイル開発経験

自社プロダクトエンジニア

サイバー・バズの新規サービス開発のディレクションやマネジメントなどを行います。
また、現在展開しているサービスの改修や追加実装も担当します。
JavaやScalaのいずれかの開発経験が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・JavaやScalaのいずれかの開発経験
  • ・Webアプリケーション企画や設計、開発、運用などの経験
  • ・アジャイル開発経験

サイバー・バズの転職難易度

サイバー・バズの転職難易度は比較的高いです。
サイバー・バズでは、SNS運用コンサルタントやアカウントプランナー、開発などといった職種で中途採用を募集しています。
営業リーダーなど責任のあるポジションでの採用が中心で、求められる経験もそれ相応のものとなっています。
選考の倍率も高いことが予想されるため、面接を突破するには細かな企業研究など、徹底した面接対策が必要です。
しかし、サイバー・バズへの転職を成功させることが不可能というわけではありません。
傾向として、これまでのリーダーシップ経験がある方は重宝される可能性があります。
また、エンジニアとしての経験がある場合は自社プロダクトエンジニアなどが比較的応募しやすいです。
職種にこだわりがない場合は、応募しやすい職種に絞って検討すると良いでしょう。

サイバー・バズが転職者に求める人物像

サイバー・バズが中途採用者に求める人物像は「主体性を持って行動できること」と「コミュニケーション能力に富んでいること」の2点です。
サイバー・バズでは、異業種からの転職であっても入社2ヶ月以内にはすぐにフロント対応を任されるなど、主体性を重視する風土があります。
発信力が高く行動力がある人材は高く評価される傾向です。
また、サイバー・バズで働くうえでは、営業部門と開発部門の連携のほか、数多く存在する関係各社やインフルエンサーなどとのコミュニケーションも必須です。
円滑に仕事を進めていくうえで必要な高いコミュニケーション能力のある人材が求められています。

サイバー・バズの転職までの流れ

サイバー・バズの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:現場社員
想定内容:これまでの経験に加え、マーケターとしての素質を問うような質問が多いのが特徴的です。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:サイバー・バズへ入社後にやりたいことなど、将来性を重視した質問が多いです。

内定

サイバー・バズの面接形式

サイバー・バズの面接回数は2回です。
面接官の人数は1人であり、1対1形式の面接となります。
ただし、職種によっては応募者が複数人いる場合もあるなど、若干の変更がある場合もあります。
面接1回あたりの所要時間は45分〜1時間程度とやや長いです。
選考期間は3週間ほどで標準的な長さといえます。

サイバー・バズの面接内容

サイバー・バズの面接では、志望動機やこれまでの経験といったオーソドックスな内容はもちろん、「これから流行ると思うモノやサービスは何か?」といったマーケティングの素質を問うような質問が多いのが特徴です。
そのほかにも、「生活のなかで画期的だと思ったサービスはあるか」といった質問をされる場合もあります。
いずれの場合も、理由を明確に示すなど説得力のある回答をするように心がけましょう。
また、「サイバー・バズへ入社したあとのキャリアについてどう考えているか」「入社後に実現したい夢や目標はあるか」といった未来志向の質問も多いです。
入社後のキャリアについては1次面接、最終面接ともに聞かれることが多くなっているため、面接前によく練っておくと良いでしょう。

サイバー・バズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで募集されている
・求人情報はリクルートなどでも確認可能
・未来志向の質問が多い傾向がある

営業、30代前半、女性
「これからどのようなサービスが流行ると思うか」と聞かれたことが印象に残っています。マーケターとしての素質を見極めるような質問が多かったです。
コンサルタント、40代前半、男性
これまでの経験など、オーソドックスな内容が中心でした。最終面接では逆質問の時間が多く用意されていたため、「これまでの成功体験を教えて下さい」などと積極的に質問をしてアピールしました。
営業、30代前半、男性
「これまでの実体験と関連付けて、志望動機を教えて下さい」といわれました。全体的にオーソドックスな質問が多く答えやすかったですが、書類に記載した内容と一貫しない場合は質問攻めにあってしまうかもしれません。
営業、20代後半、女性
営業マネージャーが面接官でした。「営業をするうえで大切にしていることは何か」「どこでサイバー・バズという企業を知ったのか」といった質問が印象に残っています。
事務、20代後半、女性
「学生時代を含めて、これまでにリーダーシップを発揮した経験はあるか」と聞かれました。また、「将来どのようなキャリアを想定しているのか」や「サイバー・バズへ入社した後にどのようなことがやりたいか」などと未来志向の質問をされました。

サイバー・バズで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、女性
体育会系の雰囲気があり、社内のコミュニケーションも活発に行われています。広告代理店と媒体社の中間的な業務を行っており、インフルエンサーによるマーケティング市場は今後も拡大していくことから、将来性の高い事業展開を行っている企業です。気質としてはベンチャー企業に近いものがあり、残業を美徳とする風土も感じます。
コンサルタント、在籍1~3年、男性
営業力のある企業で、大手企業との取引も多いです。成長途中の市場であり、勢いのある企業だと思います。クライアントワークということもあり、平日はプライベートの予定を入れることは難しいです。残業も非常に多く深夜まで業務をしている社員もいますが、休日はしっかりと取得することができます。また、生理休暇など、女性のための働きやすさを重視している風土があります。
総合職、在籍5~7年、男性
親会社であるサイバーエージェントの社風を引き継いでおり、体育会系の風土があります。うえの役職についている社員の団結力は高く、働き方についてなど、さまざまな取り組みが講じられています。社内には若い方が多く、挑戦を後押しする風土があります。中途採用で入社する社員はそのような風土に馴染める方と馴染めない方に分かれてしまう印象です。
口コミの要約

サイバーエージェントの社風に近い体育会系の風土があるという口コミが多く見られました。社内のコミュニケーションは活発で、風通しの良い環境だという意見も多かったです。ワークライフバランスについてはやや批判的な意見が目立ちました。休日はしっかりと取得できる一方で、慢性的に残業が長時間化している現状があるようです。

サイバー・バズの年収・給与

年収 597万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月60時間分)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 有り
福利厚生 認可外保育園費用補助制度、各種インセンティブ制度、社内勉強会など

サイバー・バズでの転職者の出世難易度

サイバー・バズの転職者の出世難易度は中程度です。
サイバー・バズでは、積極的にチャレンジすることができる主体的な方が評価されやすい雰囲気があります。
目立った仕事をすることで出世につながることが多いため、サイバー・バズで出世を狙うのであれば積極的にさまざまな仕事にチャレンジしていきましょう。
中途入社と新卒採用の間で出世に有利不利の差があるということはありませんが、サイバー・バズ独自の体育会系の風土があるため、そこに馴染むことができるかで働きやすさや出世が変わってくるという口コミも見られました。
出世のためには、社内でのコミュニケーションに力を入れ、積極的にアピールすると良いでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 チーフディレクター 700万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 局長 700万円
40代前半 マネージャー 1,100万円

サイバー・バズはどんな人が働いている?

サイバー・バズの従業員数

118名(単独)
155名(連結)

サイバー・バズの平均年齢

29.0歳

サイバー・バズの平均勤続年数

3.1年

サイバー・バズの社風

サイバー・バズの社風の特徴は、社内でのコミュニケーションが活発な体育会系の風土です。
社員間の距離が近いアットホームな雰囲気があり、目立つ仕事が好きな方やチャレンジ意欲が旺盛な人は特に活躍できる環境です。
また、残業を美徳とする古い企業風土が残っているという口コミも一定数見られました。
ワークライフバランスが特別良いというわけではなく、部署によっては深夜まで残業を続ける社員も少なくありません。
休日はしっかりと取得できる一方で、平日はやや忙しく働く雰囲気があるといえます。

サイバー・バズのワークライフバランス

副業可否 可能(規定有り)
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年間有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、休んで5制度など
平均残業時間 月43.8時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サイバー・バズの社長

髙村 彰典

1974年生まれ。
1997年に興和株式会社へ入社。
その2年後、株式会社サイバーエージェントへ入社。
2005年に広告事業本部担当執行役員に就任。
同年、取締役へ就任。
2006年に株式会社サイバー・バズの取締役に就任。
2010年より、代表取締役社長を務めている。

サイバー・バズ現職、OB/OGの有名人

三木 佑太

1987年生まれ。
2010年に株式会社サイバーエージェントへ入社。
その後、株式会社サイバー・バズへ出向し、2016年に執行役員に就任。
2019年より、取締役を務めている。
現在は、株式会社ソーシャル・コマースの取締役も兼任している人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

サイバー・バズの転職に関わるQ&A


サイバー・バズの月平均残業時間は43.8時間です。
上場企業としてはやや長い水準で、実際社員の間でも「平日は忙しい」と感じる口コミが目立っています。
もともとの所定労働時間が19:00までということもありますが、深夜まで残業を続ける社員が多いことを指摘する意見も少なくありません。
休日はしっかりと取得できますが、残業時間の短縮には課題があるといえます。

サイバー・バズでは、産休や育休など、仕事と育児を両立するための取り組みが数多く導入されています。
また、生理休暇が導入されているのも特筆すべきポイントです。
サイバー・バズでは女性比率も高く、女性のキャリアパスもしっかりと整っています。
育児のためのリモートワークも利用可能であり、男女問わず活躍しやすい企業だといえるでしょう。

サイバー・バズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

サイバー・バズの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージをはじめとしたさまざまな情報が掲載されているため、一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、時間がかかってしまう傾向があります。
時間をかけずに転職したい場合や公式HPに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサイバー・バズに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

サービスを提供する企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、サービス業をはじめとした幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「サービス企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

プルーフポイントの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなど解説

プルーフポイントは、米国カリフォルニア州に拠点を置くエンタープライズセキュリティ企業です。 主に、インバウンド電子メールセキュリティやアウトバウンド情報漏えい対策、ソーシャルメディアなど、幅広い製品とサービスを提供しています。 世界...

株式会社いつもの転職事情。選考フローや口コミなどを解説

いつも転職者の主なキャリアステップ ...

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

オープンロジ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、DeNA、ヤフー、デジタルガレージなどのWEB系事業会社 株式会社オープンロジに転職 次の転職先...

東京通信の転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

東京通信は、ミステリーゲームを中心としたアプリ開発を行っているアプリ開発会社です。 「美醜の大地-復讐ミステリー」や「3分間ミステリー」など、数々の人気タイトルを提供しています。 そのなかでも、「カジュアルゲーム」と呼ばれる無料...

ログリーの転職難易度は高い?事業内容や将来性などを社員の口コミも交えて解説

ログリー転職者の主なキャリアステップ ...

リビン・テクノロジーズへの転職情報。転職難易度や社員の口コミなどを解説

リビン・テクノロジーズ転職者の主なキャリアステップ ...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのシステム会社 GMOなどのインターネット関連企業 ゲーム関連企業 株式会社Aimingに転職 ...

インテグレートの転職事情。年収や選考フローなど解説

インテグレート転職者の主なキャリアステップ 前職 アサツーディーケイなどの広告代理店 制作会社 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 P&Gなどのメーカー コンサルファーム ...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

ワークス・ジャパンは転職にオススメ?年収や社風など気になる情報を徹底分析!

ワークス・ジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員 株式会社ワークス・ジャパンに転職 次の転職先 web系事業会社 ワーク...

TOP