WEB・アプリサービス

Kaizen Platformへの転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

Kaizen Platform転職者の主なキャリアステップ

Kaizen Platformの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHなどの有名私立大学の割合が高くなっています。

前職Kaizen Platform在籍者の主な職歴は、ヤフーグリーコロプラなどのWEB系事業会社が挙げられます。

次の転職先Kaizen Platformからの転職先として、クックパッドスマートニュースMobility TechnologiesなどのWEB系事業会社のほか、KDDIなどへ転職しています。

Kaizen Platformは、「世界をKaizenする」というミッションのもと、企業のDX推進を行うプラットフォーム開発を手掛けている新進気鋭のコンサル企業です。
クライアントのWebサイトのUI改善やデータ分析のためのツール提供など、幅広いコンサルティングをワンストップで提供しています。
2020年12月には東証マザーズへ株式を上場したことでも話題となり、さらには2022年には法改正で義務化されたWebアクセシビリティ向上を支援する課題診断から改修までニーズに応じたサポートを提供開始するなど、順調に事業拡大を図っている企業です。
そんなKaizen Platformは、DXコンサルタントやプロジェクトマネージャー、Webディレクターなど、さまざまな職種で中途採用を募集中です。
ベンチャーフェーズの企業として中途採用にも積極的であり、転職先としても人気が高まっています。
この記事では、Kaizen Platformの事業内容や将来性、転職難易度など、Kaizen Platformへの転職事情について解説します。

Kaizen Platformへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Kaizen Platformの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Kaizen Platformの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Kaizen Platformの企業概要
  • Kaizen Platformの転職ポイント
  • Kaizen Platformの社風や企業文化

Kaizen Platformに転職するポイント

Kaizen Platformの特徴

POINT

  • ・「世界をKaizenする」をミッションに、企業のDX推進をサポートするコンサル企業
  • ・小売業界や保険業界、金融業界など導入事例は幅広い
  • ・リモートワークを積極的に推進し、柔軟に働きやすい職場との声多数

Kaizen Platformへ転職するポイント

POINT

  • ・DXコンサルタントやプロジェクトマネージャー、Webディレクターなどで求人募集
  • ・中途採用の求人を多く出しており、エンジニアなど専門職での採用もある
  • ・面接は2〜4回とベンチャー企業としては多く、実力と人柄の双方を丁寧に見極められる

Kaizen Platformの企業概要

会社名 株式会社Kaizen Platform
本社所在地 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10階
社長 須藤 憲司
設立 2017年4月3日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 須藤憲司(24.51%)
日本カストディ銀行(7.73%)
石橋利真(6.71%)

Kaizen Platformの売上

Kaizen Platformの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,354百万円 1,686百万円 2,260百万円
経常利益 -150百万円 36百万円 -25百万円

Kaizen Platformの最新ニュース

Kaizen Platformの事業内容

「世界をKaizenする」をミッションとして掲げているKaizen Platformの主力事業は、企業のDX推進を軸としたコンサルティングの提供です。
クライアントのサービスや事業を分かりやすくするためのソリューションや、5G時代を見据えた動画制作プラットフォームの提供を行うソリューションを提供しています。
自社に多数のIT専門人材を保有しているため、クライアント企業に最適なサービスをワンストップで提供できることが強みです。
小売業界や金融業界、保険業界など、大手企業も含めた幅広い導入実績があります。
また、Kaizen Platformが取り組んでいるコンサルティング分野は、今後も需要が拡大することが見込まれています。
特に最近力を入れている動画事業マーケットは、今後3年間で1.9倍まで規模が拡大するともいわれており、将来性の高い事業展開です。
売上高の上昇に伴い経常損失も徐々に縮小しており、上場を機に業績改善を後押しできるかが期待されています。

Kaizen Platformの募集要項

DXコンサルタント

Kaizen Platformのコンサルタントとして、クライアント企業に最適なプロジェクトの設計と提案、プロジェクトの進捗管理や施策の実行などを行います。
また、マーケティングやエンジニアなどと社内チームを組成し、プロジェクトの完遂を目指します。
Kaizen Platformの核となる重要な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトのマネジメント経験
  • ・BtoBにおける企画提案経験
  • ・デジタルマーケティングの知見

プロジェクトマネージャー

Kaizen Platformの顧客事業改善における提案活動全体をリードすることがプロジェクトマネージャーの役割です。
プロジェクトの進行管理や顧客との連携、事業改善目標の設定や改善策の設計など、プロジェクトマネジメントに必要な業務を幅広く担当します。

必須な経験・スキル

  • ・既存顧客営業の実務経験
  • ・KPI設計や戦略立案、プロジェクト進行までの経験
  • ・BtoBでの企画提案の経験 など

Kaizen Platformの転職難易度

Kaizen Platformの転職難易度は中程度です。
Kaizen Platformが中途採用を募集している職種は幅広く、プロジェクトマネージャーやDXコンサルタント、Webディレクターやセールスなどで求人を出しています。
また、自社でIT専門人材を擁していることからアナリティクスエンジニアやデータアナリスト、エンジニアなど専門職での採用も募集中です。
コンサル企業や営業の経験がある方はもちろん、そうでない方も転職を成功させやすいといえるでしょう。
ただし、最近は業績の改善に伴い、転職先としての注目も高まってきています。
面接回数は最大で4回と選考はかなり丁寧に行われていることも予想されます。
面接の倍率も上昇していることが予想されるため、徹底した面接対策が必要です。

Kaizen Platformが転職者に求める人物像

Kaizen Platformが転職者に対して求める人物像として、「社内外の関係者と円滑にコミュニケーションを取れること」が挙げられます。
Kaizen Platformでは社内に多数のIT専門人材を有しており、それぞれのプロジェクトが立案されると社内に複数の職種の社員を集めたチームが結成されることが特徴です。
また、社内ではリモートワークを推進しており、プロジェクトがフルリモートで行われることも珍しくありません。
そのような環境でも支障をきたすことなく円滑に業務を行うことのできる高いコミュニケーション能力が必要です。

Kaizen Platformの転職までの流れ

Kaizen Platformの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:マネージャー
想定内容:志望動機や自己PRなど、基本的な内容がメインです。
また、Kaizen Platformでどのようなことをしていきたいかなども聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:これまでの選考内容を踏まえ、入社後のビジョンやキャリアプランなどについてさらに踏み込んだ質問が多くなります。

内定

Kaizen Platformの面接形式

Kaizen Platformの面接回数は2回〜4回と、職種や採用状況によって幅があります。
公式サイトにも記載があるように、応募者それぞれに最適な選考ができるようフローを個別に設定していることが特徴です。
平均的な面接の所要時間は45分前後とやや長めとなっています。
面接は1対1で行われることが多いですが、場合によっては複数人面接形式となるなど、こちらも柔軟に運用されています。

Kaizen Platformの面接内容

Kaizen Platformの面接では、志望動機や自己PRといった基本的な内容に加え、「ほかのコンサル企業は多くあると思うが、どうしてKaizen Platformを選んだのか」や「Kaizen Platformのどのような部分に共感できたのか」などといった質問が多く聞かれます。
Kaizen Platformでは、面接を始めとした選考の各フローを「応募者と企業の間のジョブマッチング」として捉える風土があり、企業と応募者の間の相性を重要視していることが特徴です。
志望動機をベースとしたさまざまな質問が想定されるため、自分なりの転職の軸を固めておきましょう。
また、「リモートワークの経験はあるか」や「フルリモートのプロジェクトにアサインされることに抵抗はないか」など、Kaizen Platformの環境ならではの質問も聞かれます。
リモートワークが中心となっている点をはじめ、企業風土についてよく理解してから面接に望むことがおすすめです。

Kaizen Platformの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションで募集している
・求人情報はリクルートなどでも確認できる
・Kaizen Platformに関する質問を多くされる

企画、40代前半、女性
「Kaizen Platformのことをどこで知ったのか」や「BtoBの事業に携わった経験はあるか」と聞かれました。志望動機を丁寧に聞かれるため、よく練っておくと良いと思います。
営業、30代前半、女性
「Kaizen Platformのどこに共感して応募したのか」と聞かれたことが印象に残っています。また、最終面接では役員の方から経営のことやKaizen Platformの将来のことなど、興味深いお話を聞くことができました。
バックオフィス、20代後半、男性
Kaizen Platformの企業風土についての理解を確かめる質問が多かったように思います。特に「リモートワークに抵抗はあるか」と聞かれたことが印象に残っています。
エンジニア、30代後半、男性
「これまで携わったプロジェクトについて教えて下さい」といわれました。開発環境を始め、自分の役割やプロジェクトの規模などを丁寧に答えました。
企画、30代前半、男性
コンサル企業で務めた経験や、携わったプロジェクトの規模や内容などについて丁寧に聞かれました。全体的にエントリーシートをベースとして、淡々と面接が進んでいく印象です。

Kaizen Platformで働いている方の評判・口コミ

企画、在籍3~5年、男性
非常に風通しが良く、フラットな人間関係があります。役員を含めて上下間の距離も近く、なんでも相談できる環境です。以前は人数もかなり少なく身内感の強い社風がありましたが、最近は中途採用に積極的なこともあり雰囲気が変わってきました。リモートワークを積極的に推奨していることが特徴で、時期によっては通勤がほとんどない場合もあります。
バックオフィス、在籍1~3年、女性
サービスをパッケージ化しているため効率良くソリューションを提供することが可能です。自社でIT専門人材を雇っていることも特徴的だと思います。風通しが良く、公平な評価が行われている企業です。男女ともに活躍していこうという風土があり、育児と仕事を両立している社員が多く在籍しています。リモートワークで自宅から会議に参加する社員も少なくありません。
エンジニア、在籍3~5年、男性
人間関係がフラットで、とても働きやすい職場です。メンバーには優秀な人材が多く、成長出来ると思います。ただ、成長中の企業ということもあり全体的に忙しく感じる機会が多いです。残業時間も月によっては30時間を超えるときがあり、そのような環境に働きがいを見いだせる人には向いている企業だと思います。社長を始めとした上司には魅力的な人が多く、仕事上尊敬できる人と多く出会えました。

口コミの要約リモートワークを積極的に進めていることもあり、柔軟に働きやすい企業だという口コミが多く見られました。男女ともに活躍できる風土もあるようで、育児と仕事を両立している社員も少なくないようです。ワークライフバランスについてはやや否定的な声が目立っていました。仕事量は全体的に多く、合う合わないが分かれるポイントとなりそうです。

Kaizen Platformの年収・給与

年収 856万円
ボーナスの有無 インセンティブ報酬
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、屋内全面禁煙など

Kaizen Platformでの転職者の出世難易度

Kaizen Platformでの転職者の出世難易度は中程度です。
Kaizen Platformは、実力主義をベースとした評価が行われています。
アサインされたプロジェクトを成功させることによって高い評価を得ることが可能ですが、そのためには職種の垣根を超えて連携を取ることのできるコミュニケーション能力や高いマネジメント能力が必要です。
ただし、Kaizen Platformには中途採用の社員も多いため、中途採用だからといって出世が不利になるわけではありません。
また、エンジニアがやや優遇されているという口コミもありました。
Kaizen Platformでの出世を狙うのであればこれらのポイントを押さえつつ、コツコツと実績を築いていくことが必要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 900万円
30代前半 なし 900万円
30代中盤 マネージャー 900万円
30代後半 部長 1,100万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 なし 1,100万円

Kaizen Platformはどんな人が働いている?

Kaizen Platformの従業員数

60名

Kaizen Platformの平均年齢

37.4歳

Kaizen Platformの平均勤続年数

2.58年

Kaizen Platformの社風

Kaizen Platformの特徴としては、風通しの良いベンチャー企業らしい風土が挙げられます。
人間関係もフラットで、トップが決めたことを黙々とこなすというよりもボトムアップで物事を作り上げていく雰囲気が特徴的です。
社員一人一人に与えられる裁量も大きく、自由に働く事ができるという声も目立っていました。
また、リモートワークを推進していることから、社員間の関係がややドライだという特徴もあります。
月によっては全く出勤がない時もあり、極めて柔軟な働き方が可能です。
仕事外でのコミュニケーションはそれほど盛んに行われないため、そのような人間関係が好きな人に合っている企業かもしれません。

Kaizen Platformのワークライフバランス

副業可否 可能(応相談)
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 特別休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月38.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Kaizen Platformの社長

須藤 憲司

1980年生まれ。
2003年に株式会社リクルートへ入社。
2011年にアドオプティマイゼーション推進室推進室長に就任。
その2年後、KAIZEN platform Inc.を設立し、Co-founder&CEOへ就任。
2017年に株式会社Kaizen Platformを設立し、代表取締役に就任。
2021年より、代表取締役執行役員CEOを務めている。

Kaizen Platform現職、OB/OGの有名人

海本 桂多

1974年生まれ。
1996年に国際電信電話株式会社へ入社。
2014年に株式会社medibaの代表取締役に就任。
2019年に株式会社Kaizen Platformの取締役へ就任、2020年には取締役執行役員に就任。
2021年より、取締役執行役員COOを務めている。

Kaizen Platformの転職に関わるQ&A


Kaizen Platformの男女比率は6:4となっています。
女性を管理職へ登用しようという雰囲気もあり、女性の活躍には積極的です。
また、リモートワークを推進していることから、子育てと仕事を両立しやすいという口コミが多く見られます。
育児のために帰宅してから会議へリモートで参加するといった働き方が良しとされる風土もあるため、男女問わず活躍しやすい環境があるといえるでしょう。

Kaizen Platformの平均年間給与は857万円であり、同規模の企業と比較するとかなり高い水準です。
特にエンジニアは優遇される傾向があり、ほかの企業より給与が高いことから入社を決めた社員もいます。
一方で、月の平均残業時間は38.5時間とやや長いです。
実力をつけていきたい方やキャリア志向の方には向いている企業といえます。

Kaizen Platformへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Kaizen Platformの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「About Us」や「Culture」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したいと考える方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Kaizen Platformの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してKaizen Platformに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「通信業を生業としている企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

フレクトへの転職は難しい?事業内容や転職難易度などを解説

フレクト転職者の主なキャリアステップ ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

DeNA Gamesの転職事情。年収や口コミなどを解説

DeNA Games転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリなどのITコンサル ゲームなどのWeb系コンテンツ制作会社 セプテーニなどのツールベンダー 東芝、シャープなどの電機メーカー ...

ベストワンドットコムの転職事情。口コミや転職難易度などを解説

ベストワンドットコムは、旅行業法に基づいたクルーズ旅行を専門的に扱う旅行会社です。 「ベストワンクルーズ」や「HUNEOOM/フネムーン」など、クルーズ旅行の有益な情報や業界最大級のコース数を掲載しているWebサイトの企画や運...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてな転職者の主なキャリアステップ 前職 web系事業会社 株式会社はてなに転職 次の転職先 web系事業会社 広告代理店 はてなの主な転...

ビーウィズの転職事情。事業内容や転職難易度、口コミなどを解説

ビーウィズ転職者の主なキャリアステップ ...

トヨクモの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

トヨクモは、スマートフォンやタブレット用のビジネス向けクラウドサービスを開発し、提供しているSaaS企業です。 主に、「安否確認サービス2」や「Scheduler」などの提供を行っており、企業文化となるようなサービスの創出にチ...

ヘッドウォータースへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ヘッドウォータース転職者の主なキャリアステップ ...

GRCSへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

GRCSは、テクノロジーを活用した情報管理の効率化を図り、複雑な外部環境リスクから企業を保護している企業です。 海外にて企業経営のスタンダードとして認知されているGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)やセキュリティに注...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

TOP