通信

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、テラスカイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからテラスカイに転職してくるのか
・転職先:テラスカイからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

テラスカイの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

テラスカイ在籍者の主な職歴は、富士通IBM大塚商会ワークスアプリなどのSIerなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

テラスカイからの転職先として、PwCコンサルティングデロイトなどのコンサル楽天などのWEB系事業会社へ転職しています。

テラスカイは、主に法人企業に対して、クラウドシステムの導入支援や事業開発支援を行っている企業です。
クラウド創成期からクラウドに取り組んできているリーディングカンパニーであり、米国のセールスフォース社との業務提携を結んでいます。
日本のコンサルティングパートナーとして、これまでに4,000件を超える日本トップレベル導入実績を誇っており、今注目を集めている企業です。
2006年に設立、東京都中央区に本社を構えており、338名の社員が在籍しています。
テラスカイでは、エンジニアなどの専門職を中心に、自らアイデアを提案し、形にできる能力を持った人材を求めています。

初めての転職でテラスカイを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

テラスカイの面接内容や口コミも気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい!という方は、ビズリーチをはじめとした転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人を豊富に掲載しているため、転職先がまだ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をよりスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • テラスカイの企業概要
  • テラスカイの転職ポイント
  • テラスカイの社風や企業文化

テラスカイに転職するポイント

テラスカイの特徴

POINT

  • ・法人企業に対し、クラウドシステムの導入支援や事業開発支援を行っている企業
  • ・クラウド創成期からクラウドに取り組んでいるリーディングカンパニー
  • ・4,000件を超える導入実績を誇る

テラスカイへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアを中心に求人募集
  • ・自らアイデアを提案し、形にできる能力が必須

テラスカイの企業概要

会社名 株式会社テラスカイ
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目11番2号 太陽生命日本橋ビル15~17階
社長 佐藤 秀哉
設立 2006年3月9日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 佐藤秀哉(28.9%)
NTTテクノクロス株式会社(10.96%)
株式会社マレスカイ(7.91%)

テラスカイの売上

テラスカイの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 4,864,889千円 6,558,677千円 9,300,399千円
経常利益 305,007千円 192,852千円 761,451千円

テラスカイの最新ニュース

テラスカイの事業内容

テラスカイは、クラウドシステムの導入支援や事業開発の支援を行っている企業です。
開発ツールである「SkyEditor」や「SkyOnDemand」の提供をはじめ、「Salesforce」や「Amazon Web Serivces」などの既存クラウドインテグレーションの支援やコンサルティングなども行っています。
また、クラウドサービス「mitoco」や「ServiceMax」などの展開にも注力しています。
さらに近年では、医療メーカーのサービスサポートシステムや、グローバル展開を図っている製造業のフィールドサポート支援システムなど、フィールドサービス領域のシステム化を支援しており、多岐にわたってサポートしている企業です。
今後の展望として、継続して静両分野へのチャレンジに取り組み、クラウドのノウハウを活用したアセットのさらなる充実を目指しています。

テラスカイの募集要項

製品開発エンジニア

製品開発マネージャーとして、B2BのWebアプリケーションの構築や自社サービスと製品開発を行うポジションです。
具体的には、次世代型グループウェア「mitoco」やノンプログラミングでより効率的なシステム連携が可能な「SkyOnDemand」などの開発を行います。
また、開発ツール「SuPICE」や「SkyVisualEditor」などの開発も行い、幅広い製品に携わることができ、さまざまな技術を身に付けることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・webオープン系言語を用いた開発経験

デジタルマーケティング担当

サービスサイトの運用保守や新規サイトの制作ディレクション業務を行うポジションです。
また、各種デジタル広告を用いたリードジェネレーション施策の企画や実行、ダウンロードコンテンツなどのeBookの企画や制作なども行います。
デジタルマーケティング担当者として、幅広く活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のIT業界でのBtoB営業経験もしくはマーケティング経験
  • ・3年以上の事業会社でのBtoCマーケティング経験
  • ・3年以上の広告代理店やWeb制作会社での実務経験

ソリューションセールス

自社製品サービスの紹介やデモの実施を行うポジションです。
具体的には、「mitoco」や「SkyVisualEditor」、「DataSpiderCloud」などの自社製品をイベントやセミナーなどで製品紹介やデモの実施を行います。
また、提案書作成も行い、サービス契約の締結や直販営業なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・大手法人向けのITソリューション営業の経験
  • ・法人に対する提案営業を行い、成功した体験
  • ・ベンチャーマインドを持ち、新たな事業領域を切り拓いていける能力

テラスカイの転職難易度

テラスカイの転職難易度は中程度です。
どのポジションでも一定以上のスキルや経験が求められるため、未経験からの転職では難しいかもしれません。
しかし、中途採用枠は比較的多くあるため、比較的チャンスは多くあるでしょう。
ただし、タイミングや時期によっては求められる能力が多少異なります。
応募する前にどんな能力を持つ人材を求めているかをしっかり理解してから臨むことが肝心です。

テラスカイが転職者に求める人物像

テラスカイでは、自らアイデアを提案し、形にすることができる人材を求めています。
また、困難なことにも進んで挑戦し、やり遂げられる人材や、目標を立てて実行し、達成できる人材も求めています。
テラスカイは、企業のための支援を行っているため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらの能力を効率的にアピールし、面接官を感心させられるかどうかがポイントでしょう。

テラスカイの転職までの流れ

テラスカイの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・部署責任者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問に加え、主体性があるかどうかを判断する質問をされます。

内定

テラスカイの面接形式

面接は1対1で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種やタイミングによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

テラスカイの面接内容

テラスカイの面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
また、「主体性をもって行動できるか」や「自分の意見を持ちつつ、ほかの意見も取り込みながら働くことができるか」などの質問をされます。
さまざまな質問をされますが、特に「なぜテラスカイを選んだのか」を重要視しており、この部分をしっかりと回答できなければ採用してもらえる可能性は落ちてしまうでしょう。
自己分析はもちろんのこと、企業研究も細かいところまで行い、どんな質問に対しても、一貫性をもって回答できることが大切です。

テラスカイで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍5~7年、男性
顧客と直接やり取りして仕様確定し、システム導入をできることにやりがいを感じます。良い製品を紹介できたときには直接お礼をいわれるので、嬉しさを感じながら仕事に取り組むことができます。
アプリケーション設計、在籍3~5年、女性
社内勉強会が盛んであり、有志の勉強会が週1回必ず行われていますが、自由に参加することができます。また、業務時間中でも勉強会が開催されており、参加することができます。分からないことも気軽に尋ねることができるため、スキルアップに繋がるでしょう。
プロジェクトマネージャー、在籍5~7年、男性
プロジェクトや部署によって異なりますが、比較的有給休暇の取得がしやすいです。残業時間もそれほど多くないため、ワークライフバランスは比較的良く、仕事後のプライベートタイムも充実させることができると思います。
口コミの要約

テラスカイの口コミを見てみると、勉強会が充実しており、スキルアップに繋がる環境があることが伝わってきます。また、比較的ワークライフバランスが良いため、働きやすいということが伺えます。

7

テラスカイの年収・給与

年収 607万円
ボーナスの有無 有り(業績賞与制度)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(50時間相当)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 出張手当、特別手当、確定拠出年金、資格取得支援制度など

テラスカイでの転職者の出世難易度

テラスカイの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀であり、それぞれ多くの実績を残していたり、さまざまなスキルや知識を身に付けています。
そのような中で出世するというのは至難の業でしょう。
ただし、評価は新卒や中途などは関係なく平等であるため、正当に評価が行われます。
テラスカイで出世したいなら、ほかの社員より努力し、多くの実績を残して、スキルや知識を身に付けることで出世できる可能性が高まります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 マネージャー 800万円
40代後半 マネージャー 900万円
50代中盤 部長 1,300万円

テラスカイはどんな人が働いている?

テラスカイの従業員数

338名

テラスカイの平均年齢

37.1歳

テラスカイの平均勤続年数

2.1年

テラスカイの社風

テラスカイは、活発であり、活力溢れる社風です。
また、家族的な思考を持つ社員が多く在籍しているため、助け合い精神が浸透しており、困ったことがあれば手助けするという雰囲気もあります。
さらに、教育熱心な風土もあり、勉強会が盛んであるため、スキルアップできる環境があります。
和気藹々と楽しみながら仕事したいという方には、向いている企業でしょう。

テラスカイのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、特別休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月25時間以下
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

テラスカイの社長

佐藤 秀哉

1963年生まれ、新潟県出身。
東京理科大学理工学部卒業後、日本IBM株式会社に入社、営業職に従事。
2001年にセールスフォース・ドットコム社の日本法人の立ち上げに参画、執行役員営業統括本部長に就任。
2005年に株式会社ザ・ヘッドの代表取締役社長に就任するが、翌年に株式会社テラスカイを設立し、代表取締役社長に就任。

テラスカイ現職、OB/OGの有名人

宮田 隆司

1964年生まれ。
1987年に株式会社富士銀コンピュータサービス(現みずほ情報総研株式会社)入社し、年金数理や金融工学、リスクマネジメントに従事。
2002年に市場国際システム開発部長に就任。
さらに、ソリューション企画や開発投資を推進し、2006年に金融ソリューション開発部長に就任、2014年からは執行役員事業企画部長に就任。
2016年より2年間、米国サンフランシスコに駐在し、スタートアップのリサーチや日本市場の協業を推進。
2018年に株式会社テラスカイ副社長に就任。

テラスカイの転職に関わるQ&A


志望動機で最も重要なのは、「なぜIT業界で働きたいのか」「なぜテラスカイを選んだのか」を明確にして作成することです。
テラスカイでは、特にこの2つを重要視しているため、面接官を納得させられるような内容でなければ、採用してもらうのは難しくなってしまいます。

企業研究を行ううえで、まずすべきはテラスカイのホームページをしっかりと目を通すことです。
また、貸借対照表や損益計算書を見ておくことで、企業としての動きを知ることができるでしょう。
また、目を通しておくことで、どんなところをアピールすれば採用してもらえる確率が高まるかなども明確になります。

テラスカイへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

テラスカイの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、企業メッセージや取り組んでいること、社員インタビューなどが掲載されています。
ただし、求人情報はそれほど具体的に掲載されていません。
より詳しい内容が知りたい場合や確実な転職を目指している場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間を活用して転職活動するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してテラスカイへ転職するなら、ハイクラス求人が豊富であり、非公開求人も扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・空いた時間を活用して転職活動が行える
・求人数が非常に多い
・詳細検索できるため、希望ポジションが見つけやすい

転職エージェントと比べて、転職サイトは空いた時間を活用して転職活動をすることができます。
また、求人数が非常に多く、細かく求人検索ができるため、自分が希望するポジションを見つけやすいでしょう。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは比較的平均年収が高い!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、エンジニアをメインに掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチは、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800万~1,000万円となっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、自身に合った職種を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、その結果、書類選考が通過できないということもあります。
確実な転職を目指すなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

充実したサポートを受けて転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してテラスカイへの転職を考えているなら、圧倒的案件数とトップクラスの転職支援実績を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・書類添削や企業との給与交渉などサポートが充実
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれる
・非公開求人案件を多数抱えている

テラスカイは、認知度が非常に高く、今注目を集めている企業なため、中途採用の倍率が高くなっています。
今の現状で「テラスカイへの転職成功率はどのくらいか」や「テラスカイの内部状況」など、心配なことや疑問なことはキャリアコンサルタントに相談することで解消できるでしょう。

「リクルートエージェント」のエンジニアを中心に掲載!

リクルートエージェントに掲載されている求人はエンジニアといった専門職ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。

リクルートエージェントには、さまざまな企業や業界に精通した専門性の高いキャリアコンサルタントが多数在籍しており、非公開求人も20万件以上取り扱っているる転職エージェントです。
初めて転職をする方や確実な転職をしたいという方には、リクルートエージェントの活用がおすすめといえるでしょう。
また、リクルートエージェントの特徴として、登録不要で一部の案件を閲覧できるという点も挙げられ、興味を持てそうであれば登録してみるという方法もできます。
非公開求人も多く取り扱っているため実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談することで、転職成功率の向上にも繋がるでしょう。

あなたがテラスカイに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ソフトバンクの転職情報。難易度はどのくらい?

  ▼下記は、ソフトバンクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンクに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

光通信の転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、光通信に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから光通信に転職してくるのか ・転職先:光通信からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

WOWOWの中途採用の倍率は高い?転職難易度や口コミを解説

▼下記は、WOWOWに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからWOWOWに転職してくるのか ・転職先:WOWOWからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

NTTドコモの転職情報を解説。年収や転職難易度について調査

  ▼下記は、NTTドコモに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTドコモに転職してくるのか ・転職先:NTTドコモからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

▼下記は、システムサポートに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシステムサポートに転職してくるのか ・転職先:システムサポートからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

▼下記は、オリコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリコンに転職してくるのか ・転職先:オリコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

▼下記は、ネットワンシステムズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットワンシステムズに転職してくるのか ・転職先:ネットワンシステムズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「...

JTOWERへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

▼下記は、JTOWERに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTOWERに転職してくるのか ・転職先:JTOWERからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

フューチャーの転職難易度は?面接内容や年収など解説

▼下記は、フューチャーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーに転職してくるのか ・転職先:フューチャーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

Eストアーへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Eストアーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEストアーに転職してくるのか ・転職先:Eストアーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP